仮想通貨

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)の使い方。送金方法や作り方も

仮想通貨にかかせないウォレット

コインチェックによるネム流出事件がきっかけでビットコイン以外の仮想通貨の認知度が上がりましたが、セキュリティ上に対する不安を隠せない仮想通貨ユーザーが多いです。そのときに注目されているのが、仮想通貨を入れるウォレットです。

そのひとつであるマイイーサウォレットは、イーサリアムのウォレットであるという認識は間違っていませんが、イーサリアムクラシックを含むERC20規格の仮想通貨すべてに対応しています。セキュリティに頼れないなら自己管理で守るしかなく、マイイーサウォレットは自己管理で守るのに最適だということです。

そこで、初心者でも簡単に使えるマイイーサウォレットの作り方および使い方について紹介いたします。なお、マイイーサウォレットの真価が発揮されるのは、ICOです。

初心者でも簡単。マイイーサウォレットの作り方とは

まずは下記のサイトにクリックしてアクセスください。

マイイーサウォレットの公式:https://www.myetherwallet.com/日本語対応サイト)

「お財布の作成」へのアクセスを確認したら、好きなパスワードを入力しますが、メールアドレスの入力は必要ありません。パスワードを入力して「お財布の作成」をクリックすると、「ダウンロード Keystone ファイル(UTC / JSON)」という青いボタンがあるサイトに進みます。

その青いボタンをクリックして、ファイルをダウンロードして保存しますが、ダウンロードしたファイルは絶対に無くさないように注意しましょう。その後、「理解できました。続けます。」をクリックして進んだら、「自分の秘密鍵を保存する」というページに移ります。そのページにある長いアドレスこそが、秘密鍵のアドレスです。

まずは「お財布紙情報を印刷」をクリックして本物の紙に印刷しますが、適切に管理できる自信があるのならPDFでもいいでしょう。その後、「アドレスを保存してください。→」をクリックします。

マイイーサウォレットの使い方の注意点は秘密鍵をなくさないこと

秘密鍵は絶対に無くさず、知られてはなりません。なぜかというと、秘密鍵でログインできて、送金などの操作を行うことができるからです。秘密鍵を他者に知られたと思ったら、財布の中身の仮想通貨を一旦は取引所に送金し、新たなウォレットを作成しなければならないということです。

安全かつ適切に管理する方法は、秘密鍵を複数に分けることにあります。具体的に説明すると、秘密鍵を印刷した紙を無くしたとか、PDFに保存していたけど他の人に洩れてしまったとかになった場合、すぐに対処できるからです。

対処方法は主に、仮想通貨取引所のウォレットや、別に作ったマイイーサウォレットに送金することです。判断に迷ったら送金しましょう。しかし、すでに流出した場合、管理を怠った自分の責任として諦めるしかないということです。

マイイーサウォレットのログイン方法

上記の画像をご覧ください。マイイーサウォレットのログイン画面になりますが、ログイン画面にアクセスする場合、公式サイトの「お財布情報を見る」などをクリックすると、このような画面に出ます。

ログイン方法は色々ありますが、もっともログインしやすいのは、赤い資格に囲まれたふたつです。なぜなら、このふたつはウォレット作成の手続きの段階で、すでに入手しているからです。

Keystone / JSON Fileの場合は、ウォレット作成時にダウンロードして保存したファイルを使います。選択すると英文ばかり出てきますが、「お財布ファイル」をクリックして、そのファイルを選択します。その後、ウォレットを作成時に設定したパスワードを入力することで、ログイン可能です。

一方、秘密鍵は秘密鍵のアドレスを入力(コピーペースト)し、アンロックをクリックするだけでログインできます。多くの人は秘密鍵でログインしていると考えています。

マイイーサウォレットに入金する方法

上記の画像をご覧ください。自分のウォレット情報で、「自分のアドレス」というところに記載されているアドレスは、入金用アドレスです。マイイーサウォレットはイーサリアムやイーサリアムクラシックだけでなく、トロンなどERC20トークンに対応した仮想通貨であれば入金できます。

