フィンテック

LINEスマート投資の評判や口コミは?メリットや手数料、やり方などを解説

私達が日常的に利用しているLINEを使って株式投資が出来る事をご存知だったでしょうか?

当記事では、LINEを使って投資が出来る「LINEスマート投資」について紹介していきます。

「少額からLINEを使って投資を始めていきたい」と考える人は、是非参考にしてみてください。

LINEスマート投資とは?

引用:LINEスマート投資

LINEスマート投資とは、LINE Financial株式会社が提供する金融商品の仲介サービスであり、オンライン証券フォリオ(folio)の「テーマ投資」や「ワンコイン投資」を取り扱いしています。

フォリオとは、通常の株式投資とは異なり、投資対象を「企業」ではなく「テーマ」で選んで投資出来る金融サービスです。

引用:folio

LINEスマート投資はフォリオと連携して口座開設すれば利用する事ができ、少額での投資が可能な上、積立投資の引き落としをLINE Payから行う事もできたりと様々な特徴があります。

LINEスマート投資の公式ページはこちら!

LINEスマート投資のメリット

LINEスマート投資で投資を行うメリットを見ていきます。

自分の好きな「テーマ」を選んで投資する事が可能

引用:folio

LINEスマート投資では、フォリオが提供する「テーマ投資」を行う事が可能です。

この「テーマ投資」は、特定の「企業」ではなくこれから流行しそうなトレンドや注目産業などといった「テーマ」に投資する事が可能であり、その投資対象は各テーマ毎に厳選された有望企業10社で構成されます。

そのテーマは日々新しく追加されており、ドローンやサイバーセキュリティなどのテクノロジー分野も充実しています。

引用:LINEスマート投資

500円のワンコインから投資を始める事が可能

引用:LINEスマート投資

さらに、LINEスマート投資では500円から積立投資が出来る「ワンコイン投資」も提供されています。

ワンコイン投資による積立投資は最低500円で週一から積立の頻度を自由に設定する事が可能であり、1990年にノーベル賞を受賞した「現代ポートフォリオ理論」をベースにしたアルゴリズムで、世界各国に分散投資されます。

引用:LINEスマート投資

なお、その積立額はLINE Payで自動引き落としする事もできるので、面倒な入金作業の手間も省けます。

LINE Payとは?お得なポイント還元やキャンペーンについて解説私達が日常的に利用しているLINEを使って、スマホ決済や友人間での送金などを行う事が可能なのがLINE Pay(ラインペイ)です。そこで、当記事ではLINE Payのメリットや使い方、そして使えるお店やお得なキャンペーン情報までを徹底的に解説していきます。...

「たとえ少額でも、無駄な消費は抑えて投資に回したい。」

「貯金感覚で世界の株式市場にお金を投じて行きたい。」

このように考える方は、LINEスマート投資のワンコイン投資を試してみても良いでしょう。

LINEスマート投資の手数料

では、LINEスマート投資に関する手数料について見ていきましょう。

テーマ投資の取引手数料

LINEスマート投資の手数料は、銘柄ごとに売買代金の0.5%となっています。※最低手数料50円/税抜

ですが、この手数料は他の主要なネット証券と比較すると少し割高だと言えるでしょう。

例えば、主要なネット証券であるSBI証券や楽天証券などは、10万円までであれば取引手数料が一部無料に設定されています。(※2019年5月現在)

(SBI証券の手数料体系)

引用:SBI証券

なので、「手数料をとにかく抑えて取引したい」という方は、他のネット証券と比較して検討してみても良いかもしれません。

ですが、LINEスマート投資はLINEからスムーズに投資が出来る点や、投資をテーマで選べる点が魅力なので、「自分は何を一番優先したいのか」を明確にしてから利用を検討してみてください。

