仮想通貨

【仮想通貨】国内・海外のおすすめ取引所ランキングTOP5

仮想通貨で重要となる「取引所」

昨今、仮想通貨取引が盛んになり、筆者もよく「どの通貨があがるのか」といった質問を受けます。いつも疑問に思うのですが、仮想通貨取引を始めようとされる方は、皆さん銘柄ばかりを気にして、意外と取引所を比較していません。

仮想通貨取引をされたことがない方は、どこも同じようなものと思われるかもしれません。実際、取引手数料だって0.0数%くらいしか変わりません。

ただ、小さな手数料の差も積もり積もれば大金になりますし、取引量や販売されている仮想通貨の種類が乏しい取引所では、「売りたいのに売れない。」「欲しい種類の仮想通貨が売られていない。」ということも多いのです。

そのため、取引所の選択も投資対象の選択と同じくらい重要です。そこで、今回は新しく仮想通貨取引を始める初心者の方を対象に、取引所の選択に必要な基本的な知識とおすすめの取引所をランキング形式で発表していきます。

そもそも取引所とは

一般に「仮想通貨の取引所」というと、大きく二つの種類があります。一つは販売所、もう一つは取引所です。この販売所と取引所をまとめて取引所と呼ぶことが一般的です。つまり広義の取引所と狭義の取引所が存在しているといえます。

取引所は大きく二種類に分けられることを理解していない方も多いようで、実際、まとめサイト等でも、販売所と取引所を区別せずに紹介していることが多いです。ただ、この点を明確に区別しないと、後で確実に混乱します。

そのため、本稿では広義の意味での取引所という言葉を使用しません。つまり、おすすめの販売所を紹介する際は、必ず販売所という言葉を使って紹介し、明確にこの二つを区別して説明していきます。

取引所と販売所の違い

取引所と販売所は取引相手が異なります。販売所では、bitFlyerZaif等の仮想通貨販売所が取引の相手になります。対して、取引所では、登録している一般のユーザー間で取引が行われるのです。

販売所では、あらかじめ売値と買値が決まっていますが、取引所ではユーザー間で価格の交渉が行われるため、より自由度が高く、手数料等も安く抑えられる傾向にあります。

おすすめの仮想通貨取引所ランキングTOP5

現在では、数多くの取引所や販売所があり、選択に戸惑う方も多いでしょう。選択の基準としては、手数料、取り扱っている銘柄数、取引量といった前述した要素に加え、取引所自体の信頼性やレバレッジなどが挙げられます。

レバレッジとは、テコの原理を意味し、小さな力を大きな力に変えることです。投資においては、分かりやすくいうと借金のようなものです。

例えば、元手が100円で、レバレッジが十倍の取引を行うとします。そうすると、100ではなく1,000円を投資したとみなされます。これを利用すれば、少ない資金でも大金を手にする可能性が生まれるのです。

筆者は、あまりレバレッジ取引に魅力を感じないため、今回のランキングでは重視していませんが、小さな資金で大勝負をかけたい人は高いレバレッジが認められている取引所を選びましょう。

また、仮想通貨取引所に口座を作る際は、リスクを分散させるため、複数の取引所を利用するのがおすすめです。一つの取引所で全ての取引を行ってしまうと、取引所のセキュリティー問題で資産が凍結してしまうといったリスクが大きくなり過ぎてしまいます。

そのため、なるべく一つの取引所に取引を集中させないようにして下さい。初心者の方であれば、初めは三つくらいの取引所を利用すると良いでしょう。

第1位:Binance

おすすめの仮想通貨取引所、第一位はBinanceです。上海に本所在地をもつ販売所兼取引所なのですが、昨年度末から急速に規模を拡大し、今では世界屈指の規模を誇ります。最大の魅力は、その取引量の多さで、国内の取引所と比較すると、かなりスムーズに取引が決まります。

また、取り扱っている仮想通貨の種類も豊富で、現時点で百近い銘柄を取り扱っており、今後も増加していくと見込まれます。国内の取引市場がせいぜい十数種類であることを考慮すると、驚異的と言えるでしょう。

気になる手数料も0.1%と低く、Binance発行のBNBコインを保有していれば、さらに0.05%まで手数料を下げられます。取引のしやすさ、銘柄の多さ、手数料、全ての点で優秀なおすすめの取引所です。

ただ、難点としては、中国にあるということでしょう。中国産業界に杜撰なイメージを持っている方も多いでしょうし、筆者も最近まで、その点が気になり口座の開設を躊躇していました。

しかし、イメージだけで敬遠するのはもったいない取引所です。実際、世界中から口座開設が相次ぎ、定期的に口座開設の受付を停止するほどの人気ぶりです。また、英語に苦手意識がある方でも、日本語での表示に対応している取引所なので、心配は無用です。

Binance(バイナンス)取引所の特徴や登録方法。閉鎖リスクはあるのか?Binanceという仮想通貨取引所をご存知ですか?引用:https://www.binance.com/日本ではbi...

