仮想通貨

コールドウォレットとは。仮想通貨を安全に管理するたった1つの方法

コインチェック事件後、注目が高まるコールドウォレット

国内の大手取引所「Coincheck」がハッキングされたことにより、Nem(ネム)が流出し、仮想通貨取引所のセキュリティが問題視されたことは記憶に新しいでしょう。

この事件はオンライン上で管理されたウォレット(ホットウォレット)での管理による脆弱性が原因となっておりました。

「ホットウォレット」とは、皆さんが普段使っている取引所のアプリなどのウォレットのことを指します。ホットウォレットはオンライン上で管理されているためハッキングのリスクが高く、上述した通り、コインチェック事件に関してもその脆弱性を突かれました。

その影響もあり、オフライン上の管理でより安全性の高い「コールドウォレット」の重要性が叫ばれています。

そこで今回は、所持している仮想通貨を安全に保管する「コールドウォレット」をご紹介したいと思います。

仮想通貨を安全に保管できるコールドウォレット

コールドウォレットとはオフライン状態でも仮想通貨を保管できるお財布を意味しています。

アクセスするには、特殊な”秘密の鍵”を使用しなければなりません。そのため紛失や不正アクセスを防止し、通貨が盗難される被害を無くします。

しかし秘密の鍵を盗難・紛失してしまうとコールドウォレット自体の意味をなさないので、秘密の鍵の保管は慎重に行いましょう。

また、あくまでも仮想通貨を保管するためのウォレットなので、支払いや運用するには別のウォレットが必要になってきます。

コールドウォレットには実は「ペーパーウォレット」「ハードウェアウォレット」の2種類があります。どちらもオフラインで使用するものなのですが、使い方は全く異なりますので、以下の項で詳しく見ていきましょう。

特殊な鍵を紙に書いたペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、名前に「ペーパー」と付いていることもあり、特殊鍵をご自身で紙に書いて保管するウォレットです。

仮想通貨を専用のウォレットに保管した際、秘密の鍵となるアドレスが出てきます。それを自分で印刷して、物理的に保管をします。

ウォレットにアクセスするためには、印刷された秘密の鍵が必要になります。

印刷されたシークレットキーがもしかしたら無くなってしまう不安になるところですが、何個でも簡単に秘密の鍵を無料で作ることができるので安心です。

この方法は仮想通貨を分散して保管したい人におすすめです。しかしながら、ペーパーウォレットは外部に送金するのに手間がかかります。そのため、一つの秘密鍵を送金したい相手に渡すことで、分散管理している通貨を渡すことができます。これにより送金面の手間をカバーしています。

このようにペーパーウォレットは仮想通貨を長期且つ分散して保管したい人向けにおすすめです。

ペーパーウォレットの注意点

入出金を頻繁にするのには、ペーパーウォレットは不向きです。ペーパーウォレットは鍵自体がわからなくなると、ウォレットにアクセスできなくなってしまいます。

すると今まで大切にしてきたすべての資産が水の泡となっています。なので、ペーパーウォレットにて保管を始める前に注意点を理解しておきましょう。

紙の劣化

長期保管に優れたコールドウォレットですが、紙自体が劣化してしまうと秘密鍵がわからなくなってしまいます。資産家の中には大切に頑丈な金庫に入れて保存している人もいるほどです。

秘密鍵の誤字

紙に書いた際に誤字をしてしまったり、長期保管によりインクが薄くなって読めなくなってしまう可能性があります。この点も注意が必要です。予備として複数枚印刷しておいてもいいかもいいかもしれません。

ハードウェアに秘密鍵を保管するハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、名前の通りハードウェア(周辺機器)を用いて仮想通貨を安全に保管するウォレットです。

秘密鍵をハードウェア(周辺機器)に保管することで、ウォレットにアクセスするにはそのハードを接続する必要があります。

また入出金をする際に専用のアプリと連携することが可能になります。

そのため仮想通貨の取引を頻繁に行いたい人におすすめのウォレットになります。

ハードウェアウォレットの注意点

ハードウェア(周辺機器)自体が秘密鍵となっていますが機械なので劣化が生じるため、仮想通貨を長期保管するのに不向きです。こちらも保管を始める前に注意点を理解しておきましょう。

ハードウェア(周辺機器)の紛失

当然ですが、鍵自体を無くしてしまったらウォレットにアクセスすることが出来なくなってしまいます。USBメモリくらいの大きさなので、十分に注意が必要です。

ハードウェア(周辺機器)にお金かかる

マウスやスピーカーと同様ハードウェア(周辺機器)ですので、費用がかかってしまいます。国内では品薄のため、相場では1万円~3万円とかなり高額になってしまいます。

ハードウェア(周辺機器)の購入場所により信頼度が異なる

ハードウェア(周辺機器)を購入する場所により信頼度が異なります。正規代理店以外での購入は信頼度が低う、安いからと言ってオークションなどで購入すると秘密鍵を盗まれてしまうこともあります。購入は必ず正規代理店で行いましょう。

Ledger Nano Sで安心を手に。不注意でハマる落とし穴今一度仮想通貨の保管方法の見直しをそれほど仮想通貨の知識がない人でも報道で知る事となった、コインチェックのNEM不正送金事件...