ワンコイン投資の運用報酬費用

LINEスマート投資のワンコイン投資にかかる運用報酬費用は、自身が組み入れている運用資産(ETF)の時価評価額によって決定します。

  • 時価評価額3,000万円以下の部分:年率1%
  • 時価評価額3,000万円を超える部分:年率0.5%

このように、ワンコイン投資は3,000万円以下の運用であれば年間で1%の手数料と、かなり割高な水準となるので注意が必要です。

少額投資も可能でその支払いも毎月LINE Payから自動で引き落とし出来る事が魅力なワンコイン投資ですが、年率1%の手数料は決して安くはありません。

その辺りのコストパフォーマンスは十分考慮して検討する必要があるでしょう。

入出金手数料は全て無料

LINEスマート投資では、入出金やLINE Payからの引き落とし手数料が全て無料となっています。※ただし、ATMや銀行等窓口からの入金は各銀行等の所定の手数料を負担する場合があるので注意が必要。

なお、「残高証明書発行手数料」は一通ごとに1,000円、「年間取引報告書再発行手数料」は1年ごとに1,000円かかるようになります。

LINEスマート投資の税金

LINEスマート投資によって得た利益には、20.315%の税金が課せられます。(所得税及び復興特別所得税15.315%、住民税5%)

ですが、LINEスマート投資(フォリオ)では「特定口座」を利用する事が出来るので、特定口座をであれば株式の売却による税金の申告・納税手続きを自分で行う必要がなく、全てフォリオが代行してくれます。

なので、自分で税金の処理を行うのが面倒であれば「特定口座」を選択する事をおすすめします。

LINEスマート投資の評判や口コミ

LINEスマート投資は最近スタートしたサービスでもあり、その評判や口コミの数はあまり多くありません。

folioのユーザーでもLINEスマート投資を通してLINEからポートフォリオを確認出来る点が良いとの評判もありました。

しかし、市場があまり芳しくない状況において、LINEスマート投資上での過去1年のリターンが大幅なマイナスで表記されていたという事が去年話題になりました。

しかし、各株式市場の市況やリターンは証券会社によって変化するものではありません。

LINEスマート投資を使ったから「儲かる」とか「損をした」というわけではないので、どこの証券会社を利用するにしても、しっかりとマーケットを確認してから投資を行うようにしましょう。

LINEスマート投資のやり方や口座開設手順

LINEスマート投資を始めるには、LINEのアプリ上でFOLIO社での口座開設を行って入金する必要があります。

  1. 口座開設を申し込みする
  2. ウェルカムレターを受け取る
  3. 口座に入金をして取引スタート

その口座開設手順ですが、まずはホーム画面から右上にある「いますぐ口座開設」をタップし、LINEスマート投資の権限を許可します。

権限を許可するとLINE上からFOLIOの口座開設を行えるので、再度「いますぐ口座開設」をタップして利用規約に同意し、LINEで登録しているメールアドレス宛に届いた認証番号を以下の赤枠に入力してください。

その後は、プロフィールや連絡先等を入力し、最後に本人確認を行って口座開設の申し込みを完了させてください。

LINEスマート投資のまとめ

  • LINEスマート投資は企業ではなく「テーマ」に投資をする事が出来る
  • LINEスマート投資は500円から積立投資も可能
  • 手数料はテーマ投資で0.5%、ワンコイン投資で1%とやや高めの水準となっている

以上、LINEスマート投資はLINEを使って気軽に投資を始められるメリットがあるので、投資の初心者にはかなりおすすめ出来るサービスでしょう。

なお、初心者向けの投資アプリにはワンタップで少額投資が可能な「One Tap BUY(ワンタップバイ)」といったものもあるので、是非合わせてチェックしてみてください。

One Tap BUY(ワンタップバイ)は儲かる?その特徴や手数料などを解説当記事では、スマホで手軽に株の取引が可能なアプリ「One Tap BUY」について解説していきます。「これから株式投資を始めたいけど、まずは少額からスタートさせたい」と考えているような方は、是非参考にしてみて下さい。...

LINEスマート投資の公式ページはこちら!

ABOUT ME
Kenta Fujii
Kenta Fujii
新卒で入社した大手金融機関では、主に広告の運用やマーケティングに従事。その後は11ヶ月で退職し、金融・フィンテック分野に特化したフリーライターとして活動中。
関連記事