仮想通貨

仮想通貨Zcash(ZEC)とは。取引所一覧とおすすめのウォレット

2018年にブレイクする本物のコイン

ビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)をはじめとする仮想通貨取引への人気が高まるなか、有名な仮想通貨だけでなく、比較的知名度の低い仮想通貨に投資しようとの動きがあります。

というのも、ビットコインやイーサリアムは今や高額な金融商品であるため、これから投資をはじめようという人には手が出しにくい現状があるからです。

現状ではそれらに比べて価格の低いアルトコインに投資することで、将来の値上がり時に大きな差益を獲得しようというわけです。このような動向の昨今、ジーキャッシュ(Zcash)という仮想通貨の人気が高まっています。

その理由の一つとして、Zcashについては値上がりの好材料となるニュースが多いことが挙げられます。そこで、この記事では2018年以降も様々な動きがあるZcashについて特集します。

Zcashの技術にJPモルガンが注目、時価総額にも影響か

Zcashが仮想通貨の未来を背負うと期待されるのには、確固とした根拠があります。

かつて、JPモルガンCEOのダイモン氏は「ビットコインは詐欺だ」と発言しており、他の世界的金融機関以上に仮想通貨に対して消極的な態度を示していました。

しかし、そのJPモルガンは、実はZcashのブロックチェーン技術を採用しており、Zcashの技術面については高い評価を下しているのです。

ゼロ知識証明(Zk-Snark)

Zcashの匿名送金は、暗号学のゼロ知識証明という理論をもとにした、Zk-SNARKプロトコルによってなされており、要約すると

「内容を伝えないである事実が真実であるということを知識がゼロでも証明できる」

という手法です。

誰が誰にいくら送ったかを第三者に明かさなくても、送金トランザクションの正当性が証明できることがZcashとビットコインとの大きな違いです。

Zcashはゼロ知識証明を採用し、取引する仮想通貨の量を非公開の状態で決済することが可能のため、取引の追跡を不可能にしています。

シールドアドレス(shielded address)

Zcashのアドレスには

  • tで始まるトランザクションアドレス(transparent address)
  • zで始まるシールドアドレス(shielded address)

の2種類があります。

トランザクションアドレスはビットコインのアドレスと同様に残高が公開されるアドレスとして機能し、シールドアドレスでは残高が公開されません。

エクイハッシュ(Equihash)

Zcashはエクイハッシュ(Equihash)と呼ばれるマイニングアルゴリズムを採用しており、このアルゴリズムは、ASICを使ったマイニングができないため、ひと握りのマイナーに影響力を持たず、中央集権を防ぐのに役立っています。

このような値上がり要因があっては、Zcashの時価総額への影響も必至です。事実、JPモルガンがこの発表をした2017522日、Zcashは大幅に値を上げ、24日には日本円で28,545円の高値をつけました。

2018年以後の仮想通貨時価総額ランキングでは、Zcashのさらなる追い上げが見られそうです。

Zcashを取り扱う取引所一覧

仮想通貨であるZcashを購入するには、仮想通貨取引所に口座を開設し、アカウントを取得しておく必要があります。この際、仮想通貨取引所は個々に取扱う仮想通貨の種類が異なる点に注意しなければなりません。

例えば、日本の取引所としてはビットフライヤー(bitFlyer)やザイフ(Zaif)が有名ですが、この2つの取引所をみるだけでも、取り扱われている仮想通貨の種類が全く異なるのが分かるはずです。

そこで、以下、Zcashを取り扱っている仮想通貨取引所をピックアップしました。Zcashを購入するにあたっては、これらの取引所に口座を開設しておきましょう。

Bitfinex(ビットフィネックス)
公式サイトURL:https://www.bitfinex.com/

Bithumb(ビッサム)
公式サイトURL:https://www.bithumb.com/

Binance(バイナンス)
公式サイトURL:https://www.binance.com/

Bittrex(ビットトレックス)
公式サイトURL:https://bittrex.com/

HitBTC(ヒットビーティーシー)
公式サイトURL:https://hitbtc.com/

Kraken(クラーケン)
公式サイトURL:https://www.kraken.com/ja-jp

Poloniex(ポロニエックス)
公式サイトURL:https://poloniex.com/

Zcashの管理におすすめのウォレット3

ところで、仮想通貨をお持ちの皆さんにとっては、所有している仮想通貨をいかに安全に管理するかは大きな関心事のはずです。

マウントゴックス事件やコインチェック社のNEM喪失事件をはじめとして、仮想通貨については取引所内の顧客資産が盗まれたり喪失したりする事件が実際に起こっており、セキュリティ対策には細心の注意が払われなければなりません。

