フィンテック

Kyashが法人向けサービス「Kyash Direct」を発表 カード決済技術を企業に提供

Walletアプリ「Kyash」を提供する株式会社Kyashは、決済プラットフォーム「Kyash Direct」の提供を開始したことを発表した。

プレスリリース

Kyashは様々は業態の企業に対し、自社ブランドでのVisaカード発行や決済処理などの決済業務に関わるプロセスをワンストップで迅速・低コストで提供が可能になったとのこと。

Kyash Directとは

Kyash Directとは、「Kyash」で培った技術や決済業務に関わるプロセスを提供し、他企業が低コストで自社ブランドのバーチャルVisaカードを発行したり、Visaに関わるAPI連携ができるようになるプラットフォームである。

Kyash Directがあるとどうなるのか

通常、企業が自社ブランドのVisaカードを発行しようとなると、Visa発行ライセンスを保有する銀行やカード会社と提携する必要がある。また、決済処理を担うシステムベンダーとも契約が必要であったため、サービスを開始するには年単位という長い年月と高い初期費用が必要でした。

Kyash Directでは、それらカード発行から決済業務まで、一連のサービスをモダンなAPIを使い、ワンストップで提供する。

これにより、様々な業態の企業が参画できるようになり、迅速かつ低コストで自社ブランドのVisaカードが発行可能となる。

今後、QUICPayでの非接触決済も予定しており、コンビニやスーパーでも手軽に利用可能になる決済手段も提供される。

Kyash Directの特徴

  • 自社ブランドのバーチャルVisaカード(アプリ上でのカード)を即座に発行
  • リアルカード(プラスチックカード)の発行も対応
  • 銀行預金や売上金などの金融資産とAPI連携し、国内外のVisa加盟店で決済可能
  • API連携した金融資産をVisaカード利用時に即時充当し、決済を可能にするテクノロジーを活用(特許出願済)
  • QUICPayによるコンビニやスーパー、全国84万台での非接触決済も可能

つまり、企業は自社ブランドのカードを簡単に発行可能になったり、デビットのように口座や売上金から支払いが可能になる。

現在メルペイでは、メルカリで売った売上金を使い支払いが可能だが、それらと同じように決済利用できるようになるのが「Kyash Direct」である。

想定される利用事例

  • クラウド費やオンライン広告費など多額のカード決済を行うスタートアップ企業向けの法人カード
  • 企業の従業員に対して、カード毎の利用制限などを設けた柔軟な設計が可能な法人カード
  • 仮想通貨やポイントの保有者に対して、日本年への転換後にVisa加盟店で利用可能なカード
  • サービス内の売上金や報酬を即時にVisa加盟店で決済できるバーチャルVisaカード

これらの利用事例を見るに、非常に柔軟な設計ができるカードのようです。すでに複数社と契約を行っているようで、どんどんと展開がされていきそうですね。キャッシュレスの波はどんどん広がっていきそうです。

【2%還元】Kyash(キャッシュ)の使い方やメリット・デメリットについて解説現在スマホで便利に決済ができる「キャッシュレス決済」が主流となりつつありますが、個人間の送金や割り勘を銀行口座の介在無しで行えるのが「Kyash(キャッシュ)」と呼ばれる送金アプリです。そこで当記事では、Kyashの特徴やメリット・デメリットを紹介し、最後に登録方法や使い方なども解説していきます。...
関連記事