仮想通貨

仮想通貨スピンドル(spindle)、渦中のコインの真相とICO情報

様々な物議を醸すスピンドルという仮想通貨

出展:https://spindle.zone/en/

仮想通貨に高い関心をお持ちの皆さんは、スピンドル(SPINDLE)という仮想通貨をご存知でしょうか。

昨今、仮想通貨の元祖とされるビットコイン(Bitcoin)以上にリップル(Ripple)やネム(NEM)などのアルトコインへの人気が高まっており、比較的知名度の低い仮想通貨に対しても、世間の関心が向くようになってきたと言えます。

このような現状のなか、アルトコインよりも更にマイナーな層にあたる「仮想通貨ICO」にも、一部の目が向けられるようになっています。仮想通貨ICOとは、上場前の資金調達段階にある仮想通貨の販売を意味しますが、あくまで取引所に上場する前の仮想通貨であるため、その購入にあたってはセキュリティ性だけでなく法規性の確認も含めた包括的な判断が必要です。

そんなICOの中でも、2017年に一際大きな波紋を呼んだのが、スピンドルです。2018年には大きな動きがあるかもしれないため、スピンドルからは目が離せないといっても過言ではありません。

そこで、この記事では様々な情報が錯綜するスピンドルについて噂の真相も解き明かしつつ、ICOの現状をお伝えします。

スピンドルとは?ガクトも宣伝するコインの真相


スピンドルという仮想通貨の固有名詞を耳にしたことはあっても、それがどのような仮想通貨であるのかについては詳しくは理解していない方がほとんどなのではないでしょうか。そのような方がスピンドルのことを知る糸口となるのが、歌手のガクトさんです。

ガクトさんが仮想通貨事業に関心を持っていること自体はネットのニュースなどで見聞きしたことのある方が多いでしょうが、その関心の矛先の仮想通貨こそ、このスピンドルに他ならないのです。

ガクトさんの登場により一気に知名度を上げたスピンドル、以下、スピンドルの基本情報を確認します。

そもそもスピンドルとはどのような仮想通貨なのか

スピンドルは「株式会社BLACKSTAR&CO.」が運営する仮想通貨で、「今までにない透明性と公平性を持つ投資・運用プラットフォーム」を目指しています。

スピンドルの通貨記号は「SPD」で、トークンの発行総量は10,000,000,000SPDと、かなり規模は大きいようです。

スピンドルのホワイトペーパーには「世界のすべての不正の状況に巻き込まれ苦しむ人々と、圧政により自由を奪われた人々、富を失った人々」という文言があり、ホワイトペーパーの内容からは社会的正義に対する強い認識が伺われます。

一方、スピンドルのホワイトペーパーには巨大金融機関など現在の社会支配層に対する懐疑心が見受けられるものの、スピンドル自体の仮想通貨としての技術的な特異性は見受けられません。

たとえばビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)やリップル(Ripple)など、仮想通貨は個々に特有の先進的テクノロジーを駆使していますが、スピンドルにはそれがなく、ホワイトペーパーでは現代の社会構造に消極的な姿勢を示しているだけのようにも思われます。

スピンドルとガクトとの関係に迫る

出展:https://spindle.zone/en/

スピンドルが歌手のガクトさんとの関係が深い仮想通貨であることはニュースなどでもよく知られている情報です。ガクトさんもスピンドル仮想通貨事業への参加を発表しており、ファンの間でも大きな話題を呼びました。

事実、ホワイトペーパーでスピンドル事業の関係者「メンバー及びアドバイザー」として記載されている中に「GAKUTO OSHIRO」の名前が存在することから、ガクトさんがスピンドルの関係者であることは間違いありません。

しかし、ガクトさんがスピンドル事業に関係しているのは事実であっても、事業の実行主体は「株式会社BLACKSTAR&CO.」がメインです。スピンドルに関心をお持ちの方も、この点には注意すべきでしょう。

ガクトさんのファンの方も、ガクトさんが現にスピンドル事業の関係者であるにしても、スピンドルへの投資とガクトさんの歌手活動を応援することとは全く別物であることを認識しておかなければなりません。

スピンドルを取り巻く現状とは

スピンドルに詳しくない人からすれば、スピンドルについては分かるようで分からない情報が多く広がっているようにも思えます。

その要因はやはり、スピンドルを取り巻く現状の不明瞭さにあるのではないでしょうか。スピンドルについての評判や意見を探してみると、なかなか肯定的な情報を得ることができません。

ネガティブ要素の一因としては、「株式会社BLACKSTAR&CO.」の宇田修一氏が過去に代表を務めた株式会社ドラグーンキャピタルで行政処分を受けていたことや、後述の違法マーケティング事件などが挙げられます。

2018年に入って早々、テレビCMも放映し順調の一途を辿っていたコインチェックで過去最大級の仮想通貨流出事件も勃発し、無名のアルトコインに向けられる視線がいっそう厳しくなるのは避けられません。

