仮想通貨

MetaMask(メタマスク)の使い方。今後、必須になり得るWEBウォレット

イーサリアムトークンを保管できるメタマスクとは

引用:https://metamask.io/

メタマスク(MetaMask)とは、ブラウザで使用できる仮想通貨のWEBウォレットです。

このメタマスクはイーサリアムのウォレットであり、イーサリアムの燃料通貨である「ETH」や、同じイーサリアムのブロックチェーン上で使われる「ERC20トークン」が保管できます。

ETHベースのトークンを保管するウォレットはMy Ether Walletでも作成可能ですが、ブラウザからダウンロードできるのはこのメタマスクです。

最近ではICOトークン以外に分散型アプリケーション(Dapps)や分散型取引所(DEX)でも活用されるようになりました。

特にDappsを利用したゲームアプリケーションが流行していますが、イーサリアムでトランザクションをする「イーサエモン」や「ビットペット」などがこのメタマスクと連携することで利用しやすくなります。

なお、分散型取引所の「Ether Delta」でもメタマスクに対応しており、利用するとかなり便利に取引することができます。このメタマスクを利用できるブラウザは「Chrome」「Firefox」「Opera」の3つです。

なので今回はChromeを利用して以下よりメタマスクの使い方について解説していきます。

使い方は簡単。メタマスクの利用方法を解説

まずは、上記の画面のようにメタマスクの公式サイトを開きましょう。

※ここでしっかりとURLが「https://metamask.io/」であるかをチェックしておきましょう。フィッシングサイトである可能性もあるので、特に注意が必要です。

しっかりと確認した後は「Braveのブラウザを入手する」「Chromの拡張機能を利用する」とオレンジで記載されている部分があるので、「Chromの拡張機能を利用する」をクリックします。

クリックするとMetaMaskの拡張機能インストールの画面が開くのでインストールを開始しましょう。

インストール後は、MetaMaskの画面を開き、利用規約を確認して「Accept」をクリックします。

次はウォレットの作成画面が表示されるのでパスワードを入力し「CREATE」をクリックします。

ここで入力するパスワードは非常に重要なものになるので、英数字や記号を絡めた強固なパスワードにしておきましょう。

なお、登録後にウォレットのパスワードを忘れてしまった際に復元する為の「Seed Words」という12個の英単語が表示されるので、これを大切に保管しておきましょう。

これを確認した後は「I’VE COPIED IT SOMEWHERE SAFE」をクリックして次に進みます。

また「SAVE SEED WORDS AS FILE」をクリックするとSeed Wordsが記載されたファイルをダウンロードできます。最後にアカウント名を設定し、これでウォレットの作成は完了です。

このメタマスクのアカウントは複数持つことができるのですが、それぞれ秘密鍵やアドレスが付与されるので、アカウント毎にアカウント名を設定するようにしておきましょう。

なお、メタマスクはスマホだとAndroidからでも登録することができます。

メタマスクを使ってトークンを入金・送金する方法

入金方法

まずは入金方法ですが、ETHなどを入金する場合はメニューボタンをクリックして「Show QR Code」もしくは「Copy Adress to Clipboard」をクリックします。

「Show QR Code」をクリックするとQRコードとアドレスが表示され、「Copy Adress to Clipboard」を選択するとアドレスをコピーできます。

このアドレス宛に他のウォレットから送金することでMetaMaskのウォレットに入金を完了することができます。

出金方法

反対にMetaMaskのウォレットから他のウォレットなどに送金する場合はトップページの「SEND」をクリックして送金画面を表示させ、「送金先アドレス」と「送金額」を入力します。

入力後は「NEXT」をクリックし、確認画面が表示されると「SUBMIT」をクリックして送金を実行しましょう。

メタマスク上でトークンを追加する

メタマスクでは、イーサリアムやそれ以外のイーサリアムベースのトークンも管理できます。

下の画面のように「TOKENS」を開いて「ADD TOKEN」をクリックすると新たにトークンを追加することができます。

次に、追加したいトークンを設定する為に「Token Contract Address」「Token Symbol」「Decimals of Precision」を調べて入力します。

これらの情報を調べる為には「Etherscan」を覗くと良いでしょう。

このEtherscanはイーサリアムベーストークンのトランザクションを確認することもできます。

Etherscanを開くと右上にある検索ボックスにて追加したトークンの名前を入力しましょう。

下記画面ではERC20トークンがベースの「EOS」を例にしていますが、赤枠の部分に「Token Contract Address」「Token Symbol」「Decimals of Precision」が全て記載されているので、確認して入力しましょう。

メタマスクのアカウント画面に戻って値を入力すると、以下の画面のようにトークンが追加されるようになります。

トークンを送金する場合

なお、メタマスク上で受け取ったトークンの送金はできません。トークンを送金する場合は「My Ether Wallet」を利用します。

メタマスクを起動させた状態でMy Ether Walletからメタマスクに接続させ、トークンを送出します。

上記はMy Ether Walletの画面ですが、「Connect to MetaMask」をクリックしてメタマスクと接続します。

その後は「送金先のアドレス」「トークンの数量」「送金するトークン」を下のMy Ether Walletの画面から選択してトランザクションを生成させます。

これでメタマスクから受け取ったトークンも送金することができます。

メタマスクのパスワードを変更する方法

もしパスワードを変更したい場合は、最初のパスワードを入力する画面で「Restore from seed phrase」をクリックします。

すると下の画面のようにパスワードを再入力できるフォーマットが表示されるので、ここに新しいパスワードを入力しましょう。

再入力した後が「OK」をクリックすれば完了です。

メタマスクは今後必須のウォレットとなる?

以上がメタマスクの使い方についての解説でしたが、イーサリアムをベースとしたトークン、そしてトークンをベースとしたICO、さらにはDappsやDEXの利用にも役立つツールとなるのがこのメタマスクです。

トランザクションを受ける際に自分のウォレットが必要になることが今後のブロックチェーンインフラの普及と共に増えるでしょう。

必要となった時に使い方はもちろん、セキュリティーの知識も備えて置けば詐欺にあったり何者かに資金を盗まれたりする確率が下がります。

「分散化」とは言い換えれば「全てが自己責任」の世界でもあるので、テクノロジーを味方につけるいはまずこれらのセキュリティーに関してを徹底的に学ぶことでしょう。