仮想通貨

仮想通貨の保管はTREZORで。その使い方と現在の対応通貨

セキュリティ問題が急増中

仮想通貨の存在が広く知られれば知られるほど心配なのがセキュリティー。近年は特に仮想通貨トラブルが多発している為、決して他人事ではなくなっています。

日本では平成29年に全国各地の消費生活センターに寄せられた仮想通貨トラブルの相談件数はなんと2000件を超える事態となっており、前年の約3.5倍に上っていたことがわかっています。

悪質な第三者によるトラブルは大金を仮想通貨に投入している人ほど大きな損害が発生しやすいケースも多いので、仮想通貨は何としてでも自分の力で守りたいものです。

安全を手に入れるためには、まずウォレット選びが重要です。今回はトラブルに巻き込まれない為におすすめしたいハードウェアウォレット、TREZORの魅力を詳しくご紹介します。

初心者でも大丈夫。TREZORの使い方

仮想通貨を保管するウォレットですが、TREZORはオフラインで管理するコールドウォレットです。仮想通貨取引所のウォレットのようにオンラインで管理しない分すぐに決済できないというデメリットがありますが、ネットに常に接続されているオンラインよりもはるかに安全に保管することができるのが嬉しいところ。

しかし同じコールドウォレットでもハードウェア型のため、初期設定などが必要になってきます。この初期設定や使い方が複雑そうに思われがちなハードウェアウォレットですが、初心者でも使えるのか?と疑問に思っている人も少なくないのではないでしょうか。

TREZORの使いやすさは幅広い仮想通貨ユーザーに人気

実際のところ、特別に難しいことや面倒なことはありません。初期設定も、本体に付属しているUSBケーブルに接続してTREZORの初期設定用URLにPCからアクセスし、画面の指示に従ってインストールをして説明の順番通りに行うだけです。

またLedger Nano Sは初期設定の際にGoogle Chromeのインストールが必須となっていますが、TREZORの場合はどのウェブブラウザを使用していても初期設定をすることが可能なのでお使いの環境に合わせて手軽に設定できるのも嬉しいところです。

初期設定から送金まで特別な知識がなければ使うことができないという事もなく、Zaifの公式HPでもTREZORの日本語マニュアルが詳しく掲載されている為、サポートも万全です。更に他のハードウェアウォレットに比べると本体の画面が他の製品よりも大きい分わかりやすいので、初めてハードウェアウォレットを使う人にもおすすめです。

Ledger Nano Sなど他のハードウェアウォレットと併用している多くのユーザーからもTREZORの使いやすさには定評があり、高い評価を受けているのも大きな魅力です。

TREZORの最大の魅力はアカウントの使い分け

TREZORの魅力はこれだけではありません。なんとTREZORはアカウントを複数に分けて管理することができるのです。アカウントの並列管理ができるハードウェアは現在TREZORのみとなっており、家族に仮想通貨ユーザーがいる場合なども追加でハードウェアを購入する必要もなく便利です。

アカウントの使い分けができるというのは非常に大きな利点。法人と個人でアカウントを使い分けるのはもちろん、買い物用と投資用など用途別に使い分けたりと使い方の可能性は無限大です。

この機能は他のハードウェアウォレットにはないので、利便性においてもTREZORは頭一つ抜けている状況です。

TREZORの対応通貨は増え続けている

ハードウェアウォレットは購入する必要があるウォレットなので、購入には誰しも慎重になるものです。ハードウェアウォレットはTREZOR以外にも製品がありますが、どの製品を購入するか悩んだ時の基準の一つに「対応通貨」があります。

対応通貨の多いハードウェアウォレットなら時価総額の高い仮想通貨も対応しているだろうと思って購入したけれど対応していなかった…というトラブルは実は少なくありません。

そういったトラブルに遭わないように、しっかりと購入前に対応通貨を確認するようにしましょう。TREZORの対応通貨は2018年3月現在でビットコインキャッシュやライトコインなどビットコインをベースとした仮想通貨が利用可能です。

更にイーサリアムやトークンはMyetherwalletと接続して利用することができ、MONAにも対応しています。更に嬉しいことにNEMにも対応するようになり、今後も対応通貨は増え続ける予定です。

