草コイン

独自通貨を発行できる仮想通貨Nxt(ネクスト)とは。その特徴と将来性

仮想通貨Nxt(ネクスト)とは

引用:https://nxtplatform.org/

Nxt(ネクスト)とは、2014年に公開された分散型ブロックチェーンプラットフォームです。

Nxtはビットコイン2.0(ブロックチェーン2.0)と呼ばれており、分散化されたデジタルアセットの取引や投票システムなどが実現できるようになります。

また、Nxtではプロジェクトの開発者や個人が使いやすいツールを提供し、それぞれが独自のアプリケーションやプロジェクトを活用したり統合したりもできるのです。

ではこのNxtによって金融を始めとした社会インフラがブロックチェーンで接続されるのでしょうか。以下より次世代ブロックチェーンプラットフォームNxtについてを見ていきます。

Nxt(ネクスト)の特徴

引用:https://nxtplatform.org/

では、以下よりNxtの特徴を解説していきます。

NXTは燃料通貨

Nxtのプラットフォーム上で使用される仮想通貨は「NXT」であり、プラットフォームを使用する際の燃料として機能します。

ユーザー間でプラットフォーム内での取引をする時の手数料としてNXTが使用される他、外部の仮想通貨と交換する用途でも使えます。

そして、トークンを使って現物のアセットをトークンによってデジタル化することもできます。なお、純粋な取引以外にもブロックチェーン上で行われる投票などにもこのNXTが使用されるでしょう。

独自のトークンを作成することができる

Nxtでは「マネタリーシステム」という機能を利用することで、誰でも独自トークンの発行を行うことができます。より細かい通貨の機能を設定することで、追加の発行をしたり取引に制限をかけたりすることができます。

なお、作成されたトークンは分散型取引所(DEX)で取引することができ、それは全て中央管理者のいない個人間の取引となります。

これらを見ると、独自の経済圏を持った国家のようなコミュニティを創り出すことも出来そうですね。

コンセンサスアルゴリズムはPoS

NxtはPoSを採用しており、PoSとは通貨の保有量が多い人程マイニングの難易度が安易になるコンセンサスアルゴリズムです。

しかし、Nxtでの取引の承認作業では発掘(マイニング)という呼び方をせず鍛造(フォージング)という呼び方をします。Nxtの発行上限は10億となっておりそれは既に発行されているので、PoSによる報酬は新規発行のトークンではなく取引手数料です。

そこでPoSで懸念されているのはフォージングの報酬が手数料のみという点と流動性の低下です。PoSの流動性の問題は理論的にはそうかもしれませんが、今日の資本主義経済を考えてみるとどうでしょうか。

たった数十人の大富豪が全世界の半分の富を持っており、実際に法定通貨が紙幣として流通している割合は10%以下です。

ですが、ブロックチェーン技術のように中央集権型から分散型といった思想が根底にあることを考えると、「分散されて平等である」という理想の形からはどうしても離れて行くのかもしれません。

エイリアスシステム

Nxt内のアカウントはエイリアスシステムによって単純化することができます。

エイリアスとはネットワーク内の「別名」のことですが、これによって送金時に短文入力で便利に利用することができます。

Nxt(ネクスト)の価格とチャート

引用:https://coinmarketcap.com/currencies/nxt/#charts

上のチャートの通り、対BTCの価格チャートを見ると初期から激しい変動を見せながら右か肩下がりになっている進捗です。

初期に最高値の付けてから昨年の2017年12月は一気に価格が約10倍となりましたが、一瞬にして下落しているので、価格の変動幅が大きく不安定な印象を受けますね。

なお、NXTは現在仮想通貨全体で85位の時価総額であり、その額はおよそ130億円です。

元々は時価総額が30位あたりで推移していましたが、競合が増えたことで現在は順位を下げており、ブロックチェーンプラットフォームの優位性も下がってきているのかもしれません。

Nxt(ネクスト)が購入できる取引所

現在NXTは国内の取引所では購入できず、海外の取引所のみとなります。その中でも最も多いのはイギリスの取引所「HitBTC」です。

HitBTCがBTC建てでおよそ40%以上の取引シェアを占めており、他にも「Bittrex」や「Poloniex」などでも取り扱いされています。

海外の取引所でトレードをする場合は、まず国内で日本円をBTCやETHへ交換し、それを海外の取引所へ送金しておきましょう。

Nxt(ネクスト)の将来性

ビットコイン2.0やブロックチェーン2.0と呼ばれるプロジェクトは今や溢れる程存在しており、それらは「分散型」をモチーフにした様々な「プラットフォーム」です。

プラットフォームとは、基礎となる土台ですが、土台ばかりがいくつも出来て需要が伴わなければいずれ大半が消えてしまいます。

そして、2016年にNxt2.0としてNxtの機能が取り込まれた「Ardor」が誕生しました。

このArldorがNxtの後継として機動しており、本来のNxtの優位性は相対的に薄まっています。他にプラットフォーム通貨は王者イーサリアムやLiskなどもあり、厳しい戦いとなるでしょう。