キャッシュレス

ApplePayのメリットや使い方、対応カードを解説【Suicaとも連携可能】

当記事では、Apple Payのメリットや使えるお店、使い方までを解説していきます。

今後自身のiPhoneやApple Watchでキャッシュレス決済を行いたいと考えている人は、是非参考にしてみてください。

Apple Pay(アップルペイ)とは?

引用:Apple

ApplePay(アップルペイ)とは、iPhoneやApple Watchを利用してキャッシュレス決済が行えるサービスであり、2016年より日本で開始されました。

ApplePayはiPhoneなどの端末に自身の保有しているクレジットカードや電子マネーを追加して決済に利用する事ができる上、交通系電子マネーの「Suica」を搭載すれば、毎日の通勤における駅の改札もスマホ一つで通り抜ける事が可能となります。

Apple Pay(アップルペイ)のメリット

引用:Apple

では、ApplePayを利用するメリットについて見ていきます。

  1. 現金不要でスマホから決済が可能
  2. Suicaを搭載すれば改札もスマホで通過できる
  3. クレジットカードや電子マネーを一つのスマホで管理できる

現金不要でスマホから決済が可能

ApplePayを利用すれば、日々の買い物でわざわざ現金を持たなくてもスマホ一つで決済ができるようになります。

ApplePayは今や大手コンビニエンスストアや主要なファーストフード店であれば、ほとんどのお店で利用する事ができます。

なので、ApplePayを利用すれば、ちょっとした買い物や食事の際にわざわざ財布を持ち歩く必要も無くなり、「手ぶらで決済」が実現するのです。

Suicaを搭載すれば改札もスマホで通過できる

ApplePayでは、主要な交通系電子マネーであるSuicaも搭載させる事が可能です。

日々の通勤や通学で、Suicaを利用している方も多いかと思いますが、ApplePayを使えば通勤で利用するSuicaをスマホ上から利用可能となり、改札でもスマホをタッチするだけで通過できるようになります。

クレジットカードを一つのスマホに集約できる

ApplePayは自身の持っているクレジットカードを電子化し、一つのスマホで全て管理する事ができるようになります。

普段から財布に大量のカードがかさ張っているような方は、ApplePayにそれらを集約し、財布の中の物理的なカードを減らしてみても良いかもしれません。

Apple Pay(アップルペイ)が使えるお店

ApplePayが使えるお店について紹介していきます。

ApplePayが使える実店舗

ApplePayが使えるのは、主に「ID・QUICPay・Suica」などに対応した店舗であり、以下のマークが付いた店舗で利用する事が可能です。

引用:Apple

実際に利用できるお店は大手コンビニエンスストアやファーストフード店、家電量販店などと様々であり、ApplePayは他のキャッシュレス決済アプリと比較しても特にその利用範囲が広い事が特徴的です。

引用:Apple

ApplePayが使えるオンラインサイトやアプリ

ApplePayは実店舗のみならず、オンライン上のWebサイトやアプリでも利用する事ができます。

引用:Apple

なお、ApplePayが利用できるアプリについての詳細はこちらに記載されているので、気になる方は是非チェックしてみてください。

ApplePay(アップルペイ)に対応しているカードは?

ApplePayに対応しているカードは、主に「iD・QUICPay・Suica」に対応したクレジットカードとなっていますが、その種類は今や数え切れない程となっています。

ApplePayに対応しているクレジットカード(一部抜粋)

  • イオンカード
  • アメリカンエキスプレス
  • アプラス
  • クレディセゾン
  • エポスカード
  • ジャックス
  • 出光クレジット
  • JCB
  • 三井住友カード
  • ビューカード
  • ライフカード
  • 楽天カード

