ビットコイン

ビットコインの買い方とやり方とは。3つの取引所を例に解説

ビットコインの買い方と売り方

「ビットコインを買うのって難しそう」こんなイメージを持たれている人も多いのではないでしょうか。

それこそ専門用語や難しい言葉が出てくることが多い仮想通貨ですが、少し取り組んでみると以外とあっさりと理解できます。

ビットコインの買い方も株式や投資信託などと比べたら簡単に取り組むことができますよ。

今回は、これからビットコインを購入したいと考えている人達向けに取引所を利用した買い方について解説していきます。買い方を理解すれば売り方についても理解することができます。

ビットコインの買い方を解説

ビットコインの最もスタンダードな買い方が取引所を利用する方法です。取引所とはビットコインの売買を仲介してくれる場所でPCやスマホを使って簡単に利用することができます。

取引所を利用するにはアカウントを取得する必要がありますが、特に難しいこともなくネットショッピングを利用した経験がある方でしたら迷う事なく進めることができるので安心です。

今回は初心者から上級者までおすすめできる取引所ビットフライヤーを中心に取引所を3つご紹介致します。

ビットフライヤー

ビットフライヤーは日本の中でもトップクラスの資本力を持ち日本国内の取引所としては最も有名です。ビットコインをはじめ、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュなど世界的に有名な通貨を買いたい場合には外せない選択肢です。

まずはアカウント登録ですが、ビットフライヤーを例にして解説していきます。こちらがビットフライヤーのトップページです。

引用:https://bitflyer.jp/?top_link

基本的にはメールアドレスを入力し「アカウント作成」をクリックします。

入力したメールアドレス宛にキーワードが届きますのでキーワードの入力が終わるとアカウント作成終了です。

この様に登録自体はビットフライヤー以外の取引所も非常にシンプルなものなので迷う事なくアカウント作成ができます。

ビットフライヤーにて登録を済ませたらすぐに入金をすることができますが、ビットコインを買いたい場合にはアカウントのアップグレードをする必要があります。

ビットフライヤーでは「ウォレットクラス」と「トレードクラス」の2つにクラスが分けられている為、「トレードクラス」にアカウントをアップグレードすることによってビットコインを購入したり全ての機能を利用することができます。

「トレードクラス」にアップグレードをするのに必要なことは「本人確認書類」の提出です。氏名、生年月日、住所などを入力し運転免許証やパスポートなどの画像ファイルを添付して提出します。

簡単な作業ですが、実際にビットコインを購入出来るまでは時間がかかりますのでアカウント作成時に済ませておくと良いでしょう。

ここまでの一連の作業を終えたらいよいよビットコインの購入ですが、ビットフライヤーでは「販売所」と「取引所」の2種類の方法でビットコインを購入することができます。

「販売所」でビットコインを購入する場合は、ビットフライヤーにお金を渡してビットコインを受け取るシステムです。

一方「取引所」ではユーザー同士でビットコインを売買する方法です。売りたい額と買いたい額が双方納得の上取引することになります。その為、価格は随時変動しますが「販売所」よりも安く購入することが可能です。

今回は安く購入することができる「取引所」を例にビットコインの買い方について解説します。

ビットフライヤーにログインをしてから「ビットコイン取引所」をクリックしますと上記の様な画面に移ります。

Askが売り注文、Bidが買い注文です。この板を見ながら「数量」にビットコインの購入希望数を入力し、「価格」に買いたい1ビットコインあたりの希望価格を入力します。 

指値注文ですので取引が成立しない場合もありますが、少しでも安く買いたい場合にはおすすめです。指値注文が嫌な人は「販売所」から直接ビットフライヤーからの購入をおすすめ致します。

ザイフ

ザイフでビットコインを購入する方法は2つあります。

「簡単売買」による直接ザイフからビットコインを購入する方法と「取引」によるユーザー同士でビットコインを売買する方法です。

先ほどのビットフライヤーと似ていますね。

「簡単売買」ではビットコインとモナコインを購入することができますが、やはり「取引」でビットコインを購入した方が安く購入することができます。

ここでは、「取引」によるビットコインの購入方法について解説していきます。

入金を済ませたらトップページから「取引」をクリックするとこの様な画面に移ります。ここから購入したいトークンペアを選択します。ここではビットコイン/日本円の取引を選択しています。

