仮想通貨

急上昇の仮想通貨verge(バージ)とは?その特徴と将来性

仮想通貨「verge(バージ)」とは

草コインですが、目をみはるほどの上昇を遂げた仮想通貨「verge」。そしてvergeと共に注目される匿名性暗号通貨の実態をご紹介し、その中でもvergeだけがもつ特徴やその将来性についても解説します。

2018年はアルトコインの注目が高まっています。イーサリアムやリップルのように既に注目され価格が上昇したコインもありますが、まだ価格の低いアルトコインいわゆる「草コイン」にも期待できる1年となるでしょう。

そして今回は注目度急上昇中のコインである「verge」について紹介します。革新的な技術とも言えるブロックチェーンのとある弱点に切り込み、それらを克服するために生まれた匿名性暗号通貨verge。まずは特徴からみていきましょう。

バージコインの特徴~従来の仮想通貨の弱点を克服~

ブロックチェーンシステムは中央サーバーのような発行主体が存在せず、取引履歴をオープンにして不特定多数のユーザーによって監視し合うことで、不正取引やデータ改竄に対してはこれまでの通貨にない強固なセキュリティを築くことに成功しました。

しかし、オープンになったということは逆にプライバシーが守られていないということでもあります。こういったプライバシーのセキュリティ問題を解決すべく生まれたのがvergeのような「匿名性暗号通貨」です。

vergeの他にも「ZCash」「Dash」「Monero」の3つの匿名性暗号通貨が存在します。では、そんな中でもvergeだけが持つ3つの特徴をご紹介します。

取引スピードが速い

仮想通貨においてはとても重要な点です。例えばお店で仮想通貨による決済を行う際、何分もかかってしまっては現金や電子マネー以下の利便性と言えます。

vergeの決済スピードは平均時間が5秒と他の匿名性通貨に比べても速いです。仮想通貨は実際に使えるようになることが前提なので、大きなアドバンテージと言えます。

ウォレットの種類が多い

仮想通貨はデヴァイスに「ウォレット」というアプリやソフトウェアをダウンロードし管理します。vergeはまだ発展途上なのにも関わらず対応するデヴァイスの対応の数が多いです。

Android、OSX(iPhon iPadなど)はもちろんWindowsやLinuxにも対応し、現在流通しているデヴァイスには一通り対応しています。

「匿名」と「オープン」どちらも選べる

これが他の匿名性暗号通貨と一線を画す最大の特徴と言えるでしょう。つまり、取引で自分と相手の情報を残すか残さないか自由に選べるということです。これはverge特有の新技術「レイス・プロトコル」によって可能となったものです。

verge(xvg)独自の新技術「レイス・プロトコル」の仕組み

匿名かオープンかどちらか選べるなら、個人として使用する分には多くの人が匿名を選ぶでしょう。しかし、会社の取引などでは送金の履歴に送金先の名前があった方が後々のトラブル防止にも繋がりますし、経理がやりやすいこともあると思います。

ビジネスシーンにおいては時と場合で匿名性暗号通貨の機能は不便であるケースが生まれるかもしれません。つまり、どのようなシーンにも適応する仮想通貨であるためにはレイス・プロトコルは必要不可欠な機能と言えます。

TORとは?

レイス・プロトコルの根幹を支えるシステムがTORです。これは、簡単に言うとお金を送った側と受け取った側の情報を暗号化し匿名性を確保しながらも、取り引きの内容そのものを残すと言うシステムです。

そして、ユーザーが「オープン台帳」か「プライベート台帳」の好きな方を選ぶことができ、ケースバイケースでの決済を可能にしました。

vergeはプールマイニングが推奨

仮想通貨を手に入れるには取引所や販売所で購入する他に、マイニング(発掘する)という方法があります。ネットの鉱山から仮想通貨を発掘する、平たく言えば無料で手に入れることです。

ビットコインやイーサリアムなどのメジャー級のコインのマイニングは専用機器やハイスペックPCなどの高額機器が必要となり、個人でのマイニングはほぼ不可能ですが、まだ発展途上の通貨であるvergeには一般ユーザーにもマイニングチャンスがあります。

そしてvergeのマイニング手法として、一般的なのは「マイニングプール」を利用することです。

プールマイニングとは

マイニングの手法として注目されているものです。簡単に言えばマイニングするためのチームを結成し、採掘できた分を山分けする手法です。

基本的にマイニングは計算速度がものをいうので、高スペックなPCの方が有利です。しかし、みんなで分担して計算を行えば、負担は軽くなりその分採掘できる可能性が高まるということです。

一般的なPCでも参入でき、無料で仮想通貨を手に入れることができるかもしれないということです。具体的な手法は下記のサイトが詳しいので参考にしてください。

Van Blog

vergeを扱っている取引所一覧

vergeは現在は草コインに分類されるため、日本の取引所では購入することができません。そこで海外取引所でvergeを取り扱っているところを挙げておきます。

  • Binance
  • Bittrex
  • Cryptopia
  • HitBTC

上記の取引所でもとりわけBinanceをおすすめします。まず業界最大手であること、日本語対応なので操作にストレスが無いことが理由です。

取り扱って欲しいコインを毎月ユーザー全員に投票形式で募り、実際に上位に浮上したコインを採用したり、ハードフォークコインの付与も積極的だったりとユーザビリティがとても高い取引所でもあります。

vergeは今後どうなる?~その将来性を信じたコミュニティ~

Vergeは公開当初は日本円でおよそ0.04円程度の値段でしたが、わずか数ヶ月で急上昇し1時期はおよそ100倍の4円以上の高値をつけました。草コインとしては異常とも言える価格推移です。

これはvergeを支持するコミュニティの宣伝効果によるものも大きいです。そして、このコミュニティの驚くべき点は全てがボランティアによって成立しているということです。

vergeは宣伝費はもちろん開発費も募金によって賄われるという特殊な背景を持つ仮想通貨です。つまり、vergeの将来性を信じ無償でも協力しようという人々がたくさんいるということです。

それだけたくさんの人々を動かしたコインであることから、今後発展する可能性は大いにあると言えるでしょう。ついでに、コミュニティが実際にどのような活動を行ってきたかをご紹介します。

公認キャラクター「バージリスク」

vergeのコミュニティのプロモーションの一環として誕生したのが、公認キャラクター「バージリスク」です。仮想通貨に公認キャラクターをつけるというのも新しい発想ですが、実際にこのプロモーションは成功しvergeの知名度アップとなりました。

仮想通貨Verge公認キャラクター「バージリスク」

Twitterでのバージンチップを導入

ツイッターで仮想通貨をチップとして送金することで知名度を飛躍的に挙げる手法ですがvergeでも実施されています。この手のプロモーションは草コインの宣伝として実践されることが多く、同じ手法でモナコインが知名度を上げ、注目を浴びました。

より実用的なコインを目指す「verge」

vergeはブロックチェーンの弱点を克服した匿名性暗号通貨という点はもちろん、取引時間の早さやウォレットの多様さなど、ユーザーが実際に使用することを想定した「実用的なコイン」となることを目指しています。

現在の仮想通貨は投資や投機的な売買が多く見誤りがちですが、基本的には仮想通貨は実際に使えるようになるかどうかが重要なのであり、それこそが「将来性」であると言えます。

vergeは仮想通貨本来の理念に即したものであるからこそ、無償でも応援したいという人々が集まり、コミュニティが形成されたのだと言えるでしょう。

関連記事