このように、スピンドルを取り巻く現状を考えなしに肯定的には捉えることはできないため、スピンドルへの投資にあたっては多方面からの情報分析が不可欠といえます。

スピンドル(SPINDLE)ICOロードマップを時系列でチェック

ところで、スピンドルは20183月現在、ICO段階にある仮想通貨です。

つまり、スピンドルの購入は仮想通貨取引所から行うことはできません。スピンドルを手に入れるためには、ICO期間中に公式な方法でトークンを購入しなければなりません。

そこで、事前情報として必要になってくるのが、スピンドルのICOスケジュールです。仮想通貨ICO事業への参加にあたっては、ICOの独自スケジュールを知っていなければなりません。

以下、ホワイトペーパー記載の情報を元にスピンドルのICOスケジュールを確認しておくことにし、ます。

201710月:プライベートプレセール(ICO)開始
201712月:WEBサイト及びホワイトペーパー公開
20181月:国内プライベートプレセール(ICO)終了
20184月:全世界向けクラウドセール開始
20185月以降:仮想通貨取引所への上場など

スピンドル上場時期はホワイトペーパーで見抜けるか


ホワイトペーパーに記載されているスピンドルのICOスケジュールを見ると、スピンドルは20185月に仮想通貨取引所に上場することが決定しているかのようにも思われます。

しかしながら、20183月現在ではスピンドルを仮想通貨として上場させる予定のある仮想通貨取引所がどこであるかについての情報を入手することはできず、上場が現実となるか否かは依然として不明なままです。

ICO段階にあるスピンドルのような仮想通貨は世界中に数え切れないほど多くありますが、ICOのスケジュールが遅延したり、中止になったりする事例は少なくありません。

ホワイトペーパーに記載されているからといって、それをそのまま信じていいということにはなりません。

スピンドルに仮想通貨としての期待をかけている方にとっては、スピンドルの上場は待ち遠しいものですが、取引所による公式発表がない以上、現状では20184月から始まる全世界向けクラウドセールの動向を注視していくしかありません。

スピンドルのプレセール(ICO)が中止?その経緯と真相とは

スピンドルについて調べていくと、スピンドルのプレセール(ICO)が中止になったとの情報に出くわすことがあります。

しかし、スピンドル事務局がTwitterで公式に発表しているように、スピンドルのICOが中止になったのではなく、中止になったのは関連プロジェクトである「ミッシングピースProject」です。

当初このプロジェクトによるスピンドルのプロモーションが行われていたものの、事務局との関係がないインターネットサイトでもプロモーションが行われていました。

そして、事務局はそれが詐欺グループによる違法なマーケティング活動であるとの結論に至り、プロジェクト自体を中止する決断をしたようです。

詐欺グループはガクトさんの名前も使うなどして巧妙に顧客を募っており、ガクトさんの肖像権を侵害するおそれも出てきたため、苦渋の決断を迫られたようです。

ただし、事務局も発言しているように、これはあくまでこのプロジェクトの中止ということであって、スピンドル事業自体が継続されている事実は誤認しないようにしましょう。

スピンドル(SPINDLE)の購入方法・買い方とは

スピンドル事業の継続は確認できても、スピンドルの購入はそうスムーズにいくものではありません。

というのも、20183月現在はスピンドル事業のICO期間ではないため、トークンを手に入れることが不可能だからです。現状では、やはり4月以降のクラウドセールに関する情報を逐次チェックするしかありません。

ただ、トークンの購入を考える方がICO再開に向けた事前準備としてできることが全くないわけではありません。

多くの仮想通貨ICOではビットコインかイーサリアムがあればICOに参加できるため、ビットコインとイーサリアムを持っていればスピンドルのICOにもスムーズに参加できると考えられるからです。特にイーサリアムはスピンドルとの互換性が高いため、スピンドルの購入を真剣にお考えの方は、スピンドル用のイーサリアムを備蓄しておくと良いでしょう。

未だに情報は錯綜している

以上、この記事は、仮想通貨ICOへの関心が高まっている現状を受けて、話題性の高い仮想通貨であるスピンドルにフォーカスしました。

2018年以降は、日本を含む世界中の金融機関が仮想通貨の核心技術であるブロックチェーンを本格的に導入すると発表しており、仮想通貨への関心が今以上に高まっていくのは必至です。

一方で、仮想通貨人気の波に乗って、詐欺を働こうとするグループが点在するのも事実であり、投資にあたっては情報の慎重な見極めが重要です。

スピンドルについても、いまだ情報が錯綜しており、何が本当に正しい情報なのかを見極めるのは容易ではありません。スピンドルを含めて、すべての仮想通貨への投資は自己責任で行わなければならないことをしっかり認識しましょう。

関連記事