ビットコインキャッシュ

SBIVCがBCH取扱を廃止へ、6月を目途に廃止実行

4月16日にSBIバーチャルカレンシーズ株式会社(SBIVC)はビットコインキャッシュの取扱いを廃止することを決定しました。廃止の具体的なスケジュールは4月下旬に発表する予定です。取扱廃止一時は6月下旬(予定)

なぜBCHが廃止になるのか

SBIVCからの発表によると、BCHの取扱いを廃止する理由は3つ。

  1. BCHの時価総額が大幅に減少したこと
  2. その結果、51%攻撃が実施され次に生成されるブロックの記録に不正な取引を配信する可能性が高まっており、ブロックチェーンの安全性に疑義が生じていると判断したこと
  3. さらなるハードフォークが行われ、価格が大きく下落する可能性を完全には否定できないこと

出展:SBIVCプレスリリース

要約すると

  • BCHの時価総額が下落
  • 51%攻撃等によって、ブロックチェーンの安全性が疑義
  • ハードフォークでのさらなる下落の可能性

ということです。

BCHは2018年11月16日にハードフォークが実行されており、今後もハードフォークが行われる事を危惧しているようです。

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークで通貨分裂|その後の影響や価格、取引所の対応は?本記事では、ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークに関する背景やその影響、取引所の対応から価格推移までを詳しく解説していきます...

SBIVC側としては、顧客の便益を高める金融サービスを提供する理念で行っており、理念から乖離した状況と投資家保護の観点によって、BCHを取扱うべきではないと判断しました。

BCHの返還について

BCHの返還等の方針も発表しています。以下のとおり実施をする予定です。

  1. 4 月下旬を目処に、当社でのお客さまによる BCH の売却を通じた換金の開始
  2. 月下旬を目処に、お客さまが管理する当社指定ハードウエアウォレット(CoolXWallet)への BCH の出庫の
    開始

※当社における BCH の取引は、現在停止していますが、上記に合わせて預かり分の売却取引のみを再開します。なお、BCHの当社への入庫は受け付けません。また、BCH 出庫の詳細は 4 月下旬を目途に、お知らせします。

※取扱廃止日までに、売却及び出庫が行われなかった BCH については、適正価格にて売却のうえ、金銭(日本円)にてお
客さまに交付する予定です。この詳細も、4 月下旬を目途に、お知らせします。

出展:SBIVCプレスリリース

また、昨年11月のハードフォークで得られたBSVは、取得時に保有するべき相当の対価を金銭で交付するとのこと。換算レートや金銭の支払日の詳細は4月下旬に発表する予定です。

BitcoinSV(BSV)とは?BCHからハードフォークした仮想通貨の価格推移や将来性を解説本記事では、ビットコインキャッシュ(BCH)からハードフォークして誕生した仮想通貨「BitcoinSV(BSV)」の特徴や価格推移、将来...

SBIではビットコインキャッシュのマイニング事業もあったがそちらの行方も気になるところですね。

SBICryptoのマイニング事業とは?北尾社長の掲げるビットコインキャッシュ(BCH)に対する方針本記事では、仮想通貨のマイニング事業を行う「SBI Crypto」についてや、SBIホールディングスの北尾社長の話す今後のビットコインキ...
関連記事