ビットコイン

ビットコインが誕生した歴史とその背景。分散化されたお金の行く末

中央機関に価値をコントロールされない通貨

未来のお金と提唱されて誕生した仮想通貨「ビットコイン」は2008年に起こったリーマンショック後の2009年に誕生しました。

「サトシ・ナカモト」と名乗る人物が「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」と呼ばれる一枚の論文をフォーラムに投稿したことから、それにジョインしようと世界中の暗号技術者がこぞって開発に打ち込んだのです。

そんなビットコインは中央政府や銀行に価値をコントロールされない革新的な通貨なのですが、果たしてどうしてそのようなものが生まれたのでしょうか。

以下より、その誕生の歴史と重要な背景に焦点を合わせて見ていきます。

ビットコインが誕生した歴史的背景

ビットコインは現在の「金融」を代替する為に生まれた仮想通貨です。

既存の金融機関は参入障壁の高い複雑な法規制を利用して既得権益を守り続けています。

しかし、2008年にはリーマンショックという世界的な金融危機が起こり、その背景では金融の中核である世界的な投資銀行が自分達で大博打をしていたのです。

サブプライム・ローンと呼ばれる低所得者の住宅ローンを束ねて投資家へ売り捌き、それをいつの間にか投資銀行自身も抱えるようになりました。

その結果、世界経済を破滅させる金融危機を招いてしまい、リーマン・ブラザーズ銀行は負債総額64兆円という破綻劇を起こしてしまったのです。

このように、儲ける為に自分達で大博打をして破綻の危機を招いた投資銀行ですが、このしわ寄せは金融機関だけではなく国民にも押し付けられ、一部の巨大な金融機関の破綻を政府が税金を使って救済したのです。

なぜなら金融機関が潰れてしまうと、経済そのものが破滅する恐れがあるからです。そのため、国民が納めた税金を使って高給取りの金融機関が救われました。当然、国民は怒りに怒り、当時の抗議デモは世界中に広まりました。

このように、私達の使うお金は中央集権によって常にコントロールされていたのです。

よって、ビットコインの目的は「権力を持つ中央集権にお金の価値を左右されない通貨を作ること」であり、それが根底にある思想なのです。

ビットコイン誕生後の歴史と価格

そんなビットコインは「サトシ・ナカモト」による考案によって世界中の開発者を惹きつけました。ビットコインはオープンソースのソフトウェアなので、自ら誰でも開発に携わることができるのです。

2009年当初は1BTC=0.1円にも満たない額でしたが、その後の2010年には実店舗でピザの決済に使われ、徐々にビットコインの取引所が設立されるようになり、その価格と共に取引ボリュームも増していきました。

その最初の代表的な取引所がマウントゴックスですが、その頃のBTCの価格はおよそ7円でした。

その後、2011年初には一気に100円台まで突入し、ビットコインがメディアで取り上げられることによって、さらにその価格を1,000円台まで跳ね上げました。

しかし、そうは言っても良いことばかりは続かず、マネーロンダリング目的でビットコインが使用され、「違法行為に使われる可能性がある」といったFBIのレポートが流出したことによって価格は半分の400円台となりました。

ですが、わずか1年でその価格は5,000円台から一気に10,000円台、10万円台まで上がります。

このように、過去の様々な出来事によって価格が常に乱高下していたビットコインですが、要はこのように価格の上下が今に始まったことではないということなのです。

ビットコインの現在と未来を考察

では、現在のビットコインは当時描かれたモデル通りに動いているのでしょうか。

現在、ビットコインは上位4%のアドレス保有者が90%以上のビットコインを保有していると言われており、「実質中央集権化」が懸念されています。

現状、一部の人がビットコインを大量に保有しているという「中央集権化」状態となんら変わらないと言えるかもしれません。

ビジネス目的でこぞって参入したマイング業者や、当初からマイニングしていたマイナー達によってビットコインが独占状態となっており、昨年2017年は開発者とマイナーの間で分裂騒動も起きました。

新機能を実装してビットコイン本来の姿を維持させたいコア開発者と、ビジネスの為にブロックサイズを大きくしてお金儲けをしたいマイナーとの派閥争いが起きてしまったのです。

このように、ドロドロとした人間関係のしがらみによって、分散型のビットコインが金儲けの為に歪められてしてしまう恐れがあるのです。

そして2018年に入りビットコインの成長は鈍化し、その価格は年初から下落を続けている進捗です。

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/bitcoin/#charts

ですが、ビットコインの歴史を見ると価格の上下が激しいことは当たり前となっています。今のちょっとした暴落も後々振り返って見ると可愛いものかもしれません。

しかしながら、現在の仮想通貨市場では全体に対するビットコインの割合は縮小しており、ビットコインの優位性も薄まってきました。

今後ビットコインがどのような位置付けになるのかは予測がつきませんが、だからこそ仮想通貨市場が今後どうなっていくのか、非常に楽しみな部分でもあるのです。

関連記事