これは最早、ユーザーが主体的に行わなければならない喫緊の課題であり、仮想通貨の管理を取引所のウォレットに頼るのは決しておすすめできません。

そこで、以下、Zcashの管理にもおすすめな仮想通貨ウォレットを3つ厳選して紹介します。

Ledger Nano S


Ledger Nano S」は仮想通貨を管理できる携帯式のハードウェア型ウォレットです。

ハードウェア型のウォレットは、パソコンに接続させた状態で専用アプリを起動させなければ仮想通貨を扱うことができないため、セキュリティ面で高い信頼性があります。

Ledger Nano S」は、一般に利用する分には、携帯用ゲーム機のカセットソフトをイメージしていただければ良いです。

ただ、カセットソフトと異なるのは、万一破損したり水没させたりしても、新しく購入してパスワードを入力すれば保管していた仮想通貨に再びアクセスできる点です。

このように、非常に高いセキュリティを誇りながらも、柔軟性も兼ね備えた「Ledger Nano S」は、仮想通貨の管理におすすめです。なお、「Ledger Nano S」はビットコインを含め、11種類の仮想通貨を保管できます。

Ledger Nano S」公式サイト:https://www.ledgerwallet.com/

TREZOR


Ledger Nano S」と比較されることの多いハードウェアウォレットが「TREZOR」です。

外観の違いこそ見受けられるものの、「Ledger Nano S」も「TREZOR」も、USBメモリータイプのハードウェアウォレットとしては機能面でそれほど大きな差異はありません。

ただし、気をつけなければならないのは、管理できる仮想通貨の種類が異なる点です。

Ledger Nano S」がビットコインを含め11種類の仮想通貨を保管できるのに対して、「TREZOR」が保管できる仮想通貨は現在7種類です。

Zcashはどちらでも管理できますが、他の仮想通貨の管理もお考えの方は、ハードウェアウォレットの購入前に管理できる種類をリサーチしておくべきです。

TREZOR」公式サイト:https://shop.trezor.io/

Jaxx


Ledger Nano S」と「TREZOR」に続いておすすめなウォレットが「Jaxx」です。

Jaxx」のアドバンテージは、管理できる仮想通貨の種類の豊富さが圧倒的なところにあります。

いくらハードウェアウォレットが安全とはいえ、ウォレットが増えて個々の仮想通貨の保存先が分からなくなるのでは意味がありません。

その点、「Jaxx」はビットコインやイーサリアムはもちろんのこと、マイナーなアルトコインを含む数十種類の仮想通貨を管理することができ、仮想通貨のスマートな一元管理が可能です。

Zcashなどアルトコインを多くお持ちの方には、ウォレットとしてこの「Jaxx」もおすすめです。

Jax」公式サイト:https://jaxx.io/

Zcashのマイニングも視野に

さて、仮想通貨には「マイニング」なる概念があり、仮想通貨投資歴が長くなってくるにつれ、マイニングのことを考え始めるものです。

マイニングとは、簡単に言えば、一般的な通貨同士の取引以外の方法で仮想通貨を手に入れることです。

マイニングを行うには複数のツールが必要であり、かつ決して専門的という程ではないもののアルゴリズムについても多少の理解が求められます。

このように、初級者や中級者の方が手を出しにくいマイニングですが、上級者へのステップアップという観点からすれば、マイニングの理解はあった方が良いに違いありません。

Zcashをお持ちの方あるいはZcashを購入する予定のある方は、将来的にはマイニングのほうにもリサーチの手を広げてみると良いでしょう。

Zcashがローンチ直後に暴落した本当の原因は何か

仮想通貨に投資をするにあたって、最大の懸念となるのが、暴落の可能性です。せっかく利益を狙って投資をしても、投資対象が暴落したのではまるで意味がありません。

世界経済における地位が高まっているとはいえ、仮想通貨の地位は未だ確立されているとは言えず、事実、ほとんどの仮想通貨が暴落を経験しているため、取引にあたっては時期の見極めが重要です。

