仮想通貨

ビットコインゴッドとは。その特徴的な機能や将来性を考察

ビットコインゴットとは

2018年もいっそう盛り上がりを見せる仮想通貨。そして、その代名詞的なコインであるビットコインですが、今年はその「ハードフォークコイン」が注目を集めています。

今回はそんなハードフォークコインの中から「ビットコインゴット」をクローズアップします。

ビットコインゴッドはビットコインの進化版になるコインなのですが、そもそもなぜこのようなコインが生まれたのでしょうか?

その説明にはまずビットコインのみならず、全ての仮想通貨特有の現象である「ハードフォーク」について説明する必要があります。

ハードフォークとは

仮想通貨の代名詞的なシステムであるブロックチェーン。これは売買などの情報が固定され(ブロック)、それを鎖状(チェーン)につなぎ更新していくシステムのことです。

そして仮想通貨の一定のブロック以降から、バージョンアップさせる、つまりは意図的に変更を加えると仮想通貨そのものが分裂し、新しいコインが生まれます。

これが「ハードフォーク」と呼ばれる現象です。あくまでもイメージとしてですが、既存のレシピに新しいアレンジを加えて別の料理を発明するようなものです(カレーにカツを乗っけてカツカレーにするとか)。

このような理論でコインが生まれることをハードフォーク以外に「分裂する」とか「分岐する」といった言葉で表現されることもあります。そして、注意が必要なのがオリジナルのコインとハードフォークしたコインは互換性がない「全くの別物」であるという点です。

ビットコインを例にするなら、既にビットコインで支払いができる店もありますが、そういった店でビットコインゴットやその他のハードフォークコインで支払いはできません。

さらにビットコインの価格推移にも基本的には無関係で、ビットコインが高額だからといってハードフォークコインが同じように高値をつけるとも限りません。1度分裂したコインはあくまでも未知数な「草コイン」と同じであることと認識するべきでしょう。

ビットコインのハードフォークコイン

ここからはその他のビットコインのハードフォークコインをご紹介します。実はハードフォークはビットコインだけでも6回行われており、もう既に市場に出回っているものもあります。

ビットコインキャッシュ

2017年8月に誕生した「元祖ハードフォークコイン」とも呼ぶべきコインです。ビットコインの弱点でもあったブロック容量を8MBに拡大させたコインで、既に市場で取引されていて、期待値も高いと言えます。

ビットコインゴールド

2017年10月にハードフォークしたコインです。ASICという専用マシンがなくともマイニングできるようになったビットコインで、マインングのチャンスが平等化されました。

ビットコインダイアモンド

2017年11月にハードフォークしたコインです。ブロックサイズを8MBに拡張しただけでなく、総発行枚数が21億枚という大盤振る舞いなコインと言えます。

ビットコインsegawit2x

2017年12月にハードフォークしたコインです。ブロックサイズの拡大は4MBと8MBのダイアモンドやキャッシュに劣りますがスマートコントラクトが実装されています。

スーパービットコイン

2017年12月にハードフォークしたコインです。8MBのブロックサイズの拡大とリプレイプロテクションを実装しています。

ライトニングビットコイン

2017年12月にハードフォークしたコインです。その名の通りスピードに特化したコインで、ブロックに記録する時間が3秒となりました。

ビットコインゴッドの特徴【5つの新機能】

そしてビットコインゴットに搭載された新たな機能についてご説明します。「ゴット」とずいぶんと大げさなネーミングですが、実際にあらゆる仮想通貨の良いとこ取りのようなコインです。

スマートコントラクト

イーサリアムに搭載されたころで注目を浴びたシステムです。売買の記録だけでなく、「契約」も記録することを可能にしたシステムで、ビジネスシーンにおいての活躍が期待されてます。

ラージブロックサイズ

ビットコインの弱点であったブロックサイズ、いわゆる容量の小ささを改善したということです。実はこの点がビットコインがハードフォークする原因と言われています。

POS

0からビットコインを生み出すには、マイニングと呼ばれる作業が必要ですが、ビットコインの場合マイニングするにはASISという専用マシンが必要でした。しかし、このPOSが搭載されることにより、保有しているだけで自動的にマイニングが実行されるようになります。

ライトニングネットワーク

その名が示す通り、コインによる取引を高速かつ低コストにするシステムのことです。最新のコインと比べて取引に時間がかかるというビットコインの難点が改善されます。

ゼロ知識証明

相手に秘密情報の内容を教えないで、自分が秘密情報を知っていることを相手に伝えるシステムのことです。ピンとこないかもしれませんが、要はセキュリティ面がさらに強化されたと考えていただければ良いかと思います。

ビットコインゴッドは取引所で無料で手に入る?

