仮想通貨

仮想通貨はペーパーウォレットに?ペーパーウォレットが最強なワケ

ウォレットの選び方で保有する仮想通貨を失うことも

現在、保有する仮想通貨の保管場所として5種類のウォレットが存在します。

  • インターネット上に保管する「ウェブウォレット」
  • パソコン上に保管する「デスクトップウォレット」
  • スマートフォン上に保管する「モバイルウォレット」
  • 専用端末上に保管する「ハードウェアウォレット」
  • ペーパーウォレット

使い勝手の良さから、デスクトップウォレットやモバイルウォレットを利用する人が多いです。

しかし、コインチェックの仮想通貨流出事件から読み取れるように、インターネット上やオンラインに繋がった状態でウォレットに保管するリスクは非常に高いことが分かります。

つまり、上から3つはインターネットを介してハッキングされるリスクが高いということです。

一方でハードウェアウォレットはセキュリティ面では非常に優れたウォレットですが、専用端末の購入に1万~2万円がかかります。セキュリティのためとは言え、そこまでウォレットにお金をかけたくないと思う人も少なくないでしょう。

そこで、セキュリティ面の高さから最近注目を集めているペーパーウォレットについて探っていきます。

現在使用しているウォレットと比べて、どちらがセキュリティに優れているのか比較してみると良いでしょう。

そもそもペーパーウォレットとは何か

ペーパーウォレットとは読んで字の如く、紙ベースで保有する仮想通貨を保管することを指します。

紙でどうやって仮想通貨を保管することができるのか不思議に思われる人もいらっしゃることでしょう。

ペーパーウォレットの仕組みは仮想通貨の取引に欠かせない「アドレス」と「秘密鍵」を印刷することで、ハッキングのリスクから100%防ぐことが可能です。ハッカーはハッキングによって他人の「秘密鍵」を入手すし、仮想通貨を盗もうとします。

つまり、この「秘密鍵」さえハッカーに見つからない所に隠してしまえば、100%ハッキングのリスクを防げるという訳です。

では次に、ペーパーウォレットのメリットやデメリットを確認しておきましょう。

ペーパーウォレットにもあるメリットやデメリットとは?

ハッキングによるリスクを100%防ぐことができるペーパーウォレットにはメリットが存在するように、デメリットも存在します。

まずはメリットから見ていきましょう。

【ペーパーウォレットのメリット】
  • インターネットから切り離した状態で安全に仮想通貨を保管できる
  • 無料で利用できる
  • 誰でも簡単に作成できる

一方、ペーパーウォレットには紙ベース故のデメリットも存在します。

【ペーパーウォレットのデメリット】
  • 「秘密鍵」を他人に見られると盗難されるリスクがある
  • 紛失や破損による復元が不可能
  • インクの薄れや湿気、火気による破損の恐れがある

ペーパーウォレットを利用する際は、上記の点に注意しましょう。では次に、ペーパーウォレットの作り方を説明していきます。

ペーパーウォレットの作り方を指南

ここでは、ビットコインのペーパーウォレットの1つで、日本語対応している「bitaddress.org」による作り方をご紹介します。

ウォレットの多くは英語表記が主流ですが、「bitaddress.org」は日本語を含めた12ヵ国語に対応していることから、世界中で利用されていることに頷けます。

ではさっそく、手順を確認していきましょう。

手順1. bitaddress.org」の公式サイトを開き、画面下の「ZIP」をクリックし、ZIPファイルをダウンロードする

引用:https://www.bitaddress.org/bitaddress.org-v3.3.0-SHA256-dec17c07685e1870960903d8f58090475b25af946fe95a734f88408cef4aa194.html

手順2.インターネットの接続を切り、ZIPファイルを解凍後「bitaddress.org.html」を開く

手順3.画面上部にある「日本語」をクリックして日本語表示にする

引用:https://www.bitaddress.org/bitaddress.org-v3.3.0-SHA256-dec17c07685e1870960903d8f58090475b25af946fe95a734f88408cef4aa194.html

