仮想通貨

DMM Bitcoinへの口座開設がおすすめ。レバレッジFXや手数料も解説

DMMビットコインはおすすめ取引所

出典:https://bitcoin.dmm.com/

2018年に入って早々に約580億円に上るネム(NEM)の流出事件もあってか、仮想通貨の価格は以前と比較すると伸び悩んでいるようにも思われます。

しかしながら、仮想通貨への投資熱はいまだ顕在で、日本では仮想通貨取引所のテレビCMも放映されているほどです。

日本には複数の仮想通貨取引所がありますが、ローラさんのテレビCM等の影響もあってか、最近DMMビットコインに注目が集まっています。

そこで、この記事では、仮想通貨取引所の一つの選択肢としてDMMビットコインを取り上げ、口座開設の方法から、レバレッジ(FX)取引、手数料・スプレッド、取り扱い通貨や評判に至るまで、DMMビットコインを総合的に特集します。

DMMビットコインの口座開設方法と使い方

出典:https://bitcoin.dmm.com/

ここでは、DMMビットコインで仮想通貨の取引をしたい方に向けて、口座開設の方法と使い方を簡単に記述します。

DMMビットコインの口座開設方法も使い方も、他の取引所の場合と大差ありませんが、参考までに以下でチェックしておきましょう。

DMMビットコインの口座開設方法

DMMビットコインの口座開設は、次の3つのステップで行います。

①メールアドレスの登録
まずは、こちらのURLhttps://bitcoin.dmm.com/signup/email)からDMMビットコインにアクセスし、「口座開設」ボタンを押下し、メールアドレスを入力します。
送信されるメール内にあるリンクをクリックし、ログインパスワード等を設定すれば登録完了です。

②基本情報の入力と本人確認書類の提出
次に、マイページにログインし、必要情報を入力します。このステップでは、本人確認書類のアップロードと、スマートフォンによるSMS認証も行います。

③口座開設審査
ここまでのステップを完了させたら、DMMビットコインから登録した住所宛に送られてくる郵便物の到着を待ちます。この間、ステップ②で入力した情報の審査が行われています。

DMMビットコインの使い方

ここでは、DMMビットコインの使い方と称して、DMMビットコインにおけるビットコインの買い方を説明します。

①「トレード口座」を選択
こちらのURLhttps://bitcoin.dmm.com/login)からDMMビットコインにログイン後、左側の黒いタブから「トレード口座」を選択します。

②「メニュー」から「現物注文(購入・売却)」を選択
画面が遷移した先のページで「メニュー」のタブを開き、続いて「現物注文(購入・売却)」を選択します。

③購入の数量などを入力
後は、購入したいビットコインの数量を入力するだけです。ただし、注文タイプをストリーミングと指値の2つから選ぶことができます。

指値はいわゆる指値注文のことで、自分で金額を指定して注文を行う方法ですが、速く取引を済ませたければストリーミングを選択します。

DMMビットコインのレバレッジ(FX)取引とは

DMMビットコインで口座開設を考える際、「レバレッジ(FX)取引」という単語が一つのキーワードとなります。

これをDMMビットコインのメリットに挙げる人も多く、口座開設にあたってはレバレッジ(FX)取引のことを知っておく方が良いでしょう。

そこで、以下では、DMMビットコインのレバレッジ(FX)取引の特徴を説明した上で、DMMビットコインにおけるレバレッジ(FX)取引のやり方までを説明します。

DMMビットコインにおけるレバレッジ(FX)取引の特徴

DMMビットコインのレバレッジ(FX)取引の特徴としては、アルトコインでも5倍のレバレッジで取引ができる点が挙げられます。

アルトコインについては、現物取引ができる取引所は他にもありますが、DMMビットコインようにレバレッジをかけたアルトコイン取引が可能な取引所は決して多くありません。