ERC20とはトークンの規格で、この規格に対応した仮想通貨であれば、マイイーサウォレットに入金できるというものです。ICOを主催する企業や団体が発行するトークンのほとんどがERC20の規格を採用しています。

マイイーサウォレットはICOに参加するために必要なもののひとつというより、欠かせない存在です。ICOに参加するときはマイイーサウォレットを事前に用意しましょう。

マイイーサウォレットの送金方法

Ether/トークンの送出」をクリックしますが、ログイン画面が出てくるので、ログインしてください。その後、上記の画像に移るのですが、画像に移る文字は筆者なりにわかりやすく記したものです。

宛先アドレスは取引所もしくはICOのアドレスを入力というよりコピーペーストします。送出数量は送りたい仮想通貨分を入力するというものですが、送りたい仮想通貨を右側の灰色の部分(ETHの部分)を選択します。

ガスリミットはそのままで結構です。ガスリミットについて説明すると、簡単にいえば送金手数料です。ガスリミットが高ければ高いほど、送金スピードは速くなりますが、送金手数料も高くなります。

ガスリミット値が逆に低いと、送金スピードは遅くなりますが、手数料は安くなるという仕組みです。注意ですが、極端に遅く設定すると、永遠に着金しない可能性があるので、ここはいじらないほうが無難と言えるでしょう。

設定し終えたら「トランザクションを生成」をクリックし、「トランザクションの送出」をクリックします。続けて、「はい、確かです。処理を実行します。」をクリックすると、これで送金の手続きが完了です。

ちなみに、送金先のアドレスを間違えても、戻ってくるという仕組みを持っているので安心です。

マイイーサウォレットのスマホアプリはある?

残念ながらマイイーサウォレットの専用のスマホアプリはありません。スマートフォンで公式サイトにアクセスして管理する以外の方法はないということです。ただ、スマートフォンだと操作しにくいというデメリットがあります。

仮想通貨に参加する以上、スマートフォンだけでは無理があるので、やはりパソコンを持っていたほうが望ましいです。

ICOトークンを利用するならマイイーサウォレット

ICOERC20規格について触れましたが、発行されたトークンが取引所に上場すれば、そのトークンをビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に換金して、国内取引所に送金しなければなりません。なぜかというと、国内取引所でなければ、日本円に換金できないからです。

ICOについての説明に入りますが、ICOの正式名称はイニシャル・コイン・オファリングで、仮想通貨を使った資金調達方法を意味します。調達した資金で新たな事業を展開するというものですが、実はハードルが低いです。

なぜかというと、株式(IPO)に上場して資金調達をしても、上場するまでに莫大なコスト(約5000万円)と最低3年という長い時間がかかるからです。しかし、ICOの場合だと、このような手間を省くことが可能とされています。

そのため、大企業というより中小企業やベンチャー企業などに向いていると言っても過言ではないのですが、実は大企業の多くが仮想通貨市場に参加を表明しています。理由は不明ですが、グローバル化した社会と国際的な競争に向けての準備などが挙げられるでしょう。

事実であれば、マイイーサウォレットがもっとも活かせる時期になると予想されます。マイイーサウォレットについても、重要視されるようになっていくでしょう。

ICOトークンについて詳しく説明すると、トークンの購入手続きをしたらマイイーサウォレットに反映されるという仕組みです。どこかの取引所に上場されたら、最初に説明した通りに行ってください。なぜなら、使い道はそれしかないからです。

マイイーサウォレットの価値はICOで発揮される

マイイーサウォレットは初心者でも簡単に作れますが、秘密鍵などログインに重要な情報を紛失するとログインできず、ウォレットにある仮想通貨はそのままの状態になります。さらに、秘密鍵のアドレスが他者に知られると、流出の可能性は非常に大きいということです。

加えて、送金アドレスを誤った状態で送ったとしても、戻ってくるという安心な一面を持ちます。しかし、マイイーサウォレットの価値が一番発揮するのは、ICOです。ICOで発行されたトークンの多くがERC20規格なので、トークンを受け取るのに欠かせません。

ICOに参加を希望しているのなら、マイイーサウォレットを持たなければならないということです。