参考:Apple

この他にも地方銀行が発行する多くのクレジットカードにも対応されているので、詳しくはこちらを参考にしてみてください。

 メルペイもApplePayに対応している

ApplePayはメルカリから誕生したキャッシュレス決済アプリの「メルペイ」にも対応しています。

メルペイはiDにも対応しているので、自身のWalletアプリからメルペイを追加し、店舗でiDを使って決済する事が可能です。

メルペイでは随時様々なキャンペーンも開催されており、メルカリユーザーにとっては必須の決済アプリとなり得るので、気になる方は以下のリンクから確認してみてください。

メルペイ
メルペイ(merpay)の使い方や使える店を解説!メルカリの売上を店舗で!メルペイとはフリマアプリ「メルカリ」からリリースされ、iDとしてタッチ決済ができるスマホ決済サービスの一つです。既存のスマホ決済...

ApplePayは現状デビットカードには未対応

2019年5月現在、ApplePayはデビットカードには対応されていません。

デビットカードと言えば、支払い方法はクレジットカードと異なり、審査が不要で銀行口座からの引き落としによる即時払いが特徴のカードです。

ですが、現状デビットカードはApplePayで利用する事ができないので、対応のクレジットカード、または電子マネー等を利用するようにしましょう。

ApplePay(アップルペイ)に対応している電子マネー

ApplePayで対応されている電子マネーは2019年5月現在以下の通りとなっています。

  • Suica
  • QUICPay
  • auWallet※
  • Softbankカード※
  • dカード※

※VISA、MasterCard、iDなどのマークが付いているもの

なお、上記以外の「nanaco、PASMO、WAON、Edy」といった電子マネーは現状ApplePayに対応されていないので注意が必要です。

ApplePay(アップルペイ)の設定方法

では、ApplePayの設定方法を見ていきましょう。

まずはiPhoneに搭載されている「Wallet」アプリを起動し、以下の赤枠内にある「+」をタップし、「クレジットカード/プリペイドカード」を選択します。

次にカードの読み取り、またはカード情報の記入のいずれかの方法でカードの情報をアプリ内に搭載させてください。

その後は表示される指示に沿ってカードの設定を完了させましょう。

また、Suicaを設定する際は「カードの種類」で「Suica」を選択してください。

その後は「SuicaID番号(下4桁)・生年月日(名前が券面に記載されている場合)」の入力が求められるので、記入してSuicaのICカードを以下のように端末で読み取ってください。

引用:Apple

ApplePay(アップルペイ)の使い方

ApplePayを店舗で利用する際は、店員さんに「iDで(もしくはQUICPay、Suicaで)」と一声かけ、店舗に設置されている端末にスマホをかざしてください。

なお、通常「ApplePayで!」とは言いません。

自身の登録したクレジットカードや電子マネーに対応している「iD・QUICPay・Suica」のいずれかを店員さんに伝えましょう。

Apple Pay(アップルペイ)のまとめ

以上、ApplePayは普段私達が利用しているクレジットカードなどを電子化し、日常の決済をさらに便利なものにしてくれます。

なお、Suicaを使って通勤しているような方は、ApplePayを使えば改札もスマホ一つで通過できるようになるので、もはやこれを使わない手は無いでしょう。

また、Appleは2019年3月にApplePay上で利用可能な「AppleCard(アップルカード)」を発行していく事を発表しました。

引用:AppleCard

AppleCardが日本でいつリリースされるのかはまだ未定のようですが、今後の新たな発表を待ちましょう。

AppleCard(アップルカード)とは?そのメリットや最新情報について紹介米Apple社によって、新たなクレジットカードとなる「AppleCard(アップルカード)」が遂に発表されましたが、それには一体どんなメリットがあるのでしょうか?当記事では、AppleCardの概要やメリットなどの最新情報を紹介していきます!...
ABOUT ME
Kenta Fujii
Kenta Fujii
新卒で入社した大手金融機関では、主に広告の運用やマーケティングに従事。その後は11ヶ月で退職し、金融・フィンテック分野に特化したフリーライターとして活動中。
関連記事