次に「現物買い」を選択します。「信用買い」とはレバレッジ取引のことです。

購入したい1BTCあたりの価格を入力し、買いたいビットコインの量を入力し「買い注文」をクリックすれば完了です。

とても簡単ですね。「簡単売買」よりも手数料が安くおすすめなので、「取引」での購入方法をマスターしておきましょう。

GMOコイン

GMOコインはGMOインターネットグループ傘下の仮想通貨販売所です。GMOコインでは取引所ではなく「販売所」としてのサービスを提供していますので、ビットフライヤー、ザイフのように指値注文ができないところは注意点として覚えておきましょう。

アカウント作成と本人確認を済ませて入金をすればビットコインを購入することができます。

それでは手順を解説していきます。

ログインを済ませてトップページから「仮想通貨現物売買」を選択しますとこのような画面に移ります。

画面右側に購入価格と売却価格が表示されていますが、ここで日本円での金額を指定する、もしくはビットコインの購入数量を指定します。

入力が終わりましたら、「購入」をクリックして完了です。

指値注文はできないですが、自分で価格を指定することもなく約定しないという事もありませんので、初心者には扱いやすいと評判が高いです。是非参考にしてみて下さい。

ビットコインの便利な買い方。24時間支払い可能なコンビニの利用方法

ビットコインをコンビニで購入することができるという情報がありますが、正しくは「ビットコインを購入する為にコンビニから入金することができる」となります。

コンビニでビットコインを直接買うことは今のところできません。

取引所の口座を開設しましたら入金をしますが、次の方法から選ぶことができます。

・銀行振込
・クレジットカード払い
・コンビニ払い
・ペイジー
ATMから入金

コンビニ払いでの入金は銀行口座を持っていなくても入金することができます。また、入金した場合の反映が早く24時間入金が可能でしたり、コンビニの専用端末に慣れている人が多いなどのメリットがあります。

逆に、手数料が高い、最低購入金額が決まっているなどのデメリットも合わせて覚えておきましょう。

それでは、ビットフライヤーを例にコンビニから入金する方法を解説致します。

こちらはビットフライヤーにログインを済ませて「入出金」を選択した画面です。「クイック入金」を選択して次に進みます。

ここから入金したい金額と「コンビニから入金する」を選択します。

後はポップアップの指示に従い、情報を忘れずに取っておけば完了です。コンビニの専用端末でお支払番号などの情報を入力してレジで入金をすることができます。

取引のチャンスを逃さないためにスマホアプリを活用しよう

ビットコインの買い方についてPCでの操作を解説してきましたが、取引のチャンスを逃さずにもっと手軽に取引をすることができる便利なスマホアプリがあります。

今回ご紹介したビットフライヤー、ザイフ、GMOコインからも公式のスマホアプリがリリースされています。

その中でも特にビットコインを買いたい人にはおすすめなのがビットフライヤーのスマホアプリです。知名度の高さや安心感はもちろん、初心者でもアプリの操作が分かりやすいと評判です。

基本的なビットコインの買い方はPCと同じです。スマホから入出金、ビットコイン取引所での取引、ビットコイン販売所での売買、ビットコインの送受信が簡単に出来ますので、ビットフライヤーを利用する際は必ずスマホアプリもインストールしておきましょう。

ビットコインの買い方は驚くほど簡単

 

ビットコインの買い方について解説しておきましたが驚くほど簡単でしたね。

以下、要点をまとめますと次の通りです。

・アカウント作成と同時に本人確認を済ませておく
・ビットフライヤー、ザイフでは「取引」による指値注文が安くておすすめ
・初心者の人やタイミング良くビットコインを購入したい人にはGMOコインがおすすめ
・コンビニ入金は24時間対応
・チャンスを逃さない為にもスマホアプリは必須

是非、ビットコイン購入の際には参考にしてみて下さい。