仮想通貨

仮想通貨の合意形成方法であるPoS(プルーフオブステーク)とは?

仮想通貨を健全に運営する為の合意形成PoSとは

仮想通貨を安全に動かして行く為にはコンセンサス・アルゴリズム(合意形成)というものが必要です。

ブロックチェーン上ではネットワーク上に連なる最新の取引記録を常に共有していかないといけませんが、コンセンサス・アルゴリズムはそれらを正当化して更新していく為に用いられます。

代表的なビットコインのブロックチェーンではPoW(プルーフオブワーク)というアルゴリズムが採用されていますが、その他にも様々なアルゴリズムが存在しており、その一つにPoS(プルーフオブステーク)というものがあります。

このPoSとは、ブロックチェーンに参加している者の中でその流通する通貨の保有量と保有期間が長い程マイニングの難易度が簡単になり、ブロックの更新権限が得やすくなる仕組みです。

PoSの仕組みを解説

では、以下よりPoSの仕組みや特徴などを解説していきます。

PoSはスケーラビリティ問題を解決する

PoWでは複雑な計算を莫大な電気エネルギーを費やしてマイニングを行わなければならない為に必要なのは計算資源であり、それによって電気代や承認時間が掛かってしまっていました。

しかし、PoSの場合は「通貨の保有量×通貨の保有期間」で決まるのでPoWのような計算資源は必要なく、取引の承認に時間も掛からなくなります。

よって、PoWよりも効率良くマイニングをすることができ、ビットコインで懸念されているスケーラビリティ問題を解決することができるのです。

PoSは不正のインセンティブを無くす

では、PoSでは不正は起こるのでしょうか?

PoSのアルゴリズムでは、通貨をたくさん長期で保有している人がマイニングの更新権限を持つので、不正をしようと思えばたくさん通貨を仕込む必要があります。

ですが、わざわざ誰よりも通貨を買い込んで不正をしても、不正によってその通貨の価値が下がってしまえば自分の持っている通貨自体の価値も下がってしまいます。

ですので理論上PoSで不正行為をするのは非合理的となり、真面目に通貨を長期でたくさん持っておく方が合理的となるのです。

ですがこのPoSには問題点もあり、それを以下より述べていきます。

PoSによるマイニングの問題点

富の集中化問題

PoSの懸念点として通貨の流動性が悪くなることが挙げられます。

このアルゴリズムのインセンティブは「通貨をより多く長く保有すること」なので、どうしても富の集中化が起こってしまうでしょう。

通貨の保有量が多い人にマイニング報酬が割り当てられる特性から、富を持つ者がより多くの通貨を手にすることができるというキャピタリズムな点があるのです。

ですが、だからと言ってPoWの方が必ずしも分散的になっているとは限りません。

例えばビットコインでは中国の大手マイニング企業がハッシュパワーの大半を握っている状態ですが、これが果たして分散的だと言えるでしょうか。

これらの問題は仮想通貨に限らず既存の経済圏では今だ解決しておらず、当たり前に起こっている現象でもあるのです。

Nothing at Stake問題

PoSでは性質上、PoWと違ってマイニングに掛けるコストがありません。なので「Nothing at Stake問題(掛け金が無いという問題)」も懸念視されています。

つまりPoSでは掛け金が無いので不正なブロックを生成するのにもリスクが無いということです。

コストがかからず効率的なマイニングである反面、ハードフォークをした際などに不正なブロックが生成され続けられる懸念点も考えられるのです。

イーサリアムがPoSに移行を計画している

イーサリアムは現在のPoWからPoSへとアルゴリズムを移行していく方針を示しています。

イーサリアム考案者のヴィタリック・ブテリンもPoWによる日々の電気消費や取引承認に時間がかかってしまう点を懸念していました。

イーサリアムは現在もアップデートを繰り返しており、PoSへの移行がいつになるかはまだわかりません。

なお、イーサリアムがPoSに移行される頃にはその新規発行はほとんど無くなり、手数料報酬が大きくウエイトを占める仕組みへとシフトしていくでしょう。

なので将来イーサリアムの実需が伴わなければ、マイニングのインセンティブは当然ですがなくなります。

また、イーサリアムでは上で説明したNothing at Stake問題を解決する為に不正ブロックを承認するとペナルティが与えられる「Slasher」というアルゴリズムを導入する方針を取っています。

PoSについてのまとめ

以上がPoSについての解説でしたが、PoSはその通貨をたくさん保有しているだけで配当のように新規通貨が割り当てられ、これによって仮想通貨でインカムゲインを受けることが可能になります。

ですが、この仕組みは明らかに初期保有者が有利に通貨発行益を勝取れる設計にもなっています。

それはその通貨の価値が上がれば上がる程通貨発行権を持ちにくくなるからです。

ネット上ではPoWかPoSかの論争が繰り広げられていますが、これらのアルゴリズムはそれぞれが独自の仕様を持っており良し悪しをつけるものでは無いと筆者は考えています。

いずれにしても良い点と悪い点がありますが、これらは当然ですが実需のある通貨しか生き残れないでしょう。

PoSだとコストをかけずに大口保有者が次々と新しい通貨を簡単にマイニングできますから、当然その後に実需が満たされなければ価値も目減りしていくからです。

アルトコインにはPoSアルゴリズムを採用した通貨がたくさんありますが、以上の事柄を踏まえて銘柄を調査していくべきでしょう。