ビットコイン(Bitcoin/BTC)

ビットコインウォレットとは?作り方や利用方法を徹底解説

ビットコインウォレットは文字通りの意味なのですが、ユーザーが気になるのは安全性と考えています。せっかく購入して送ったビットコインが突然、消えたらたまったものではありません。

仮に消えたとしても、結局は自己責任です。ウォレットの安全性を問うより、自らが徹底した管理を行うことが、真の意味で安全と言えるでしょう。ここでは、ウォレットとはなにか、安全性、作り方などについて解説していきます。

ビットコインウォレットがなぜおすすめなのか

ウォレットとは仮想通貨を保管する金庫で、例えるなら仮想通貨の財布です。ウォレットには種類があり、オンライン上で管理するウォレットをホットウォレットと言い、オフライン状態で管理するウォレットをコールドウォレットと言います。

注目してほしいのは、オンラインとオフラインの違いだけでセキュリティが異なってくるということです。オンラインのウォレットとは、取引所のウォレットとか、マイイーサウォレットなどと言った、インターネットで繋がなければ管理できないウォレットです。

ここで知ってほしいのは、ペーパーウォレットにあります。ペーパーウォレットは秘密鍵を用紙やPDFファイルなどに印刷して管理するというものですが、そのペーパーウォレットには秘密鍵のアドレスが記載されています。

しかし、ペーパーウォレットが紛失または破棄されても、秘密鍵のアドレスを1文字欠かさず知っていれば(正確には保管)、ウォレットにログインできるというわけです。一方、第三者が秘密鍵を知っていれば、そのユ-ザーのウォレットにログインできて、送金などすべての機能を操作することができます。

コールドウォレットはオフライン状態で管理できるウォレットと説明しましたが、具体的に説明すると、ハードウェアウォレットなどに該当します。ハードウェアウォレットとは、Ledger Nano Sなど外付けのウォレットです。

確かに、これならハッキングを受けることはありませんが、紛失や盗難の可能性があります。管理に怠らないようにするのが大切です。

ビットコインウォレットをiphoneなどスマホのアプリで管理

ビットコインウォレットはアプリだけでも数多くありますが、おすすめしたいのが、金融庁の認定を受けた取引所のアプリです。そのアプリとは、ビットフライヤーとザイフのアプリでもあります。

なぜこのふたつのアプリなのかというと、金融庁の認可を受けた取引所が開発したアプリで、安全性が金融庁に認められたことにあります。一方、そうではないアプリの多くが海外アプリだとか、開発者の名前が不明だとか、聞いたこともない名前などです。

GooglePlayのアプリの中に「CryptoWallmart」というウォレットがあったのですが、それが詐欺アプリで、仮想通貨をウォレットに入金したら、いつの間にか消えてなくなったというニュースがありました。

参照:「マイナビニュースhttps://news.mynavi.jp/article/20180116-572230/

こういったアプリで管理するのは避けなければなりません。自分の財産を管理するのと同じだからです。

ビットコインウォレットの作り方

ビットコインウォレットの作り方で知ってほしいのは、パソコン、スマートフォン、オンライン上、ハードウェア端末が挙げられます。どこで管理すれば悩むところですが、その前に説明しなければならないことがあります。

それは、絶対にハッキングして取られないという保障がないというところです。オンライン上のウォレットから説明しますが、取引所の口座を開設したときは自動的にウォレットを持ちます。

それがオンライン上に該当し、簡単にいえば常にインターネットにつながっているということです。なお、取引所を介さずにオンライン上のウォレットを作りたいという人には、こちらがおすすめです。

参照:https://www.blockchain.com/

オンライン上で管理する点についてはスマートフォンも同様です。スマートフォンの場合だと、データ通信やWi-Fiをオフにすることでオフライン状態として管理できますが、データ通信を切るのは事実上不可能でしょう。

なぜかというと、日常的に電話やメールを使うからです。それならば、日常では通話の機会が少ない、もうひとつのスマートフォンを使えばいいのではと思う人はいますが、それであれば必要なときにデータ通信すればいいだけだし、格安SIMというものがあるので、通信費用を極端に抑えることができます。

最後にパソコンについて解説しますが、パソコンはデスクトップやノートでもなんでもいいです。仮想通貨ユーザーの多くがパソコンを使っていますが、パソコンそのものにウォレットをインストールして管理することが可能です。

参照:https://bitcoin.org/ja/wallets/desktop/windows/

ビットコインの公式サイトにあるウォレットのリストで、自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。ウォレットを選んだらパソコンにインストールです。インストール後、起動して同期完了まで待ちます。

ビットコインウォレットによって使い方が異なる?

多少は異なると言えますが、入金と送金のやり方は共通しています。また、オンラインとオフラインだけでセキュリティが違ってくるので、厳重に管理したいならオフラインでの管理を選択すべきでしょう。

豆知識というが未来についての重要な話になりますが、実は量子コンピューターによって、マルチシグで分散された秘密鍵をすべてハッキングされる可能性があります。量子コンピューターとは、次世代のコンピューターとされており、通常のコンピューターより圧倒する計算能力を持ちます。

例えるなら、通常のコンピューターが複雑な計算を解くのに数千年の時間を要するのに対し、量子コンピューターはわずか数分です。そのスペックが事実だとすれば、仮想通貨の根幹であるブロックチェーンが突破され、マルチシグによって分散された秘密鍵をあっという間にハッキングが可能です。

しかし、その量子コンピューター耐性を持った仮想通貨(SHIELDNEOなど)が出てきました。量子耐性を持った仮想通貨が出てきたということは、量子耐性を持ったウォレットがいずれ出てくるということです。

話を戻しますが、量子コンピューターを使ったハッキングを受けたくない場合は、オフライン状態のウォレットで仮想通貨を保管するとよいでしょう。

ビットコインをウォレットに移動するやり方

ビットコインを取引所からウォレットに移動するときは、取引所でビットコインの送金手続きを済ませる必要があります。現在、ビットコインは去年と違って大幅に値下がりしていますので、送金手数料は安いです。

送金手数料は取引所によって異なるので、その説明は省略します。ビットコインをウォレットに移動するときに必要なのは、ウォレットの入金用アドレスです。ウォレットに記載されている入金用アドレスを入力し、送金手続きを済ませ、着金するまで待ちます。

ただし、入金用アドレスを1文字でも間違えた場合は二度と戻ってこないので注意してください。コピーペーストで入力すれば、間違いはありません。

ちなみに、オフライン状態で管理できるウォレットから取引所に送金するときは注意しなければならないポイントがあります。そのポイントとは、同期です。インターネットに接続しても、ウォレットとパソコンが同期しない状態でビットコインを送ると、どこかに消えてしまう可能性があります。

ウォレットからビットコインを送金する前の準備として、インターネットに接続、同期するまで待つ、このふたつを行わなければなりません。スマートフォンの場合だと、インターネットに接続するだけで送金が可能です。

ビットコインウォレットは徹底した管理を行おう

コインチェックのネム消失事件など仮想通貨が消失または流出した事件を機に、取引所で保管されている仮想通貨をウォレットに移すというユーザーが増えたといっても過言ではないでしょう。

独自にウォレットを作って管理するというやり方は、確かに初心者には難しいと言えますが、やり方さえ覚えれば簡単です。金融庁の認可を受けた取引所を信頼してビットコインなど仮想通貨をそのまま預けるなり、独自に作ったウォレットに送って仮想通貨を自分で管理するなり、この辺りについては人それぞれでしょう。

なにより重要なのは、どのようなウォレットであれ、徹底した管理を行うということです。