ビットコイン

ビットコインと仮想通貨って何?いまさら聞けない違いと仕組み

ビットコインとは

近年、話題となっている仮想通貨ですが、何の知識もなく買おうとしていませんか?

知識もなく始めてしまうと、大事な資産を失う可能性があります。また仮想通貨の運用は、すべて自己責任です。重大な損失を抱えたても、後から悔やんでも仕方ありません。

そうなる前に、正確な情報や日本円との違い、ビットコインのメリットデメリットをしっかり把握しておきましょう。

ビットコインとは「仮想通貨」の1種です。インターネット上で使える電子決済システムになります。

仮想通貨は、オンラインゲーム内で用いられる通貨やポイントサイト内のみで使えるポイントに似ています。紙幣や貨幣のように物質ではないですが、インターネット上で(仮想の)通貨として機能しています。円やドルにも通貨の単位が存在するように、仮想通貨の種類によりそれぞれの単位があります。

また仮想ということは、目には見えず実際に手に取ることができないなど、円やドルとは違った部分があります。

ビットコインと一般のお金の違いを比較

円やドルなどの法定通貨は、その国でのみ使える実体のある通貨です。円をドルに変える場合は両替をしなければなりません。国際送金をする場合も、一度銀行を経由する必要があり、時間がかかります。

それに対して、ビットコインはオンラインでどこでも使えます。さらに送金コストが低く、短時間で決済ができるなど今まで問題になっていた部分を解消してくれます。

また、日本円では銀行など金融機関を仲介として決済されていましたが、ビットコインにはそれがないので仲介コストがかからなくなってきます。価格は市場相場によって変わるので資産の運用や、複数の口座を簡単に量産し分散することもできる優れものなのです。

ビットコインの3つのメリット

海外送金や決済は手数料が高く、かなり時間がかかるものでした。

しかしビットコインを利用することで、インターネットのある環境であれば仲介業者を挟まずに取引ができ、安く早く取引ができるようになります。

送金が簡単

QRコードさえあれば送金することも可能で、匿名で資金援助もすることができます。さらにネット販売でもQRコードがあれば売買が可能です。

資産運用に適している

ビットコインの価格は単純に需要と供給により日々変動を繰り返しています。ビットコインの魅力に世界が気が付けば気が付くほど、どんどん上がっていきます。

株よりも変動が激しいので予測が難しいですが、利益を考えると大きなものになります。

自らビットコインを増やすマイニング

ビットコインはブロックを生成しそこにデータを保管していますが、ブロックを生成するのにコストがかかります。

それを手助けする形になるのがマイニングと言われるもので、その報酬として一定のビットコインが支払われます。

ビットコインの4つのデメリット

メリットばかり聞いていると簡単そうに思える仮想通貨の運用ですが、デメリットも理解しておきましょう。

1.価格変動
最近になりビットコインの話をよく耳にするようになったと思います。そのため価格変動の幅が大きく、安定していません。いつ価格が上がり、いつ下がるかの保証が全くないので、ハイリスクハイリターンの市場となっています。

2.取引時の誤操作
仮想通貨の運用自体は自己責任となっています。そのため送金アドレスを間違えて送ってしまうと、取引の中断や取り消しができません。また個人管理になっているので、取引履歴はすべて残っています。また、万が一悪用や事件性に巻き込まれればと直ぐに足が付きます。

3.ウォレット管理
インターネット上での保管やスマートフォンアプリなど、ネットワークにつながったままの状態で保管されているものをホットウォレットといいます。ホットウォレット上に保管されている限り、不正アクセス等の被害にあう可能性は0%ではありません。そのリスクをなくすためにネットワークとつながっていなくても保管できるコールドウォレットで管理する必要があります。

4.取引所の安全性
ビットコインは一般的に取引所を介して購入することになり、購入後はそこに保管をしている状態です。仮にその取引所が破綻した場合、預けていた通貨がすべてなくなってしまいます。

ビットコインの仕組みを徹底解析

日本金は主に金融機関が管理してきましたが、ビットコインには管理元がありません。

P2Pというネットワークシステムを使い、インターネット上で個人対個人での情報交換・保持ができます。P2Pのメリットはサーバが落ちることなく、安価にシステムの構築ができることです。

さらにブロックチェーンという取引データが記載された公開取引帳があります。取引データは一定のブロックごとに管理され、それらは鎖のように繋がっています。これによりデータの改ざん防止や安全な送金などを実現することができます。

ビットコインの運用は自己責任

これまで簡単に儲かると言われてきたビットコインですが、正しい知識もなく取引を始めると必ずトラブルが発生します。むしろ悪質な詐欺などに引っかかってしまうこともあります。まずは自分で知識を蓄え、無理のない運用を目指しましょう。

またブロックチェーンは世界が変えるほど期待されている仮想通貨です。今後の動きに注目しましょう。

関連記事