ビットコイン

2018年の仮想通貨の行く末。注目の通貨と今後の予想

さらなる注目を浴びる仮想通貨

昨年のビットコインの価値急騰を受け、現在では仮想通貨への関心は極めて高いものになっています。実際、メディアでは2017年を「仮想通貨元年」と呼ぶのが一般的になっており、投資対象としての魅力はもはや説明不要でしょう。

専門家の中には、真の仮想通貨元年は2018年になるはずという声もあり、今後さらなる盛り上がりが予想されます。

そこで、今回は仮想通貨取引を始める初心者の方を対象に、おすすめの銘柄から、気にかけておくべきニュース、筆者による今後の予測をお伝え致します。

【2018年】おすすめの仮想通貨ランキングTOP5

紹介するランキングは、あくまで筆者の独断と偏見で決定したものです。また、スペースの都合上、細かい説明よりも初心者の方でもイメージを掴めるように、概要のみを紹介していきます。

第1位:イーサリアム(ETH)

2018年、最もおすすめできる銘柄はイーサリアムです。現在の価値でビットコインに次ぐイーサリアムは、知名度が高くなっている一方で、複雑な概念のために理解不足な方も多いようです。

まず、イーサリアムとはプラットフォーム型の仮想通貨と呼ばれるものです。簡単に言うとイーサリアムには2つの役割があると考えて下さい。

2つの役割とは、プラットフォームとしてのイーサリアムと仮想通貨としてのイーサリアムです。まず、この2つのイーサリアムを切り分けて理解する必要があります。

プラットフォームとしてのイーサリアム

プラットフォームとしてのイーサリアムとは、ビットコインなどの仮想通貨で使われているブロックチェーンの技術をアプリケーション等にも応用することを目的としてるプログラムです。

かみ砕いて説明すると、まず、ブロックチェーンとは複数の箇所に同じデータを保存し、その安全性を高めることです。結果、仮に1つのデータ保存場所で不正な改ざんが行われても、その他のデータと比較することで不正を見抜きます。つまり、ハッカーにしてみれば、世界中の無数のデータを同時に改ざんせねばなりません。

このブロックチェーンは、インターネットのように一つしか存在しないものではなく、様々な機関や開発者が独自のブロックチェーンを構築しています。ビットコインでは、取引記録に独自のブロックチェーンを利用し、取引記録の改ざんを非常に困難にすることで、その価値を担保しているのです。

対して、イーサリアムでは通貨の取引記録だけでなく、契約条件や備考内容までもブロックチェーン上に書き込んでしまいます。このために開発された独自の技術にスマートコントラストというものがあります。

スマートコントラストとは、自動で取引記録や契約の内容、重要文書の受け渡しまでもブロックチェーン上で行ってしまうというもので、イーサリアムの価値を高めている最大の要因です。これにより、取引機関や証明機関がなくとも安心して取引を行えるのです。

また、イーサリアムでは、ブロックチェーン上でアプリケーションを動作させることも可能です。データを改ざんされる危険性が低い状態でアプリケーションを公開したい方は多く、2018年は、イーサリアムを利用したアプリケーションが増えると見込まれます。

仮想通貨としてのイーサリアム

そして、このプラットフォームとしてのイーサリアムと密接に関わる形で、仮想通貨としてのイーサリアムが存在します。仮想通貨としてのイーサリアムはイーサとも呼ばれ、プラットフォームとしてのイーサリアムの手数料として徴収されることが決まっています。

つまり、前述したプラットフォームとしてのイーサリアムを利用するためには、仮想通貨のイーサリアムが必要となるため、プラットフォームとしてのイーサリアムの価値が認められれば、必然的に仮想通貨のイーサリアムの価値が上昇していくのです。

第2位:ウェーブス

第2位は、イーサリアムと同じくプラットフォーム型の仮想通貨であるウェーブスです。ウェーブスの魅力は、手数料が安いため、かなり手軽にウェーブスを利用してトークンを発行できることです。

実際、ウェーブスのプラットフォーム上で発行されたトークンは多く、ICOにウェーブスのプラットフォームを利用する企業も増えています。

また、ウェーブスではプラットフォーム上で法定通貨の取引も行えます。

第3位:ビットコイン

2017年の仮想通貨といえば、だれもがビットコインを思い浮かべるでしょう。ビットコインは世界最初の仮想通貨で、常に仮想通貨の顔としての役割を果たしてきました。

ただ、ビットコインの市場価値は既にピークに達しており、2018年のビットコインは、ローリスクローリターンな銘柄であるとの見方が強いです。しかし、筆者は決してローリターンな銘柄だとは考えていません。