第2位:Zaif

引用:https://qiita.com/organizations/techbureau

第二位は国内の仮想通貨販売所兼取引所のZaifです。Zaifの最大の魅力は、ビットコインの取引手数料がマイナスである点です。手数料がマイナスということは、ビットコインを取引すれば、取引所からお金がもらえるということです。

不思議な感じがするかもしれませんが、他の銘柄の手数料を考慮すれば、十分取引所は利益を確保できるので、話題のビットコインを初めやすくすることで、取引参加者を増やそうという狙いなのでしょう。

ビットコイン以外の手数料は、銘柄や取引量によって変わりますが、最大でも0.1%と他の取引所と比較しても決して高くはありません。毎月自動積立制度などもあり、長期的・安定的に資産を増やしていきたい方や、ビットコインを始めようという方にはピッタリの取引所です。

Zaif(ザイフ)の評判は?使い方や登録方法、手数料を徹底解説ホリエモンも注目する仮想通貨取引所「Zaif」出典:https://corp.zaif.jp/「Zaif(ザイフ)」とい...

第3位:bitFlyer

引用:https://bitflyer.com/ja-jp/

第三位は、国内最大の取引量を誇るbitFlyerです。bitFlyerも販売所と取引所の機能を兼えています。メリットとしては、やはり取引量の多さは魅力的です。また、不正ログインや仮想通貨の紛失といった仮想通貨特有の危険性について、手厚い保証制度が設けられています。

「二段階認証登録」「金額や預り金によっては、一部保証外」など多少の制約はあるものの、不正な被害にあった際に保証してもらえるのは安心ですね。

ただ、手数料は最大で0.15%と他の取引所と比べて高く、取り扱っている仮想通貨も7種類と正直少ないです。

安全性に力を入れており、取引量も多く信頼できる取引所ですが、手数料や銘柄数という決定的な弱みをもっているので、筆者は利用していません。とはいえ、安全性とビットコイン取引を重視される方が多いので、客観的に見てこの順位にしておきました。

ビットフライヤー(bitFlyer)の使い方や手数料・入金・出金を解説国内大手の仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)仮想通貨へ投資する際には「仮想通貨取引所」を利用する必要がありますが...

第4位:DMM Bitcoin

引用:https://bitcoin.dmm.com/

第四位は、DMMが管理している仮想通貨販売所のDMM Bitcoinです。この販売所の魅力は、あらゆる手数料が無料であるという点です。

現物取引、レバレッジ取引、日本円の入金手数料、日本円の出金手数料と、基本的な手数料が軒並み無料となっています。キャンペーン期間限定や特定の銘柄のみ手数料を無料化している取引所は少なくないですが、DMM Bitocoinほど手数料無料を徹底している販売所はないでしょう。

DMM Bitcoinへの口座開設がおすすめ。レバレッジFXや手数料も解説DMMビットコインはおすすめ取引所出典:https://bitcoin.dmm.com/ 2018年に入って早々に約5...

第5位:bitbank

引用:https://bitcoinbank.co.jp/2017/07/340

第五位は、bitbankという取引所です。この取引所は、現在キャンペーン中で、売り手・買い手ともに、20186月末まで手数料が無料です。

また、レバレッジが最大20倍まで認められていて、低い手数料で安定した取引をしたい方や、高いレバレッジでの取引を望む方まで、非常に守備範囲の広い取引所です。

ビットバンク(bitbank)の評判は?手数料やその使い方を調査国内の仮想通貨取引所「bitbank」出典:https://bitbank.cc/ ビットコイン(Bitcoin)やイーサ...

自身に合った取引所を

今回のおすすめランキングは、あくまでも主観的なもので、「初めて仮想通貨取引を行う人」を対象としたランキングです。初心者の方でも取引しやすく、恩恵を得られやすい取引所を選んでみました。

最後に、今回のランキングと各取引所・販売所のメリットとデメリットを表にまとめたので、内容のおさらいにお役立て下さい。

関連記事