仮想通貨

ネムコインのカタパルト実装はいつ?今後の価格変動とその動向

アルトコイン「ネムコイン」とは

仮想通貨の中で最近話題となったアルトコイン「ネム」。ネムは金銭的な自由や平等、分散化を基に新たな経済を作り出すことを目的としたプロジェクトです。

そんなネムですが、実は2018年中に「カタパルト」という大型アップデートを控えています。とても期待されているので、価格が上がりきっていない今が買い時です。

まだ持っていない方はチャンスとも捉えられます。そこで今回は、カタパルトが実装されるといったいどんな変化が起こるのか解説していきましょう。

ネムコインが持つ特徴

ネムコインのNEMは「New Economy Movement」の略です名前の通り仮想通貨やブロックチェーン技術を用いて経済に新しい活動を起こそうとしたプロジェクトになっています。

特にネムの場合は、金銭的な自由と平等、分散、連帯感を基にしているので、他の仮想通貨プロジェクトとは少し違ったものになっています。また仮想通貨の発掘はマイニングと言いますが、ネムの場合はハーべスティングといいます。

マイニングにはハイスペックなコンピューターや莫大な電力を必要としている為、お金を持っている程有利です

しかしハーべスティングはマイニングと違い、一定数のネムを「Nano Wallet」に入金するだけで誰でもハーベストが可能となります。

金銭的な平等さにはこういったところにも表れています。発行枚数の上限が決まっているので、今後注目のコインの1つです。

ネムコインが実装するカタパルトとは

ネムコインにおけるカタパルトとは、機能を格段に向上させるアップデートになります。アップデートという言葉は、スマートフォンアプリなどにも使われていますよね。

実装された場合、今まで情報処理の速度が優秀で評価されていたリップルよりさらに23倍速くなります。情報処理が早くなることにより実用性が増して、更に新たな経済の活動が活発になります。

また個人間で取引を行う際に、第三者として介するアグリゲートトランザクションが可能です。取引所で割高な手数料を払わずお得で安全に通貨の取引をすることができるわけです。

これを期待している人たちが多いこともあり、ネムを支持する理由になっています。

2018年内?ネムコインはいつカタパルトを実装するのか

当初の予定だと、2017年の夏頃に実装されると噂されていました。しかしなかなか話が進まず、20183月になった今でもまだ実装はされていないのが現状です。

実は安全性が高く、誰でも利用可能なプライベートブロックチェーンを採用した「ミジン」というものにベータ版としてカタパルトが実装済みなのです。

ここで注目されているのが先程説明した「アグリゲートトランザクション」です。

試運転をしながら運用状況を確認している状態なので、ネムに実装された場合は更なる経済効果を生み出してくれることが予想されます。

ネムコインがカタパルト実装すると価格は上がる?

経済を飛躍的に向上させることのできるカタパルトが実装されれば、必然的に上昇することが予想されます。ネムコインは2017年上旬では上限を0.3円程度をキープしていました。

ですがカタパルトが実装されると話題となった際、一気に30円まで到達し最大で200円程度まで高騰しました。

カタパルトへの期待が一気に現れた瞬間でした。しかし実装の遅れやコインチェックの問題からだんだんと価格が下がり、現在は40円程度まで下がっています。

これを踏まえ、ご自身の判断しながらネムコインの取引をしていきましょう。

ネムコインが買えるおすすめの国内取引所は「Zaif


画像引用:https://zaif.jp/

現在は「Zaif」と「DMM bitcoin」になります。

仮想通貨の購入は、どの取引所でも行える売買のできる「販売所」というのがあります。販売所は取引所が所有している仮想通貨を買うイメージです。

それとは別に所定の取引所毎に、仮想通貨を個人の意思で価格を決めて売買する「取引所」があります。取引所は物々交換をするイメージです。

この2つの違いは「販売所」より「取引所」での取引の方が手数料を安くなるという点です。特に「Zaif」では国内取引所で唯一ネムの取引所が存在しており、手数料を抑えて売買ができるのでおすすめです。

ネムコインの買い時は今?タイミングを考えながら取引を

現在では40円前後を行き来している状態で、比較的手が出しやすい金額になっています。

ネムコインがカタパルトを実装した場合、価格高騰が予想さるため今のうちに「Zaif」で仕込んでおくのをおすすめします。取引所の開設にも時間がかかるので注意が必要です。

いつ来るかわからないカタパルトの実装で価格が高騰する前に口座を揃えておきましょう。ただし仮想通貨の取引はすべて自己責任となります。

仮に0円になってもいいように、余剰金を使った取引で運用していきましょう。

関連記事