仮想通貨

仮想通貨セントラリティ(Centrality)とは?Dappsの未来と分散化された行く末

分散型アプリケーションプラットフォーム「セントラリティ」

2018年1月分散型アプリケーションのプラットフォームを構築する「セントラリティ(Centrality)」は即日6分完売となる見事なICOによる資金調達をして魅せました。

セントラリティは分散型アプリケーション「Dapps」のプラットフォームを構築する新しいモデルの仮想通貨です。

ビットコインが「通貨の分散」を提唱し、続いてイーサリアムが「プラットフォームの分散」を提唱しましたが、このセントラリティも同じように分散型の経済圏を創り出し新しい旋風を巻き起こすことができるのでしょうか。

Dappsの革新性とメリットとは

セントラリティは分散型アプリケーションDappsのプラットフォームであると述べましたが、ここで簡単にDappsの魅力や革新性について説明しておきます。

分散型アプリケーション(Decentralized Applications)Dappsとは、中央管理者を不在にして自律的に個人間で動き続ける自動オペレーションのアプリケーションです。

普通のアプリケーションとの違いは主に以下です。

・管理者が不在であること

・ソースが公開されていて誰でも開発に参加することができること

・独自トークンによって参加者全員にアプリケーションを活用するインセンティブが生まれること。

例えば、管理者がいる既存のアプリケーションではユーザー間で新たな開発はできませんし、情報や利益は中央管理者に集約されます。

しかしDappsの場合は管理者不在で誰でも価値向上の為に開発ができ、さらに独自のトークンによってその価値を高めるインセンティブが全員に付くのです。

そして、マイニングによって管理者が不在でも正常に動き続けるビットコインも実はDappsと呼ばれる類に入るものなのです。

このように、Dappsでは参加者全員がそのアプリケーション内のネットワークの価値を最大化することで全員にインセンティブのある設計となるのです。

Dappsの革新性は、アプリケーションの中でフラットな経済圏を作ることができることで、ユーザーもネットワーク価値の向上に貢献することでその恩恵を受けられるのがベネフィットなのです。

6分で売り切れたセントラリティのICO

さて、分散型アプリケーションプラットフォームを構築するセントラリティのICOですが、それはわずか6分で完売しました。

セントラリティがICOで発行した独自トークン「CENNZ」はなんとローンチと同時に8,000人が登録し、総額100億円を超える額が調達されたのです。

また、以前のプレセールでも4万ETH(約50億円)を集めており、総額では200億円程に及ぶでしょう。

このスピードと調達規模は言うまでもなく異例であり、かつ莫大な調達規模です。

そしてセントラリティのICOは「TGE」と呼ばれるトークン生成イベントでの売り出しでした。

TGEとは「Token Generating Event」の略で、ICOプロジェクトを調査機関が情報精査し、信頼できる銘柄を選定する、より信頼性の高いICOプロジェクトです。

そしてこのICOプロジェクトCentrality Platformですが、ニュージーランドを本拠地としており、ニュージーランド政府から研究助成金も受領していてその額は3年間で1,500万ドルにも及びます。

では、以下よりセントラリティのホワイトペーパーの内容に沿って具体的に解説していきます。

ホワイトペーパーから見るセントラリティの仕組み

セントラリティは独自でブロックチェーンを構築し、そのセントラリティ上のプラットフォームで様々な他の分散型アプリケーションを動かすことができる設計です。

つまり、セントラリティはDappsの技術基盤を提供して様々なDappsがセントラリティのプラットフォーム内で接続されるようになるのです。

セントラリティは「既に8つのアプリを市場に出して現在進行形で収益をあげている」とホワイトペーパーには記載されていますが、コストの削減やスケーリングの高速化などのソリューションを手掛けており、上場企業や主要な企業と協力したりブロックチェーン企業との戦略的パートナーシップも締結したりしています。

Dappsのプラットフォームを利用するメリットとは

このセントラリティのプラットフォーム内では、それぞれ異なったアプリが連携して様々なデータやユーザーを獲得することができます。

Dappsの開発者側のメリットとしては、一つのプラットフォームでDappsを開発する者同士の連携によるデータ共有やスマートコントラクトによる取引がスムーズにできるという点です。

根幹となるアプリのプラットフォームは運営元のセントラリティが注力するので、開発者は自身のサービスにフォーカスできるといったメリットもあります。

なお、ホワイトペーパーでは、以下の図のように私達の生活における10のシーンをDappsによって1つのグループにまとめ上げる構想がされています。

旅行や仕事、食べ物などありとあらゆるシーンでもアプリケーション一つでリソースを集中させようというものです。

現在の公開されている仮想通貨は1,000を超える種類があり、その分リソースが分散されてますが、これによって各プロジェクトで連携することでユーザー側も様々なアプリケーションを移りながら取引が可能になるメリットがあるのです。

アプリケーションを個別に登録しなくても良い

なお、もう一点ユーザー側のメリットがあり、セントラリティではアプリケーションストアから都度別々のアプリケーションをインストールする手間を省き、シームレスにログイン一つでたくさんのアプリケーションに接続できる構想も描いています。

確かに、筆者もスマートフォン上で都度別々のアプリケーションをインストールしたり別々に開いたり閉じたりすることに不便さを感じることがありました。

しかし、セントラリティでは別々にアプリを登録することが不要になりログイン一つで自動的に同期されるようになります。

セントラリティ(centrality)の「CENNZ」Tokenの概要

さて、では以上で説明したシステムをどうやって接続するのかという部分ですが、ここで登場するのが「CENNZ」トークンです。

イーサリアムベースの独自トークンであるCENNZによってユーザーやコンテンツ、そして企業がセントラリティのトークンエコノミーで共存することになります。

つまり異なる企業もお互いを信頼して共存するようになるのですが、CENZトークンはセントラリティへのアクセスの為に使用され、プラットフォーム内で流通する「燃料」となります。

なので、「プラットフォーム内で流通する通貨」というその特徴はイーサリアムと少し似ていると言えるでしょう。

なお、CENNZトークンのインセンティブ構造は以下です。

・セントラルプラットフォームへのアクセス権

・Dappsを所有する権利や他のDappsのサービスの提供を受けられる。

・発行者が割り当てるAirDropを受ける機会がある。

CENNZは毎月発行者にアクセスフィーを支払う必要があり、ホワイトペーパーにはAirDropを受けられる機会もあると記載されています。

それが確実であるとは言えませんが、それがCENZNZトークンを保有するインセンティブとなるのです。

セントラリティは暗号通貨によってDappsをグローバル化できるか

以上のように、このセントラリティは単純にアプリケーションを分散化させるだけではなく、そのプラットフォームに集まる異なる組織を連合させることができる革新的な仕組みなのです。

そして、今後は小規模なICOが増えてくると筆者は予想しています。

現在はわずか数日で何百億円だったり、数秒で何十億だったりと大規模なICOが目立ちますが、それも長続きはできないでしょう。

小さなICOがこのようなDappsプラットフォームで集結すれば、お互いの強みを活かした経済圏が作れるのではないでしょうか。

関連記事