仮想通貨

Dappsとは?仮想通貨を活用した分散型アプリケーションの未来

分散型となったアプリケーション「Dapps」

ビットコインを始め、あらゆる組織や機能は「分散型」へとシフトしています。

イーサリアムは分散型の概念を提唱して分散型プラットフォームを構築し、今や大半のICOのプラットフォームを築くようになりました。

そして、この分散化の概念がアプリケーションにも応用されています。それが分散型アプリケーション「Dapps」という概念です。

そんなDappsはどのような革新的技術なのか、そして今後私達にどのようなベネフィットを与えてくれるのかについてを、以下より解説していきます。

仮想通貨を応用したDappsの仕組みや特徴

分散型アプリケーションDapps(Decentralized Applications)とは、中央管理者を不在にして自律的に動き続けるブロックチェーンアプリケーションです。

今までのアプリケーションというものは中央集権型であり、例えばLINEやFacebookなどには必ず管理者がいます。そしてその管理主体がデータを一元管理するのですが、Dappsにはそもそも管理主体といったものがありません。

では、以下Dappsの特徴をわかりやすく解説する為に中央集権型のアプリケーションと並行して見ていきます。

Dappsはオープンソース

まず特徴の一つとして、Dappsはオープンソースです。中央集権型のアプリケーションの場合、オープンソースではないので、他の人が勝手に開発を進めることはできません。

しかし、Dappsの場合はソースが公開されているので皆で新しい開発をしてより良いものを創り上げることが可能なのです。

Dappsはトークンが流通する

Dappsではそのプラットフォーム内で流通するトークンが必ず存在します。これが、分散型のDappsを管理者不在で動かし続けるインセンティブになるのです。例えば、ビットコインもDappsであると言われています。

ビットコインが管理者不在で動き続けるのは、そのネットワーク価値の向上に貢献すれば、ビットコインの価値が上がり利益となるからです。

それと同じように、Dappsでもトークンを流通させることによってその価値の向上にそれぞれが貢献するインセンティブがつくのです。

収益が独占されなくなる

Dappsは、中央管理者に情報や富を集中させるようなことはありません。既存のアプリケーションの場合、広告料や課金によるマネタイズで管理者だけが儲かる仕組みでした。

しかし、Dappsの場合はそのような既得権益が消え、上述した通りネットワークの価値に貢献した人が最も収益を獲得することができます。

つまり、より市場原理が働くようになり個々のインセンティブを高めることができるのです。

このように、一部のIT企業が収益を独占することがなくなり、平等にチャンスが与えられるようになります。

イーサリアムによって応用されているDappsの事例

引用:https://www.etheremon.com/#/store

現在イーサリアムによってこのDappsのアプリケーションが日々生まれています。

主にゲームや取引所、予測市場などに応用されていますが、中でも「ゲーム」のDapps市場は最も熱狂を魅せています。

例えば、「Ethremon」はイーサリアムのネットワークを利用したDappsのゲームです。

ポケモンのようなモンスターが登場するのですが、自分が育てたモンスターをトークンを使ってレンタルしたり売却したりすることができます。

戦いに勝つとリワードでトークンを受け取れる設計にもされてあり、ゲーム内の通貨によって経済圏が成り立つ非常に革新的なゲームなのです。

Dappsによって創られる分散型取引所DEX

Dappsは中央集権型の取引所も中央集権不在の分散型として応用することができます。

分散型取引所についてですが、中央管理者不在の取引所のことを分散型取引所(Decentralized Exchange)DEXと呼びます。

国内の「bitflyer」のような既存の中央集権型の取引所ではデータを中央で管理しているのでハッキングのリスクや倒産によって取引が出来なくなるカウンターパーティーリスクがあります。

今回のコインチェックのNEMの盗難もまさに典型的なハッキングリスクの一例です。

しかし、分散型取引所DEXの場合、中央管理者不在で個人間で取引をすることが可能になるのです。

まだDEXでの取引の流動性はあまり多くはありませんが、あの世界最大の取引所であるBinanceも分散型取引所の構築に着手しています。

どちらがスタンダードな取引所になるかは定かではありませんが、分散型の概念はあらゆる中央集権型おシステムを破壊する驚異の存在となりそうです。

Dappsの開発プラットフォームでICOを成功させた「セントラリティ」

このDappsの開発プラットフォームを手掛けているのが「セントラリティ」です。

セントラリティはDappsのプラットフォームを構築しており、これのICOはなんと6分で完売となる人気を魅せ、ICOで約200億円を調達しました。

セントラリティのプラットフォームを利用することによって異なるアプリケーション同士をユーザーは用途別にスムーズに利用出来たり、個別にアプリを登録せずともログイン一つで簡単にアクセスしたり出来ます。

Dapps同士が集結することで、よりお互いがシナジーを発揮することも可能であり、セントラリティは筆者も期待のプラットフォームです。

このように、Dappsを下支えするプラットフォームも出来ており、それを支援する人々がいることもセントラリティのICO成功事例から読み取ることが出来ます。

Dappsこそが真のプラットフォームとなる

引用:https://www.centrality.ai/?lang=ja

では、Dappsは実際にどのようにユーザーに収益を分配し運営されるのでしょうか?

その答えは前述した通り、個々がネットワーク価値の向上に務めることで流通するトークンの価値を高めることで適切に利益が配分され、管理者不在でも運営され続けるようになるのです。

これは、インフラを整備してそこに流通するものの価値を高めようとするメカニズムそのものなのです。

例えば、アクセスの良い都会の駅周辺は家賃の相場が比較的高くなっていますが、これはその街のインフラが整備されているからです。

インフラを整備することでそこに住む住民がベネフィットを受けられるのはもちろん、土地や建物を所有するオーナーさんも値上がりによって直接恩恵を受けることができます。

以上のような事例と同じで、Dappsのプラットフォームの価値を上げることが参加者全員のインセンティブとなり、顔も見たことない人達同士一丸となってより良いものを作っていくことに向けるわけなのです。

これこそが、真のプラットフォームであり未来のアプリケーションの形でしょう。

Dappsは未来の働き方やアプリケーションの在り方を変える

Dappsは既存のアプリケーションとは異なり、アプリケーションを「ただ利便性を感じて利用する」だけではなく、Dapps経済圏の価値向上に貢献することにより参加者全員がマネタイズもできるという利点が生まれます。

今、LINEのサービスがどれだけ性能が良くても、私達ユーザーはただ便利に使うことしかできず、収益は全て中央管理者のものでした。

しかし、Dappsの仕組みであれば様々な分散された経済圏を成立させてしまうことが可能です。

なので、もしかすると「アプリケーションの価値向上」が未来の働き方となる時代が訪れるかもしれません。

Dappsも然ることながら、ブロックチェーン自体もまだまだ序章ですので、今後もDappsやブロックチェーンのような技術革新から目が離せません。

関連記事