ビットコイン

ビットコインのライトニングネットワークとは。少額送金の可能性と未来

ビットコインのライトニングネットワークとは

ライトニングネットワークとは、手数料を抑え少額での支払いを可能にするソリューション技術です。今までの決済では、1円単位や1円未満の単位での支払いは現実的ではありませんでした。

そこでビットコインで少額決済が実現するかと思えば、決済に10分掛かってしまい手数料も高くなってしまたりと、現実は実用性に欠けるという懸念点があります。

しかし、ライトニングネットワークではミリ単位で数千ものトランザクションが可能で0.0001円といった少額の支払いも可能にすることができます。

ビットコインの最小単位は1satoshiといい1satoshi=0.00000001BTCとなります。そしてこれが実現すれば、既存のあらゆるビジネスモデルを覆す可能性があると筆者は考えています。

では、以下よりライトニングネットワークについてと今後の可能性など述べていきます。

ライトニングネットワークの特徴とその仕組み

ライトニングネットワークは、一連のブロックチェーン上の取引の間部分を、少額でブロックチェーンに記録せずに進めるものです。

最初と最後の取引部分はブロックチェーンに記録しますが、その間のペイメントチャネルは別にすることで多段階の少額の支払いが可能になるのです。よって、ライトニングネットワークでは手数料が極めて低くなる上にインターネットのように支払いがネットワーク化されます。

このライトニングネットワークには難しい暗号技術が備わっているのですが、簡単にその革新性を一言で説明すると、「相手への信頼無しで少額取引ができる」という点です。

ライトニングネットワークでは、従来のビットコインのブロックチェーンの上に別の支払い層があり、直接的にその少額の取引を書き込むのではなく別のレイヤーで処理をします。

つまり、ライトニングネットワークとはビットコインのオリジナルブロックチェーンとは別のネットワークで通信するのです。ライトニングネットワークにはその独自のチャネルがあり、その中で価値のやりとりができるイメージです。

ライトニングネットワークを支えるオフチェーン

そのライトニングネットワークもビットコインのブロックチェーン同様、中央管理者不在で勝手に動き続けます。それは自分のウォレットと他人のウォレットとの経路を作ることができるからです。

自発的にネットワークを生成することで、同様の分散型基盤を作ることができるということですね。そして取引の処理を従来のブロックチェーンの外で実行する方法をオフチェーンと言います。

これによってライトニングネットワークによって多額の手数料が無料となり、即時に決済もすることができます。

オフチェーンの実装例として、仮想通貨取引所内でのネットワークがあります。bitFlyerが提供する「bitwire」というオフチェーンは、bitFlyerのアカウントを持っていれば送金手数料が無料ですぐに送金できます。

以上のように、オフチェーンを駆使した革新的技術が徐々に普及すれば、ビットコインを使って電子マネーのように迅速な支払いが当たり前のように可能になるかもしれません。

マイクロペイメントの今後の可能性

筆者が最も注目しているのは、ライトニングネットワークによる既存のビジネスモデルの変化です。

少額の支払いが迅速に低コストで実現すれば、人々はネット上で簡単にマイクロペイメントをすることができます。以下より筆者の考えるマイクロペイメントの応用例を見ていきます。

SNSでのマイクロペイメント

1円やそれ未満の数字の価値を交換することができるようになれば、SNSの投稿で「いいね」をする代わりに少額送金をすることも可能になります。

「いいね」の代わりに1円未満の価値を「投げ銭」形式で相手に送ることで、SNSアカウントを持つユーザーはSNSでインプレッション稼ぎ出すことへのインセンティブが生まれます。

WEBサイトでのマイクロペイメント

さらに既存のWEBサイトは広告以外でのマネタイズも可能にするかもしれません。

1PVにつきユーザーは1円未満の価値を媒体に支払ったり、役に立ったと思ったら投げ銭をしたりと、既存の広告ビジネスもいつどうなるか分からない程に驚くべき技術なのがこのライトニングネットワークです。

それが実現すれば広告主の為のステマ記事を排除し、本当にユーザーの為になるコンテンツのみを生み出せるかもしれません。

Q&Aサイトでのマイクロペイメント

ライトニングネットワークは、Q&Aサイトでの応用でも活用できるでしょう。

質問者が出した質問に答えた回答者が報酬をもらえたり、「ベストアンサーにはいくら報酬を渡します」と決めて回答者間で最も素晴らしい回答をした者に、より高い報酬を払う仕組みを作るなど、回答者の回答に対するインセンティブを更に与えることで、より良い回答とそこで発生する経済圏が生まれるのです。

以上のように、より細かい価値まで数値化して相手へ送ることができれば、それの対価を受け取れることで相手に対しての些細な思いやりでもそれをやるインセンティブが生まれます。

友人間でも少額で「ありがとう」の代わりに50円を送金したりと、今よりも少額の価値交換が活発になる未来はすぐにでも訪れるかもしれません。

関連記事