Zcash2016年のローンチ直後の数日間で大暴落を経験しました。具体的には、ローンチ翌日の20161029日には5,285ドルという驚異的な伸びを見せた一方、その翌日には871ドルまで急落し、1031日には最高時のおよそ10分の1520ドルにまで値を下げました。

この大暴落の本当の原因については、ローンチ直後に多くのユーザーが利確、つまり購入してすぐに売却をしたからだという説が有力です。

このように、時に暴落の危険も孕む仮想通貨投資にあたっては、購入と売却の時期の判断は極めて慎重に行わなければなりません。

Zcashに将来性はあるか、注目の最新ニュース3

記事をここまでご覧になってZcashへの関心が高まっている方であっても、それだけでZcashへの投資を決断するのはやや早計です。

仮想通貨を含む金融商品への投資にあたっては、チャートなどを駆使した定量的な分析に加えて、将来性を左右する最新情報などの定性的な事実の分析が不可欠です。

これはZcashにおいてもやはり同様で、特に2018年以降様々な変化が期待されるZcashについては、定量面でも定性面でも、情報をいち早く入手した上で客観的に分析することが肝要です。

そこで、以下、Zcashについて重要な情報の中から、最近特に注意してみておきたい3つのニュースを厳選しました。

20183月:Zcashが初のネットワークアップデートを発表


Zcashの成長材料となるニュースの一つに、ネットワークアップデートがあります。

今般Zcashが発表しているネットワークアップデートは、「Overwinter(オーバーウィンター)」と名付けられており、これにより、バージョンコントロール、アップデートのためのプロテクション、そして取引透明化機能などが実装されるようです。

デジタル通貨である仮想通貨においては、このようなアップデートが行われることがあり、性能の向上が通貨の値上がりを誘発します。

20182月:米投資会社が2025年までに約680万円になると予想


Zcashの将来性を期待できる好材料とみて間違いないのが、米投資会社グレイスケールインベストメンツによるZcashの値上がり予想です。

この投資会社によると、Zcash2025年までに約680万円にまで値を上げるとのことです。さらに、Zcashが将来的にビットコインやイーサリアムの補完的存在になるとして、Zcashのことを次世代を象徴するデジタル資産とまで評価しています。

Zcashがこのように高い評価を得たのは、Zcash特有の匿名性にあるとされています。

Zcashはビットコインやイーサリアムと共通点を持ちながらも、プライバシー保護という現代の要請に応える仮想通貨であり、賛否両論があった匿名性という性質も、今後は好材料として働いていくと見ることができそうです。

2017年:1年間で4回起こった大幅な価格高騰


暴落の危険も孕む仮想通貨ですが、一方で急激かつ大幅な価格高騰も起こり得ます。

事実、2017年の1年間だけで、Zcash4度の大幅な値上がりを見せました。

時系列で振り返ると、1回目の価格高騰は20175月から6月にかけて起こり、日本円でいえば、10,000円が45,000円近くにまで変わりました。

その後、値は下がり一旦は落ち着いたものの、8月下旬にはこの年2回目の高騰が起こり、25,000円が34,000円ほどにまで上がりました。

およそ1か月後の9月下旬には、19,000円が再び34,000円ほどにまで上がりました。そして、11月下旬の4度目の価格高騰では、24,000円が40,000円にまで上がりました。

Zcashが断続的な変化を見せているのは、Zcashに対する関心が高まっていることの裏付けでもあり、Zcashの値動きからはやはり目が離せません。

目が離せない仮想通貨「Zcash」

以上、この記事では、昨今アルトコインに注目が集まっていることを考慮して、2018年以降の値上がりが期待される仮想通貨Zcashにフォーカスしました。以下、記事のポイントを3つにまとめました。

Zcash購入にあたってはZcashを取扱う仮想通貨取引所で口座を開設する。
Zcashを含め仮想通貨は可能な限りハードウェアのウォレットで管理する。
・定量面と定性面との双方から正しい情報にアプローチし分析する。

仮想通貨としてはまだまだ他の有名コインに知名度の点で劣るZcashですが、有望なアルトコインの発掘に余念がない方にとっては、Zcashから目が離せないというのが正直な意見でしょう。

Zcashが値上がりしたときに差益を取り逃がさないためには、正しい情報をいち早く掴み、それを的確に分析する日頃の訓練は不可欠です。

関連記事