アルトコインは時にビットコインの何倍もの大きな値動きが期待できるため、そこにレバレッジをかければ、得られる差益を非常に大きくすることができるかもしれません。

DMMビットコインのレバレッジ(FX)取引のやり方

レバレッジ(FX)取引も、現物売買の時と同様、DMMビットコインでは非常に簡単に取引を行うことができます。

まずは、DMMビットコインにログインし、「トレード口座」をクリックします。次に、通貨ペアの選択タブから「レバBTC/JPY」を選択します。

DMMビットコインにおけるレバレッジ(FX)取引のやり方としてはこれだけの操作しかなく、慣れれば非常にスムーズに取引を完結させられるでしょう。

DMMビットコインの手数料とスプレッド

手数料とスプレッドは、仮想通貨取引所を選択する際の重要なチェックポイントです。

ここで、スプレッドとは、仮想通貨の売買をする際に売買価格として提示されている価格に対して別途で付加されてしまう手数料のことで、いわゆる「見えない手数料」です。

スプレッドは、計算式では簡単に「売値買値」と表すことになりますが、通貨ごとに異なる上に、通貨の値動きで変動するものであるため、決まった価格を計算することはできません。

スプレッドの概念を理解した上で、DMMビットコインの4つの手数料を以下で確認しておきましょう。

現物取引手数料

現物取引手数料とは、日本円でビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を購入したりする際に発生する手数料のことを言います。

DMMビットコインでは、現物取引手数料は無料とされています。

しかし、これは上で説明したように決まった金額の手数料が無料という意味であって、スプレッドは発生します。スプレッドの存在を忘れないようにしましょう。

レバレッジ取引手数料

レバレッジ取引手数料とは、レバレッジ取引をする際に取引所から貸し出された資産を翌日まで保有する行為に対して負担することになる手数料のことです。

レバレッジ取引では取引所からビットコインなどを借金することになるため、それを翌日まで持ち越すと手数料が発生してしまうわけです。

DMMビットコインのレバレッジ取引手数料は、ビットコインとアルトコインともに0.04%に設定されています。

日本円の入出金手数料

日本円での入出金手数料とは、DMMビットコインの個人アカウントに日本円を入出金する際に発生する手数料のことです。

DMMビットコインでは、日本円の入出金という行為に対して手数料を設定しておらず、無料で日本円の入出金ができます。

ただし、DMMビットコインに手数料は払わずとも、銀行振込であればあくまで銀行への手数料が発生する点には注意が必要です。

送金手数料

送金手数料とは、DMMビットコインの個人アカウント口座からビットコインやイーサリアムを別のウォレットに送金する際に発生する手数料のことです。

DMMビットコインの送金手数料はビットコインが0.0008 BTC、イーサリアムが0.001 ETHに設定されています。

DMMビットコインの取り扱い通貨をチェック

ここでは、DMMビットコインの取り扱い通貨をチェックします。

20183月現在、DMMビットコインの取り扱い通貨は7種類であり、以下の仮想通貨の取引をすることができます。

ただし、現物取引が可能な通貨はビットコインとイーサリアムの2種類のみであり、他の通貨に関しては現物取引は行うことができずレバレッジ取引のみに対応しています。

・ビットコイン(Bitcoin)
・イーサリアム(Ethereum)
・ネム(NEM)
・リップル(Ripple)
・ライトコイン(Litecoin)
・イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
・ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

DMMビットコインの評判

DMMビットコインの評判と題して、DMMビットコインに関するニュースを紹介します。

多くのビジネスマンの購読者を持つこちらのメディアでは、DMMビットコインのことを取り上げているページ(http://toyokeizai.net/articles/-/210865)があります。

DMMビットコインが金沢市に仮想通貨のマイニングを行う巨大な施設を作ったと紹介されており、DMMビットコインの将来性をうかがわせる内容となっています。

仮想通貨取引所に関しては、ネット上の様々な評判が注目されます。DMMビットコインで口座開設をお考えの方は、参考程度に評判を調査してみるのが良いでしょう。

DMMビットコインについてのまとめ

以上、この記事では、仮想通貨取引所の一つの選択肢として、最近人気が高まっているDMMビットコインにフォーカスしました。

一般の株取引であれば証券会社の選択を誤ったからといって決定的なデメリットにはなりませんが、仮想通貨取引においては取引所ごとに取り扱い通貨が大きく異なるため、取引所の選択が最初の関門となります。

この記事では口座開設から評判に至るまでDMMビットコインを総合的に解説しましたが、新しく取引所に登録するにあたっては、他の取引所に関する情報収集を欠かさないようにしましょう。