現時点ではLedger Nano Sに対応通貨数は劣っていますが、Ledger Nano SはNEMに現在対応していないのでNEMを保管したい場合はTREZORがおすすめです。TREZORの購入を考え始めたら、公式HPで詳しい対応通貨を確認するようにしましょう。

TREZOR公式HP:https://trezor.io/

NEMをTREZORで管理するにはひと手間必要

NEMを保有している仮想通貨ユーザーから選ばれているTREZORですが、対応しているとはいえTREZORのみで保管・管理する事はできず、ひと手間必要になります。

ですがこちらも特に難しいことはなく、NEM公式ウォレットであるNano WalletとTREZORを連動させることで保管することができます。手順はお使いのPCにNano Walletをインストールしログイン後、画面の指示通りに進めるだけなので簡単です。

連携させることでセキュリティーが弱くなるのでは?と思う人も少なくないかと思いますが、保管する際の秘密鍵はNano WalletではなくTREZORに保管されるので安全性に問題はありません。

中古品に注意。TREZORは公式サイトから購入を

普段からネットショップを利用して商品を購入する機会の多い現代ですが、TREZORを購入する際にはネットショップは要注意です。

ハードウェアウォレットがネットショップで1万円以下で出品されていることもあり手が伸びてしまいがちですが、中古品を購入することで詐欺や仮想通貨を盗まれるなどの被害に遭うケースが増えています。

ウィルスによる攻撃から守ってくれるのがハードウェアウォレットの利点ですが、中古品購入によってバックドアウィルスが仕込まれている可能性も大いにあります。その為確実に安全に購入するならば、公式サイトからの購入をおすすめします。

海外サイトからの購入になりますが、英語に詳しくなくても大丈夫です。操作はamazonや楽天などのネットショップからの購入とほぼ変わりませんし、支払いもクレジットカード(VISAかMaster Card)に加えてビットコインでの支払いが可能なのも嬉しいところ。

簡単に購入する事ができるので、英語がわからないからとネットショップで購入するのは控えましょう。

TREZORとTREZOR Tどっちを購入すべき?

現在TREZORは「TREZOR」と「TREZOR T」の2種類が販売されています。TREZOR Tは2017年11月1日から予約注文を開始し2018年2月から順次発送が開始された新モデルで、ハードウェアウォレットユーザーからの注目が集まっています。

ですがTREZORを初めて購入する場合、どちらを購入すべきか悩むものです。TREZOR初期モデルと新モデルTの違いは主に以下のようになっています。

・タッチスクリーンで全操作が可能に

・マルチレカンシーに対応

・microUSBからUSB Type-CでのPC接続へ

・microSDカードスロットの追加

初期モデルに比べてより使いやすく改良されており、ボタン式を廃止してタッチパネルでの操作が実現したので操作性も上がりました。しかし初期モデルとの値段の差はなんと1万円ほど。

対応通貨も2018年3月現在では初期モデルと新モデルに差はなく、新モデル発売により初期モデルの値段も下がりつつあるので初めて購入する場合は現時点では初期モデルでも大丈夫そうです。

しかし今後対応通貨が増えた場合に初期モデルもアップデートで対応するかは不明な為、色んな種類の仮想通貨を保有している場合は新モデルを購入した方が確実です。

TREZORは今後も注目のハードウェアウォレット

新モデルが発売され、NEMにも対応されたことでますます注目の集まっているTREZOR。ハードウェアウォレットを初めて手にした人にも優しく、サポートも万全なので幅広いユーザーから人気を集めています。

アカウントの使い分けができるシステムなど利便性にも非常に長けているので、どんなユーザーにもおすすめしたいハードウェアウォレットです。他のハードウェアウォレットに比べてバグが非常に少ないことでも評判なので、思わぬトラブルで冷や汗をかくことも少ないのではないでしょうか。

仮想通貨の相次ぐトラブルにより仮想通貨の保管方法を見直すユーザーが増えているので、ぜひ一度TREZORを手にとってみてはいかがでしょうか。