コールドウォレットの仕組み

コールドウォレットは仮想通貨を安全に保管できるのは理解できたけど、どんな仕組みなのかが気になりますよね。

コールドウォレットは実は通常の銀行口座の仕組みとほぼ変わりません。通常の銀行口座では口座番号と暗証番号が一致しないと利用することができませんよね。

それと同様、コールドウォレットにも公開鍵と秘密鍵というものがあります。

一般的に使われている銀行口座で言う「口座番号」が「公開鍵」、「暗証番号」が「秘密鍵」になっています。

銀行口座での取引は第三者として「銀行」が介しています。

仮想通貨の取引の場合、ブロックチェーン技術という第三者を介さないで取引ができる仕組みを採用しています。

ただしブロックチェーンの技術を利用するにはネットワーク環境が必要になります。ネットワーク環境がある以上、外部からの攻撃を受ける可能性があるということです。

そこでコールドウォレットを利用すると、公開鍵と秘密鍵の組み合わせがあるのでオフライン環境でも仮想通貨の保管ができるようになります。

要するに仮想通貨をオンライン上で取引をした後、オフライン環境に移行して保管をすれば外部からの攻撃を全く受けない環境が作れるというわけです。

現在の国内取引所では「Zaif」「bit Flyer」「bit bank」など、ほぼ全ての取引所で採用されています。

おすすめのコールドウォレット

ここでは筆者がオススメのペーパーウォレットとハードウェアウォレットをそれぞれご紹介します。

ペーパーウォレットならbitaddress.org

bitaddress.org12カ国の言語に対応しています。

ペーパーウォレットの長所でもある簡単且つ無料で複数の秘密鍵を作ることができるので、利用しやすいです。

もちろん印刷もできますので紙に書く際に誤字をすることなく、安全に保管するおとができます。またネットにも情報が多く流通しているので、操作で迷うことはありません。

https://goo.gl/w9bcnX

ハードウェアウォレットならTrezor

TrezorUSBPCに接続して2つのボタンの簡単な操作だけで、PCから仮想通貨を移すことができます。

またハードウェアウォレットなので破損や損失の心配がありますが、Trezor24のパスフレーズが発行されています。

そのため、万が一の事態が起きてもビットコインを復元することが可能です。ビットコインやイーサリアムなど初心者が買いやすい銘柄を保管できるので、仮想通貨を購入したての方にはTrezorがおすすめです。

https://finte-x.jp/wp-admin/post.php?post=2997&action=edit

おすすめのコールドウォレット【ビットコイン編】

ビットコインは知名度が一番高く、国内の取引所では必ず取り扱っています。また草コインの購入や店舗での支払いなど実用性がかなり高い通貨になので、取引回数が多くなってしまいます。

そのため通貨の出し入れがしやすい「ハードウェアウォレット」にて保管することをおすすめします。

なかでもTrezorはボタンのみで操作ができるほど簡単です。機能性も良く、使いやすいのでおすすめのハードウェアウォレットです。

おすすめのコールドウォレット【リップル編】

リップルは送金システムを繋げるプロジェクトのために誕生した仮想通貨です。このプロジェクトがさらに飛躍するとリップルの単価は一気に上がることが予想されます。

ですので、ウォレットにずっと保管するガチホ(ガチホールド)が得策になります。そうなると「ペーパーウォレット」に長期保管がおすすめです。

なかでもGithubは利用者が多く、長期保有者に適しているペーパーウォレットです。リップルを保管する際にはぜひ活用してみてください。

コールドウォレットを上手く活用しよう

普段WEB上のホットウォレットだけで管理していると、ハッキングによる外部からの攻撃を受けてしまう可能性があります。

ですがコールドウォレットを効率よく利用することで、大切な資産をしっかり守ることができます。ハッキングされて、大切な仮想通貨を失ってから嘆くのはハッキリ言って遅すぎます。

その前に自分自身で守れるようこの機会にコールドウォレットを導入してみてはいかがですか?

関連記事