キャッシュレス

【2%還元】Kyash(キャッシュ)の使い方やメリット・デメリットについて解説

現在スマホで便利に決済ができる「キャッシュレス決済」が主流となりつつありますが、個人間の送金や割り勘を銀行口座の介在無しで行えるのが「Kyash(キャッシュ)」と呼ばれる送金アプリです。

そこで当記事では、Kyashの特徴やメリット・デメリットを紹介し、最後に登録方法や使い方なども解説していきます。

Kyash(キャッシュ)とは?


引用:Kyash

Kyash(キャッシュ)とは、VISAカードを発行してキャッシュレス決済をしたり、スマホから友達同士で送金や割り勘などが行える決済・送金サービスです。

このKyashは支払いでも送金でも利用できる便利なアプリなのですが、その最大の魅力は2%のキャッシュバックという部分であり、利用者にとって非常に嬉しいメリットのあるサービスとなっています。

Kyashの公式サイトはこちら!

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash無料posted withアプリーチ

Kyashで利用可能なのはバーチャルカードとリアルカードの2つ

Kyashでは「リアルカード」「バーチャルカード」といった2つのカードが決済に利用可能となっています。

リアルカードとは?

引用:Kyash

リアルカードとは、実店舗やオンラインでの決済に利用できるVISAカードです。

Kyashではアプリ以外にもこのような物理的なカードが発行できるのですが、本人確認が不要でPC・スマホから簡単に申し込みを行う事ができるようになっています。

バーチャルカードとは?

引用:Kyash

バーチャルカードとは、Kyashのアプリの中で発行されるカードのことです。

このバーチャルカードは上述したリアルカードと異なり、コンビニやスーパーのような実店舗では利用できません。

ですが、バーチャルカードはオンライン内のVISA加盟店であれば国内のみならず、海外でも利用可能となっています。

Kyash(キャッシュ)のメリット

Kyashを利用するメリットは主に以下の2点です。

  1. Kyashは利用金額の2%がキャッシュバックされる
  2. 個人間での送金や割り勘が手数料無料で行える

Kyashは利用金額の2%がキャッシュバックされる

上述したように、Kyashのメリットは何と言っても利用金額に対して2%がキャッシュバックされる点です。

なお、2%のキャッシュバックはリアルカード・バーチャルカードと共に適用されるので、日常の支払いのほとんどをKyashに切り替えてしまえば、それだけで日々の買い物が全て2%OFFとなります。

この2%という数字はキャッシュレス決済系アプリの中でも特に高く、楽天カードと組み合わせれば最大1.5%が還元される「楽天ペイ」よりも高い還元率となっています。

▼楽天ペイの詳細はこちら!

楽天ペイとは?使い方や特徴、使えるお店からキャンペーンまでを徹底解説今や当たり前となりつつあるキャッシュレス決済アプリですが、その中でも多く支持を集めているのが楽天グループの提供する楽天ペイ。当記事では、楽天ペイの概要やメリット・デメリットを紹介し、最後に楽天ペイの使い方についても解説していきます。...

個人間での送金や割り勘が手数料無料で行える

Kyashでは、お店やオンラインでの支払いのみならず、個人間の送金や友達同士での割り勘に利用する事ができます。

例えば、普段から個人でお金の貸し借りが多く、銀行に手数料を支払って送金などを利用している人であればKyashが最適でしょう。

Kyashを使えば、個人間のお金のやり取りをメッセージを使ってする事が出来る上、送金手数料が無料となっています。

なので、Kyashを使えば今後友人に貸したお金も取りっぱぐれる事がないでしょう。

また、何人かの友達と飲み会に行った際も1円単位で割り勘が可能となるので、飲み会の幹事が全員の会費をアプリから請求する事もできます。

Kyash(キャッシュ)のデメリット

Kyashを利用するデメリットは主に以下の2点です。

  1. リアルカードは海外で利用できない
  2. 一回の利用限度額が定められている

リアルカードは海外で利用する事ができない

Kyashのリアルカードは日本であればVISA加盟店で利用する事が可能ですが、現状海外での利用は不可能となっています。

通常のVISAであれば、海外でもVISA加盟店で利用する事ができますが、Kyashはその利用範囲が国内に限られている為、「海外でキャッシュレス決済に使いたい」と考えていた人にとってはそれがデメリットとなります。

