仮想通貨

仮想通貨siacoin(シアコイン)の将来性と取引所一覧

注目を浴びる「シアコイン」

2018年は、現在はまだまだ価格が低い新気鋭のコインである「草コイン」に注目が集まっています。草コインはリスクもありますが、手軽に買うことができ、しかも価格が100倍以上に上昇することもある非常に夢のあるコインです。

本記事でクローズアップする草コイン「siacoin」はブロックチェーン技術の新たな可能性を示した「分散型ストレージ」を提唱しており、今後大躍進する可能性を秘めています。

siacoinとは?仮想通貨を利用したクラウドソージングの概要

仮想通貨の根幹の技術であるブロックチェーン、ビットコインを始めとする多くの仮想通貨では売買の記録にこのシステムを利用しています。しかし、ブロックチェーンの技術は本来はそれだけではなくもっと幅広く応用できるものであり、それを体現するのがsiacoinなのです。

siacoinはsia(シア)という「クラウドソージングサービス」で流通する通貨として発行されています。このsiaはブロックチェーン技術を応用した「分散型ストレージ」というスタイルの新しいクラウドソージングサービスです。

クラウドソージングの利点と問題点

もう既に確立された技術であるクラウドソージングサービスは、言ってしまえばインターネット上に巨大な倉庫を作り、不特定多数の人々で共有してデータ保存などに使用するものです。

これにより、データ保存に自分のパソコンの容量を割く必要がなくなり、容量の小さいパソコンでも大量のデータを外付けHDなしに保存することが可能となりました。

しかし、それによるプライバシーの問題も生じてきます。従来のクラウドソージングのシステムではまずそのシステムの運営側には保存してあるデータが丸裸になってしまいます。そういった問題を解決するのが分散型ストレージです。

分散型ストレージとは

従来のクラウドソージングは、インターネット上に形成した巨大な一つの倉庫に情報を集めて管理していました。分散型ストレージは読んで字のごとく「分散したスペースを共有するシステム」です。

具体的には、まず利用者のPCにある空きスペースを「借りて」それを共有型のストレージとして使用するというものです。イメージとしては一軒家の一室を店舗用のテナントとして貸し出すといったところでしょう。

このようなシステムを可能にしたのがブロックチェーンシステムです。これにより、運営側にも利用者のプライバシーを覗くことは不可能となり、運営コストも大幅に削減できました。

siacoinが買える取引所一覧

siacoinが買える取引所は現在のところ、海外の取引所に限られています。そして、その一覧が以下でございます。

  • Bittrex
  • HitBTC
  • Poloniex
  • Upbit

上記の取引所で最も手数料が安いのがHitBTCなので、取引コストを抑えたいならHitBTCでの購入をオススメしますが、個人的にはBittrexを推します。

Bittrexがオススメな理由

取引手数料は上記の中では比較的高めですが、しかしBittrexはsiacoinの取引高が業界1であり、それだけ値動きも期待できると言えます。

さらに、siacoinの他にもマイナーな仮想通貨を多く取り扱っていることでも有名な取引所でもあり、掘り出し物を見つられる可能性も高いです。より大きな利益を狙うならBittrexがオススメです。

siacoinwallet(シアコインウォレット)の作り方

siacoinを保管する専用ウォレットは公式HPから簡単に作成できます。ただ、インターフェイスが英語なのでわかりずらいところもあるかと思いますので、簡単に手順を紹介しておきます。

  1. 公式HPの真ん中あたりにある「Get Started」をクリック
  2. 「Sia UI」という項目にWindows、macOS、Linuxの3つの選択肢がありますので、自身のPC  に当てはまるものをクリックするとダウンロードできます。
  3. ダウンロードしたファイルを開き、ページ左側にある「Wallet」をクリックし「Create a new wallet」をクリックします。
  4. 「Seed」と「Password」というウィンドウが開きますので、自身で設定し必ず控えておきましょう。
  5. 再度「Seed」と「Password」を入力するウィンドウが開きますので、先程設定したものを正確に入力し「Confirm」をクリック。
  6. そして今度は「Password」のみを入力する画面が登場するので、もう一度入力したのちに「Unlock」をクリックしダウンロード完了です。

