仮想通貨

Ledger Nano Sで安心を手に。不注意でハマる落とし穴

今一度仮想通貨の保管方法の見直しを

それほど仮想通貨の知識がない人でも報道で知る事となった、コインチェックのNEM不正送金事件。自分の資産をすべて失ってしまった人もいて、大きな話題となりました。

このNEM不正送金事件によって、仮想通貨の保管方法をより強固なものにしようと決めた仮想通貨ユーザーは多く、今一度保管方法を見直すきっかけになった人も少なくないのではないでしょうか。

仮想通貨は銀行を介しているわけではないので万が一の時の保証がなく、何かあった際には自己責任になる世界。その「何か」が起きる前にセキュリティーは高めておきたいものです。

そんな人におすすめしたいのが、最も安全と言われているハードウェアウォレットの「Ledger Nano S」。今回はその魅力やお得な購入方法について詳しくご紹介していきます。

Ledger Nano Sの対応通貨数は驚くほど多い

ウォレットを選ぶ時に重視したいのはやはり対応通貨の数。どんなにセキュリティーが高かったとしても、自分が使っている仮想通貨が対応していなければ意味がありません。

しかし、Ledger Nano Sの魅力のひとつはその対応仮想通貨数の多さにあります。20181月の時点で保管できる仮想通貨の種類はトークンも含めてなんと24種類。

BITCOINETHEREUMVIACOINいった時価総額が大きい仮想通貨が多く扱われているので、沢山の種類の仮想通貨を使用している人にとっては嬉しい特徴のひとつです。

しかしNEMLISKMONAを所持している人は要注意です。特にNEMは知名度も高く時価総額も大きいので一見どのハードウェアウォレットも対応しているように思われがちですが、残念ながら20183月の時点ではLedger Nano SNEMに対応していません。

NEMをハードウェアウォレットに保管したい場合はTREZORが対応しているのでそちらと分けて購入することをおすすめします。

公式サイトに詳しい対応仮想通貨が掲載されていますので、購入前に必ず対応通貨を確認しましょう。

Ledger Nano S公式サイト:https://hardwarewallet-japan.com/

Ledger Nano Sはリップルにも対応している

Ledger Nano Sの魅力はその対応仮想通貨の豊かさにもありますが、Rippleの取り扱いがあるというポイントも非常に魅力的です。その為Rippleをハードウェアで保管したいと考えていた多くの人からの注文が販売直後から殺到しました。

現時点ではBitcoinEthereumに対応しているハードウェアウォレットはあるものの、Rippleに対応しているハードウェアウォレットは20182月の段階ではこのLedger Nano Sと同社商品のLedger Blueのみになっています。

Rippleに対応していないことからハードウェアウォレットの使用を諦めていた人も、Ledger Nano Sの登場によりハードウェアウォレットでの仮想通貨を保管する大きなきっかけになるのではないでしょうか。

Ledger Nano Sの使い方は初心者でも簡単

ハードウェアウォレットで仮想通貨を保管したことのない人の中には、よく「初期設定が面倒くさそう」という声があります。実際に仮想通貨を所持することはあらゆるリスクがあるので、難しい事をしてセキュリティーに穴を空けるようなことはしたくないものです。

ですが、Ledger Nano Sは環境さえ整っていればハードウォレット初心者であっても比較的簡単に設定することが可能です。使い方の基本的な手順は以下の通りです。

PCの対応OSやブラウザがLedger Nano Sに対応しているか確認

  

Ledger Nano Sを購入し、中身を確認

 ↓

Ledger Nano S本体の設定を行う

 ↓

Ledger Nano Sのバージョンを最新にアップデートする

 ↓

PCから指定のブラウザで設定を行う

Ledger Nano S側の設定とPCからの設定のみでできるので特別難しいことはありません。また、Ledger日本正規代理店のHPに細かい操作動画が上がっているので、自分の目でしっかり確認しながら初期設定をする事が可能です。

Ledger日本正規代理店HPhttps://hardwarewallet-japan.com/

TREZORKEEPKEYなど他にもハードウェアウォレットは存在していますが、「使いやすさ」といった点ではほぼ変わりません。ハードウォレットはセキュリティーの高さが魅力のため、どうしても最初は他のウォレットに比べて若干の手間がかかるものです。