なぜなら、ビットコインは既に仮想通貨の基軸通貨としての役割を果たしており、仮想通貨市場の盛り上がりに比例して、もう一段階値上がりすると予測します。

第4位:リップル

第三位は、リップル社の仮想通貨であるリップルです。既にメジャーな仮想通貨としての地位を確立した感のある通貨ですが、まだ伸びしろはあると思います。

Googleなどの国際的な大企業も投資対象としていますし、国内ではりそなやUFJSBIグループなど名だたる企業の後ろ盾もあり、下落の可能性は高くはありません。

なによりも、他を圧倒するスピーディーな送金システムの価値が、未だ過少評価されています。今後は徐々に市場がそれに気づくはずなので、比例してリップルの価値は上昇していくでしょう。

第5位:クオンタム

第四位は、クオンタムです。クオンタムは、イーサリアムと同じくスマートコントラストを採用してるだけでなく、ビットコインの強みであるUTXOという残高確認システムも兼ね備えています。

UTXOとは、送金データから未使用の仮想通貨の量を逆算する考え方で、保有者の機密性を高め、セキュリティを向上させることに繋がります。

イメージでいうと、クオンタムはビットコインとイーサリアムの長所を集めたような仮想通貨です。ただ、それゆえにビットコインとイーサリアムの影に隠れうると筆者は予測しています。

つまり、良いところどりなのでイメージはいいが、ユニークさに欠けるためナンバーワンにはなれない通貨だと考えています。そのため、この順位に落ち着きました。

2018年ここまでの仮想通貨3大ニュース

MUFGコインの一般公開

三菱東京UFJ銀行が、2018年度中にMUFGコインという仮想通貨の一般公開を公言しています。投資という観点から、MUFGコイン自体にはそれほどの魅力は感じません。

ただ、メガバンクが仮想通貨をリリースするという事実は、日本の仮想通貨市場に大きな影響を及ぼすでしょう。「なんとなく不安」「信頼感に欠ける」といった理由で、仮想通貨を評価していた人達が、一斉に仮想通貨取引所に押し寄せる可能性があります。

Binanceへの新規口座設立殺到

今年の初め、Binanceという中国の仮想通貨取引所に新規口座の設立が殺到し、一時受付を中断するということがありました。人気すぎて対応が追いつかないという異常事態だったということになります。

中国の取引所での話ですが、世界的な需要の増加が確認できます。国内にも優良な取引所は多いですが、今後は、仮想通貨取引所の国境は次第になくなっていくと筆者は予想しており、Binanceのような世界的な取引所の利用をおすすめします。

相次ぐ中央銀行による仮想通貨発行計画

昨年11月、ウルグアイの中央銀行が仮想通貨の発行を発表し、大きな話題となりました。通貨のディジタル化はもはや規定路線といえるでしょう。

今年に入ってからも、英国やアメリカなどが、しばしば仮想通貨発行の可能性をほのめかしており、最も意識しておくべきニュースの一つと言えるでしょう。

2018年の仮想通貨。AIとの共存

インターネットで仮想通貨と検索すると、かなりの確率で、AIを利用しての投資を勧めるサイトを見かけます。AIの予測をもとに投資対象の銘柄を決めるシステムや商材も多く、仮想通貨とAIの結びつきの強さを感じます。

ただ、筆者としては、AIを利用する投資をあまりおすすめしません。AIと聞くと、なんだかとても信頼できそうな気になりますが、AIはあくまでデータに基づいた情報を提供してくれるだけで、頼りすぎるのは危険だと感じます。

人間が完璧でないように、AIも決して完璧ではありません。筆者のまわりでも、AIによる自動取引システムなどAIに頼った投資を行い残念な結果に終わった方が多いです。

投資は、自分の感性と知識を使って行う方が面白いですし、上手くいく可能性も高いでしょう。

2018年の仮想通貨、今後の予想

今回の内容を最後に軽くおさらいしておきます。

  • プラットフォーム型の仮想通貨は、プラットフォームの価値に紐づいて価値が決まる。
  • 今年最もおすすめの仮想通貨は、イーサリアム。
  • ビットコインは、今年も上昇する可能性を秘めている。
  • 公的な機関も仮想通貨の価値を認め出しており、今後、市場に大きな影響を及ぼすことが予想される。
  • 取引所の国境は次第になくなり、海外の取引所の利用が必要になっていく可能性が高い

世界中の投資家の間で、2018年の投資対象として最も注目を集めるのはやはり仮想通貨です。昨年のビットコインの勢いを目の当たりにした以上、今年も仮想通貨の価値上昇や、新たな基軸通貨の誕生を予想する声は多いです。筆者も、2018年の投資は、仮想通貨を中心に行うべきだと感じています。

関連記事