続いては、ビットコインを手に入れる方法をご紹介します。実は、ビットコインゴッドは今なら無料で手に入るかもしれないのです。

ハードフォークコインというのは、オリジナルのコインを保有している人に無料で配布されるものです。なぜなら、より優れたシステムのコインが生まれ注目されれば、オリジナルの価値が下がりユーザーに不利益を与えてしまうかもしれないからです。

ビットコインゴッドの貰い方

ビットコインゴッドをもらう方法はいたってシンプルで、「ビットコインを保有」するだけです。保有していれば基本的には自動的に配布されるので、プレゼントのようなものです。

ただし、どの取引所でも配布されるというわけではなく、ビットコインゴッドを取り扱う取引所でなければなりません。

ビットコインゴットが付与される取引所一覧

  • ビットフライヤー
  • コインチェック
  • ザイフ
  • コインEX
  • バイナンス
  • yobit
  • BTCBOX

上記がビットコインゴッドが配布される予定の取引所一覧です。国内外問わず大手は一通り揃っているようです。しかし、上記の取引所なら「確実」というわけはありません。

もう既にビットコインゴッドはハードフォークされ存在しているのですが、実際にユーザーに付与するタイミングは取引所によって違うようです。ビットコインゴットに関しては今のところyobitしか付与しておらず、その他の取引所ではまだ配布していない模様です。

とくに日本の取引所はハードフォークコインに関しては、いささか腰が重い傾向にあり、ビットコインゴットより以前に誕生したハードフォークコインの配布もまだしていないところが多いです。

正直、いつかは必ず配布されるという保証もないのが現状です。ハードフォークそのものが新しい技術で今後どのように転ぶかわからないため、取り扱わないという取引所が出てきてもおかしくありません。

ハードフォークに強いBinanceがオススメ

ビットコインゴッドを確実に手に入れるために、バイナンスという取引所を利用することをオススメします。なぜならバイナンスは唯一「ビットコインのハードフォークコインは全て取り扱う」と公言しているからです。

海外の取引所なので円での直接売買ができないのが難点ですが、サイトそのものは日本語対応していますので使い勝手に不便はないかと思います。

2018年はビットコインゴッド以降もビットコインのハードフォークが行われると予想される年でもありますので、今後を見越してバイナンスを利用するのは有効な選択肢と言えます。

ビットコインゴッドの将来性

ビットコインゴッドは既に述べた通り、最新技術を駆使したコインです。ビットコインより機能的に優れたコインであることは間違いなく、価格が上昇する可能性も低くはありません。来性においては期待できると言えるでしょう。

しかし、忘れないでいただきたいのが、あくまでも「草コインと同じ」であることです。高機能だからといって、もう既に流通しているビットコインにとって代われるとは限りません。

また、ハードフォークコインも既に他に5種類、今後はさらに増えていく見込みなのでどう転ぶかは全く予想がつきません。急上昇する可能性もあれば、紙くず同然になる可能性もあるのです。

ビットコインゴットも市場に出回れば、普通に売買できるようになりますが、そのネームバリューに惑わされず慎重にその価値を見極めてから購入することをオススメします。

未知の可能性を持つハードフォークコイン

ビットコインゴッドは現在のところ、付与されている取引所が少なく、その分、今からでも無料で手に入るチャンスが多いと言えます。

前章で述べた通り、直接的な売買するにはリスクが高いコインではあるのですが、ノーリスクで手に入るのであれば保有価値があるコインではあります。

ゴッドに限らず、未知数なハードフォークコイン。しかし、だからこそ可能性は無限大です。今後は取引所を選ぶ基準として「ハードフォークコインの取り扱い」についても要チェックなポイントと言えるでしょう。

関連記事