より使いやすいもの、というよりはわかりやすく公式がサポートしてくれているかどうかを重視することをおすすめします。

Ledger Nano Sの中古品購入に潜む危険性

セキュリティが強固で仮想通貨を保管するのに非常に適しているハードウェアウォレットですが、デメリットがあるとすればその価格です。ハードウェアウォレットは基本的に15000円~30000円が平均的な相場なので、若干敷居が高いと感じる人もいるかもしれません。

ですが仮想通貨を失ってしまうリスクを考えると、やはりハードウェアウォレットは少し高くても使いたいアイテム。特に魅力の詰まったLedger Nano Sは、初めての人にもぜひ使ってもらいたいウォレットです。

現在Ledger Nano Sの購入選択肢は主に海外公式サイトか正規代理店、それ以外はネット通販、オークションなど様々ですが、購入方法を間違えると思わぬトラブルが発生することがあります。

中古品購入で仮想通貨が盗まれる危険性が

ハードウェアウォレットを買っておけば安心かというと、実はそうではありません。ネット通販ではLedger Nano Sの中古品が正規代理店での販売価格よりも安く売られていることがありますが、こういった中古品には悪意のある人物が細工をしている可能性があるのです。

こういった細工をされている中古品は挙動がおかしかったりということはなく、気付きにくいのが特徴です。そしてある日突然保管していた仮想通貨が盗まれてしまったというトラブルが発生してしまう事に繋がるのです。

出品者の評価が高かったとしても安心することはできません。その理由はネット通販で転売することを職業としている人がいるからです。この場合はLedger Nano Sを悪意のある人物から安く購入し、細工されているものだと知らずに販売している可能性があります。

こういった事からハードウェアウォレットの安全性をネット通販運営側が確保できない為、2018年の1月にはフリーマーケットアプリのメルカリがハードウェアウォレットの販売を禁止することになりました。

それだけハードウェアウォレットの中古品は危険性の高いものなので、どんなに安くても購入は控えましょう。

Ledger Nano Sは日本の公式正規代理店で

Ledger Nano Sの販売元であるLedger社はフランスが所在地になっていますが、フランス語に精通していない人でも日本正規代理店から簡単に購入することができます。最も安全に購入する方法はやはり公式正規代理店でしょう。

公式正規代理店HPhttps://hardwarewallet-japan.com/

公式正規代理店のHPでは価格は15800円(税込)となっており、手が出せないほどの価格ではないのも嬉しいところ。2018年の1月には送料無料キャンペーンも行っていたので、そういったキャンペーンに合わせて購入するのも賢い買い方です。

しかしLedger Nano Sは非常に人気なハードウェアウォレットの為、一時予約販売のみの取り扱いになっていた事があります。20183月現在では品薄状態は続いているものの予約販売は解除されているようです。

いつ予約販売に変更になるかわからない為、購入を検討している人はこの機会にぜひ買ってみてはいかがでしょうか。

ネット通販での「正規品」表示に注意

正規品は現在Ledger社の正規代理店と直営販売店だけでしか購入できません。ネット通販でよく「正規品」という表示のものを見かけますが、これらは正規品ではありません。

日本では書籍の販売も同様です。個人で書籍を購入してネットで販売をした時、開封していなくても「新品」として販売することが禁じられています。それと同じように、ハードウェアウォレットも新品未開封だったとしてもそれは正規品ではなく並行品になってしまうのです。

また、未開封と書いてあったとしてもそれを確かめる方法はないので「正規品」という単語には惑わされないように購入するようにしましょう。

Ledger Nano Sは仮想通貨を守る最高のパートナー

オフラインで仮想通貨を保管・管理してくれる安全性の高いハードウェアウォレットは、リスクの高い仮想通貨の世界においてとても信頼できるパートナーです。

Ledger Nano Sは今までなかったRippleの保管にも対応しており、仮想通貨を利用している人の中でも絶大な人気を誇っています。仮想通貨におけるトラブルが多く発生しているこのご時世ですから、何か起きる前に安心安全は確保しておきたいもの。

扱いや使い方が難しいイメージがどうしてもつきまといますが、サポートも万全なのもLedger Nano Sの魅力です。仮想通貨を守るために、あなたも購入してみてはいかがでしょうか。

関連記事