仮想通貨

仮想通貨ネム(NEM/XEM)とは?今後の展望とPoIの仕組み

仮想通貨ネム(nem/Xem)が目指すのは「富の分配」

ネムの正式名称は「New Economy Movement」、そして「Xem」は通貨の単位を表しています。ネムは「新しい経済運動」というスローガンを掲げて、金銭的な自由、分散化、平等、連帯感を目標として生み出された仮想通貨のプロジェクトです。

コインチェックでの流出事件をきっかけにネムの存在は多くの人に知られましたが、ネムはコミュニティーも盛んで日本の中で取引量が非常に多い仮想通貨ということは、まだほんの一部の人にしか知られていないでしょう。

「ビットコイン2.0」とも称されるネムは仮想通貨としての性能も高く、ビットコインの未発達なブロックチェーン技術よりも、効率的かつ拡張がしやすいという新しいブロックチェーン技術を持っています。

現在、ネムは仮想通貨の時価総額でトップ10付近に位置していますが、今後ますます目が離せない仮想通貨の一つであることは間違いないでしょう。

ネム(nem)の唯一無二の特徴と仕組み

ビットコインと比べてネムはどんな優れた技術を使っているのでしょうか?

ネムは発行上限枚数である8,999,999,999枚が既に発行済みとなっており、マイニング(採掘)という概念がなく新規発行もありません。

そこでマイニング(採掘)に代わる「ハーべスティング(収穫)」という報酬形式で分配されるという仕組みを持っているのですが、まずはハーべスティングを知る上で欠かせないPOI(Proof of Importance)方式と呼ばれるブロックチェーン上で使用されるアルゴリズムのことを理解する必要があります。

POIとは「重要性の証明」を意味する方式で、特定のプラットフォーム内において重要度(貢献度)の高い人に多くの報酬を支払うという方式です。

ネムはこのPOI方式を採用しており、ネムを沢山保有している人や、数多くの取引を行った人がより多くの報酬を受けることができるのです。そして、この報酬のことを「ハーべスティング(収穫)」と読んでいます。

因みに、ハーべスティングの報酬を受け取れる人はランダムで選出されます。POIスコアの高い人程選出されやすい仕組みとなっています。

ネム(nem)の購入方法

ネムを購入するには、仮想通貨取引所にてアカウントを取得して購入します。ネムに興味あるけど、取引所のアカウントを持っていないという方は先にネムを取り扱っている取引所にて、アカウントを取得しておきましょう。

ここでは、ネムを購入するのにおすすめの「Zaif」という取引所を例に解説致します。ネムを購入するのに、なぜZaifがおすすめなのかというと、これにはしっかりとした理由があります。

まず、Zaifを運営しているテックビューロ社の代表を務める朝山氏は、世界最大のネムコミュニティーであるネム財団の日本ディレクターです。そもそも運営自体がネムに力強く着手しているところがおすすめできるポイントとして高いです。

そして、手数料が安いという点が挙げられます。Zaifでネムを取引する場合の手数料は0%~0.1%かかりますが、その他の取引所に比べて圧倒的に安くお得です。

また、スマホでの指値注文が出来たり、積立投資ができるなど、Zaifでネムを購入するメリットが沢山あります。現在、日本円で直接ネムを購入できるのはZaifだけなので覚えておきましょう。

それでは、購入手順に移ります。

1Zaifのホームページにアクセスし、トップページからメールアドレスやパスワードを設定してアカウントを取得します。上記の画像のように「無料登録へ」と大きく記載されていますので、迷うことなくアカウントの取得はできるはずです。

2:アカウント取得完了後に本人確認書類をZaifへ送信します。後日、「本人確認コード」が記載された書留がご自宅に届きますので、アカウントページにてコードを入力します。

3:銀行やコンビニなどで入金

4:取引開始

このような流れで取引できますので、簡単に進めることができるはずです。取引所への登録は難しそうという声も多いですが、ネットバンクの口座開設ができる人なら、特に難しいと感じることもないでしょう。

ネム(nem)が購入できるその他の取引所

DMM Bitcoin

20181月から運営が始まった新しい取引所です。ネムの取引はレバレッジ取引のみとなり、現物取引もできない仕様です。出金に関してもビットコインかイーサリアムに交換する必要があります。

スマホアプリがあり初心者にも使いやすいなどのDMM Bitcoinを選ぶメリットもありますが、レバレッジ取引なのでトレーダー向きの取引所と言えます。

UPbit(アップビット)

韓国でも仮想通貨は盛んに取引されていますが、その中でも有名な取引所がUPbitです。海外の取引所は心配だと思う方もいますが、「Kakao Talk」を運営しているKakaoグループの取引所なので安心して取引ができます。

実は、UPbitでのネムの取引量は世界でナンバー1となっています。ネム以外のアルトコインも100種類以上の扱いがありますので、ネム以外に視野を広げたい人にもおすすめです。

尚、日本円ではネムを購入できないので、ビットコインやイーサリアムを日本の取引所で購入してから、送金しなければなりませんのでご注意を。

コインチェック事件はネムの将来性に影響を与えるのか

“201812600:02:13から08:26:13にかけて、コインチェックが保持している仮想通貨のうちNEM(ネム) (通貨記号はXEM)建ての顧客資産がクラッキングにより取引所から外部に送金されさらに別口座に移転されてほぼ100%流出してしまう事態が発生した。
引用:Coincheck-Wikipedia

コインチェックの流出事件は昨日のことのように思い出しますね。これをきっかけにネムの将来が危ないのではないかと噂されますが、その逆です。

ネムが狙われたのはネムに価値があるからと言い切ってもいいでしょう。悪いのはネムではなく、クラッカーとクラッカーの不正を防止出来なかったコインチェックの管理体制が問題だと言えます。

コインチェックは、ネムを日本円で購入することが出来る取引所でしたが、現在営業再開の目途も立っておらず、今後の展開が気になるところです。

さて、今後ネムは機能のアップデートを控えており、更に価値を上げると筆者は予想します。テックビューロ社とネムの開発チームが共同で開発したプライベートブロックチェーンシステムである「mijin」をもとに、ネムの機能を修正、改良を行うプロジェクトが予定されています。

そして、ネムの機能をアップデートするプロジェクトのことを「カタパルト」と呼んでいます。

このカタパルトによりネムの処理速度が大幅に改善され、ビットコインで問題になっているデータ容量が大きくなると決済スピードが遅くなるという問題がなくなり、スムーズに決済ができるようになります。

どのくらいの決済スピードになるのかの目安ですが、クレジットカードのVISAに匹敵するとのことです。カタパルトの実装がネムの価値を大きく上げるのではないかと期待されており、実装を待ち遠しく思う声も非常に大きいです。

さらなる発展を遂げるネム

現状、ネムに絞って取引をしたいという方には、手数料も安いZaifでアカウントを取得することをおすすめ致します。アカウント取得者が殺到し、本人確認コードが記載された書留の遅れが出ているようなので、早めにアカウントを取得しておきましょう。

ネムは今後予定されているカタパルトの実装にも期待されていますが、何よりコミュニティーの通貨であるところが非常に魅力的です。ネムの将来は私達がどれだけネムを応援するか、愛するのかが大きな影響を与えそうです。

関連記事