基本的には実際に使用する意図がなければ、ウォレットが無くても取引所で保管できます。しかしそれには、昨年末のコインチェックの流出事件でわかるように盗難のリスクがあります。

もし同じことが起こったら、きちんと返金してもらえるかどうかもわかりません。なので、多少面倒でもウォレットをきちんと作成し、自身で管理するべきでしょう。

siacoinをマイニングするには

仮想通貨特有の概念であるマイニング(採掘)は、うまくいけば無料で仮想通貨が手にはいるものです。ビットコインなどのメジャー級のコインはもうマイニングチャンスは宝くじ並みの確率となっていますが、siacoinのような発展途上のコインにはまだチャンスがあります。

しかし、それでもマインングには高額な専用機器や専門的な知識を要したりと、まだまだ一般ユーザーには敷居が高いと言えます。しかし、siacoinは簡単に手にはいる手法があるんです。

レンタル料としてsiacoinがもらえる

前述の通りsiaは利用者の空きストレージを利用して、共有スペースとします。なので当然ながらストレージを貸し出した人には、レンタル料が支払われます。そのレンタル料がsiacoinなのです。

厳密にはマイニングとは違いますが、siacoinをノーリスクで手に入れることができるという意味ではマイニング以上にお得と言えます。

Mainargateを使って本格的にマイニング

基本的に一般的なマイニングはCUIというインターフェイスを使用します。よく映画などで、ハッカーが使用するパソコンの画面に、黒地に白い文字がひたすら羅列されているシーンがありますよね?それがCUIで、正直それなりに勉強しないと全く意味がわからないものです。

一般的に使用されているパソコンの画面はGUIと呼ばれているもので、MainargateはGUIでマイニングを可能にするソフトウェアです。むろん、CUIを使った超本格マイニングには劣りますが、それでも手軽にマイニングができる唯一の手段と言えるでしょう。

siacoinの将来性を占う。今後はライバルとの争いに注目

siacoinは新しいクラウドソージングの形を作り、ブロックチェーン技術の可能性を示したコインと言えるでしょう。その技術が革新的であることは2017年当初が0.02円程度であった価格が半年程度でを100倍の2円まで上昇したことが証明しています。

つまりは、技術的にはかなり有望であり、投資対象としては草コインの中でもトップクラスと言えるでしょう。そして今後注目すべきなのは「競争」です。

siacoinはStorjに勝てるのか?

siacoinとよく似たコインであるStorjというコインの存在です。同じくクラウドソージングサービスを提供するコインであるのですが、これがsiacoinの競争相手となっています。

しかし、技術的にはsiacoinの方が優れていること、企業向けであるsiacoinの方が大口顧客を捕まえる可能性が高いことなどから鑑みるとsiacoinの方が将来的価値は有望と言えるでしょう。

siacoinに投資するなら、今後はStorjの価格推移にも着目し、どちらの方が優勢であるかチェックしていくことも重要であると思います。

草コインを見極めるポイントは「技術力」

siacoinのような発展途上の草コインの価値を見極めるポイントとして重要なのが「技術力」です。技術力というと少し小難しい印象を与えるかもしれませんが、要は「将来的に世の中の役に立つか?」ということです。

そういった意味ではsiacoinの技術はすでに利便性を証明しているクラウドソージングという分野で、その弱点に切り込んだ革新的なものであり、潜在的な価値があるコインだと言えます。

特に、大手企業などは機密情報を扱うことも多く、そういったものを管理するのに膨大なコストをかけている所もあります。

そのような企業にとってセキュリティが向上したクラウドソージングは、注目せざる得ないものと言えるでしょう。

関連記事