手順4.画面上の指示の通り、マウスを動かす、もしくは文字入力欄にランダムに打ち込む

引用:https://www.bitaddress.org/bitaddress.org-v3.3.0-SHA256-dec17c07685e1870960903d8f58090475b25af946fe95a734f88408cef4aa194.html

手順5.0%」表示から100%表示になると、自動で画面が切り替わり、「ビットコインアドレス」と「秘密鍵」がQRコードで表示される

手順6.画面を印刷すればペーパーウォレットの完成

あとはペーパーウォレットに保管したいビットコインをペーパーウォレットのビットコインアドレスに送金し、承認を待つだけでペーパーウォレットに保管が完了します。

bitaddress.org」を利用する際、面倒な会員登録の必要も料金もかからないので、ビットコインを保有している人におすすめのペーパーウォレットです。

ただ、ペーパーウォレットを作る際の注意点として、「bitaddress.org」にアクセスする前に必ず使用しているパソコンがウイルスに感染してないかどうかを確認しておきましょう。

また、セキュリティをより高めるためにも、ZIPファイルのダウンロード後は必ずインターネットの接続を切り、オフラインでの作業を行いましょう。

ビットコインのペーパーウォレットは他の使い道もある

ペーパーウォレットは保有するビットコインを紙ベースで保管することができますが、他にも使い道があります。

「ビットコインアドレス」と「秘密鍵」が印刷された紙は、保有するビットコインそのものです。つまり、小切手のように他人に手軽に譲渡することが可能なのです。

ただ、注意が必要なのは小切手のように目に見える形で保有するビットコインの数を確認できない点です。

ある程度、信頼関係を築いている相手との取引であれば、信頼関係の元でペーパーウォレットの譲渡を成立させることも可能です。

リップルの保管にもペーパーウォレットがおすすめ

下記の時価総額ランキングからも分かる通り、リップルはビットコインやイーサリアムに次いで人気が高く、送金や決済に特化している仮想通貨です。

引用:https://coinmarketcap.com/ja/

Googleがリップルに投資した世界的な大ニュースにより、さらにリップルを保有する人が増えたことでしょう。

そこで、大注目のリップルの保管におすすめのペーパーウォレットをご紹介しておきます。リップル専用のペーパーウォレットの1つに、「Ripple Paper Wallet」があります。

bitaddress.org」と同様に、会員登録もなければ無料でペーパーウォレットを作成できます。GitHub」と呼ばれるデータの保存や閲覧ができるサービスからZIPファイルをダウンロードして行います。

ZIPファイルをダウンロード後は、インターネットの接続を切ってオフラインで作業できる点がおすすめです。

ペーパーウォレットの復元には手数料が必要

ペーパーウォレットを復元、つまり、ペーパーウォレットに保管した仮想通貨を出金するためには、モバイルウォレットもしくはデスクトップウォレットが必要です。

QRコードを読み取ることができる専用アプリをダウンロードしておき、スマートフォンのカメラで「秘密鍵」のQRコードを読み取り、どちらかのウォレットに入金します。

ただ、ペーパーウォレットから仮想通貨を出金する場合、他のウォレットの送受金と同じで、手数料が必要になるので注意しておきましょう。

保管方法さえ間違わなければペーパーウォレットは最強のウォレットになる

保有する仮想通貨をハッキングのリスクから守るためには、オンラインではなくオフラインでの保管が必須です。

しかし、モバイルウォレットやデスクトップウォレットではインターネット接続をした状態で利用することも多く、100%安全とは言い切れません。

一方、ペーパーウォレットはインターネット接続から完全に切り離した状態で保管することができます。つまり、他人に見られたり、湿気や火気などで破損したりすることがなければ、最強のウォレットになるということです。

ハッキングの脅威から自分の資産を守るためにも、ペーパーウォレットを上手に活用しましょう。

関連記事