草コイン

仮想通貨Stratis(ストラティス)はブロックチェーンを民主化させるか

仮想通貨Stratis(ストラティス)とは

引用:https://stratisplatform.com/

Stratis(ストラティス)とは、ブロックチェーン開発の為のプラットフォームであり、企業が簡単なプロセスでブロックチェーンを使って独自の分散型アプリケーション(Dapps)を開発することができるインフラを目指しています。

これを運営しているのは英国に本社を置く「Stratis Group Ltd」というマイクロソフトのグループ企業です。そして同社は過去はICOでも成功を収めており、国際的な次世代ブロックチェーン企業としての活躍が今後期待されています。

では、Stratisの特徴や将来性を見ていきましょう。

仮想通貨Stratisの特徴

引用:https://stratisplatform.com/

以下よりStratisの特徴を見ていきます。

C#を利用したブロックチェーン

Stratisはプログラマーに馴染みのある「C#」を利用して開発ができます。C#とはマイクロソフトが開発した長い歴史を持つプログラミング言語です。

ブロックチェーンの開発に必要な言語はとても複雑で難しいイメージがあり、例えばイーサリアムの開発では「Solidity」といった独自のプログラミング言語があります。

ですが、StratisはC#の導入によって企業がブロックチェーンを取り入れるハードルを低くし、企業へのStratisプラットフォームの提供を狙っているのです。

プラットフォームの燃料となるSTRAT

Stratisの通貨単位は「STRAT」であり、このSTRATトークンがプラットフォームで使用される燃料通貨となります。

企業はStratisのサイドチェーンを利用することで独自のブロックチェーンインフラを構築し、既存のイーサリアムなどのブロックチェーンと繋げることができますが、STRATトークンによってサイドチェーンで作られたブロックチェーン間のトランザクションも簡単に行うことができます。

BaaSで誰でも簡単にブロックチェーンを構築

StratisはBaaS(Blockchain as a service)という理念を持っており、直訳通り「サービスとしてのブロックチェーン」の提供というコンセプトを掲げています。

つまり、利用者はブロックチェーンを専門知識やスキル無しにして開発したり利用できるようになる事を目指しているのです。

コンセンサスアルゴリズムはPoS

StratisはPoS(プルーフオブステーク)を採用しています。PoSではPoWのように莫大な電力を費やす必要がなく、通貨の保有量が多い人程ブロック生成の承認率が上がります。

イーサリアムもPoWからPoSへの移行が予定されていますが、プラットフォーム系の他の通貨もPoSのアルゴリズムを採用している通貨が多いです。

仮想通貨Stratisの価格とチャート

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/stratis/#charts

Stratisの燃料通貨「STRAT」は、2018年1月をピークに現在は価格が徐々に下落としている進捗です。ですが2016年のローンチ当初から現在に至るまで、およそ180倍の高騰を魅せています。

なお、仮想通貨全体の時価総額では第34位であり去年は一時10位前後を推移している時もありました。現在のその額は約380億円で同じプラットフォーム系の通貨「Waves」と同等の規模です。

仮想通貨Stratisが購入できる取引所

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/stratis/#markets

Stratisが購入できる取引所は主にBinanceです。

国内では取り扱いがされておらず、国内で購入したBTCやETHを海外の取引所へ送金する必要があります。また、Binance以外にアメリカの大手取引所Bittrexなどでも取り扱いされています。

仮想通貨Stratisの今後と将来性

以上のように、企業がブロックチェーンを簡単に導入できるというこのStratisの魅力は大きいでしょう。本来ブロックチェーンは専門家しかわからないような物であってはならないと筆者は考えています。

また、Stratisは企業が展開するプラットフォームなので、ビットコインのような分散化の思想であるとは言い難いです。

実際に企業によるプロジェクトは企業そのものが通貨の信頼に直結するので、倒産などのリスクはありますが、企業のブランドによって信頼を手にすることもできます。

これは中央集権型の大きなメリットの一つです。なので、結局はそうした信頼のある企業が展開するプロジェクトの方が直近では信頼を得やすいのかも知れません。

Stratisはブロックチェーンを世の中に普及させるか

現在ブロックチェーン技術を使ったアプリやSNS、ゲームなどが生まれていますが、それらは現在インターネットの専門知識がなければ使いこなせないわけではありません。

あとは「トークン」という概念がどのくらいかけて世の中に普及するかが鍵となりそうですが、世の中の常識は変化するスピードが早いのでブロックチェーンエコノミーは予想以上に早く普及するかもしれません。

世の中にブロックチェーンを普及させるする為には、手軽で簡単でなければなりません。難しすぎると今あるサービスで良いと思ってしまうからです。今後のStratisに期待しましょう。