一回の利用限度額が定められている

また、Kyashはその利用に限度額が定められているといったデメリットもあります。その詳細は以下の通り。

限度額リアルカードバーチャルカード
24時間以内の支払い5万円以下3万円以下
1回の支払い5万円以下3万円以下
1ヶ月間の支払い12万円まで12万円まで

参考:ご利用限度額について -Kyash-

これを見て、「これじゃ全然足りないな…。」と思った方は、恐らくKyashの利用に向いてないでしょう。

大きな買い物を頻繁に行うような人であれば、Kyashを利用する際常に限度額を気にして買い物しなければならなくなります。

なお、KyashのVISAカードは有効期限が5年で、その有効期限内の利用限度額は100万円となっています。

利用限度額の上限に達した場合は再度カードを更新する事で継続できますが、頻繁に買い物する人にとってここがデメリットとなり得ます。

Kyash(キャッシュ)の使い方

Kyashに登録する

まずはKyashのアプリをインストールし、Facebook、もしくはメールアドレスのいずれかで会員登録の手続きを行います。

メールアドレスの場合は上記のように、「名前・ユーザー名・メールアドレス・パスワード」を入力してください。

その後は本名や生年月日の確認があり、最後に電話番号の登録が求められます。

間違いのないように確認したら、本登録を完了させてください。

Kyashでチャージする

自動チャージを設定する場合

Kyashのチャージをクレジットカードなどで自動的に行いたいという方は、以下の赤枠にある「自動チャージ設定」をタップしましょう。

そして自身の持つVISA、またはMasterCardのクレジットカードの情報を入力してください。

その都度クレジットカードからチャージする場合

自動チャージではなく、その都度クレジットカードからチャージしたいといった場合、以下の赤枠にある「カード」をタップします。

そして次の画面でチャージ金額とクレジットカードの追加設定を行い、最後に下の「チャージ」をタップしてください。

なお、クレジットカード以外にも「セブン銀行ATM・コンビニ(ローソンやファミリーマートなど)・銀行ATM(ペイシー)」などといったチャージ方法があるので、これらの方法でチャージしたい方はアプリのチャージ項目から選択するようにしてください。

Kyashで送金する

Kyashで送金を行いたい場合、以下の赤枠にある「送金・請求」をタップし、次の画面にて送金したい相手を選んでください。

友達を選択後、「送金」をタップして金額を入力し、確認画面へ移行して「スライドで送金」を上にスライドして完了です。

なお、他にもしも不明点があった場合はKyashのFAQページより疑問点を金策してみてください。

Kyash(キャッシュ)のまとめ

以上がKyashについてでしたが、2%キャッシュバックを受けながら日々の買い物を便利にかつお得に決済していきたいのであれば、Kyashはかなりおすすめのアプリだと言えるでしょう。

また、個人間でのお金のやりとりや、複数人での飲み会を頻繁に行う人にとってもKyashは有益なアプリとなり得ます。

しかし、海外でリアルカードが利用できない点や、利用限度額が限られている点はデメリットとなるので、自身に合った支払い方法を選ぶようにしてみてください。

Kyashの公式サイトはこちら!

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash無料posted withアプリーチ

ABOUT ME
Kenta Fujii
Kenta Fujii
新卒で入社した大手金融機関では、主に広告の運用やマーケティングに従事。その後は11ヶ月で退職し、金融・フィンテック分野に特化したフリーライターとして活動中。
関連記事