仮想通貨

ブロックチェーンウォレットによる仮想通貨の管理をおすすめ。使い方も解説

ブロックチェーンウォレットで仮想通貨を安全に管理

ビットコイン(Bitcoin)や「仮想通貨」といった固有名詞もすっかり世間に定着してきた昨今、仮想通貨「取引」自体への関心の高まりはもちろんのことですが、一方で、仮想通貨の「管理方法」も注目され始めています。

というのも、2018年に入ってすぐにネム(NEM)580億円にも上る流出事件が起こっており、取引で資産を増やす本来の目的を成就させるのと同程度に重要なポイントとして、安全な管理が強く要請されるようになっているからです。

仮想通貨の管理には従前より、取引所のウォレットではなく、別に専用ウォレットを用意する重要性が説かれています。

そこで、この記事では、仮想通貨を安全に管理する手段としてのブロックチェーンウォレットに焦点を当てます。

ブロックチェーンウォレットの開設方法

出典:https://www.blockchain.com/

ブロックチェーンウォレットも仮想通貨取引所と同様、口座開設をすることで使用可能になります。

Blockchain.infoでウォレットを作成するには、まずこちらのURLhttps://www.blockchain.com/)にアクセスし、「GET A FREE WALLET」をクリックしてアカウントを作成します。

具体的には、「ウォレットを作成」の画面でメールアドレスとパスワードを入力し、送信されるメール内のリンクを開き、メールアドレスを認証させます。

この際、メールで送信されてくるウォレットIDのメモを忘れないようにしましょう。Blockchain.infoのアカウント開設の基本操作はこれで終わりです。

ブロックチェーンウォレットの使い方。仮想通貨の受信方法

ブロックチェーンウォレットで仮想通貨を管理するにしても、まずはブロックチェーンウォレットにビットコインなど仮想通貨を送信しなければなりません。

そこで、ここでは、ブロックチェーンウォレットの使い方と称して、Blockchain.infoにおける仮想通貨の受信方法の手順を簡単に説明します。

①ログイン後トップページで「受信」をクリック
仮想通貨を受信するために、まずはBlockchain.infoにログインしましょう。そして、ログイン後のトップページの左上にあるタブから「受信」を選択します。

②「Currency」のタブでビットコインかイーサリアムを選択
次に、Blockchain.infoのウォレットで受信したい仮想通貨の種類を選択します。やり方は非常に簡単で、「Currency」の欄でビットコインやイーサリアムを選択するだけです。

③送金アドレスをコピーして取得
すると、その下の欄に選択した仮想通貨の送金アドレスが表示されるので、この送金アドレスをコピーします。後は下部の青いボタンをクリックすれば、Blockchain.infoにおける操作は終了です。

④送信元のウォレットで送金アドレスを入力
ここからの操作は、Blockchain.infoに仮想通貨を送信する元となるウォレットがどれであるかによって異なります。

ただし、基本的な操作に大きな差異はなく、送信元のウォレットにログインし、送信などのメニューへ進み、適切な欄に先ほどコピーしたBlockchain.infoの送金アドレスをペーストすれば、無事にBlockchain.infoに仮想通貨が送信されます。

ブロックチェーンウォレットのおすすめアプリ

ここでは、ブロックチェーンウォレットのアプリの中から、Blockchain.infoをおすすめします。

Blockchain.infoは世界中に多くのユーザーを抱えるオンラインアプリ型のブロックチェーンウォレットであり、グローバルスケールで高い信頼を得ています。

Blockchain.infoが対応している仮想通貨は、ビットコインとイーサリアムの2種類です。なお、Blockchain.infoへの登録はこちらのURLhttps://www.blockchain.com/)から行ってください。

ブロックチェーンウォレットからの送金方法。アドレスが重要

ブロックチェーンウォレットから別のウォレットに仮想通貨を送金する場合、送金アドレスの扱いが重要です。Blockchain.infoを例に簡単に解説すると、次のような流れで仮想通貨を送金することになります。

まずは、送金先のウォレットにログインし、送金アドレスを取得してコピーします。注意したいのは、送金アドレスを間違ってしまうと、仮想通貨の交換が不可能になってしまう点です。

送金アドレスは絶対に間違いのないようにコピーしましょう。

次に、Blockchain.infoのトップページで「送信」をクリックし、「送信者」を選択して「宛先」に先ほどコピーした送金アドレスをペーストして入力します。

後は、送金アドレスに送金したい仮想通貨の数量を入力し、青色の「次のステップ」と緑色の「送信」をクリックするだけです。

ブロックチェーンウォレットおすすめ。イーサリアム編

出典:https://www.ethereum.org/

ブロックチェーンウォレットにも複数種類がありますが、選ぶ際は、対応している仮想通貨の種類が決め手の一つとなります。

ここでは、イーサリアム編と称して、イーサリアムの管理でおすすめなブロックチェーンウォレットとして、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)をピックアップします。

MyEtherWalletは日本では意外にもメジャーではありませんが、イーサリアムファンの間では密かに市民権を得つつあり、イーサリアムの管理に特化している点が評価ポイントです。

MyEtherWalletは、イーサリアム、イーサリアムクラシック、およびERC20トークンの3種類に対応しています。なお、MyEtherWalletについて詳しく知りたい方はこちらのURLhttps://www.myetherwallet.com/)にアクセスしましょう。

ブロックチェーンウォレットおすすめ。ビットコインキャッシュ編

出典:https://www.bitcoincash.org/ja/

次に、ビットコインキャッシュ編と称して、ビットコインキャッシュの管理でおすすめなブロックチェーンウォレットとして、Ledger Nano S(レジャーナノエス)を紹介します。

ハードウェアウォレットとして堅牢なセキュリティ性を誇るLedger Nano Sは、極めて高い安全性に定評があります。

また、Ledger Nano Sは様々な通貨に対応しており、ビットコインやビットコインキャッシュをはじめとして、約20種類もの仮想通貨を管理することができます。

なお、Ledger Nano Sについて詳しく知りたい方はこちらのURLhttps://www.ledgerwallet.com/)にアクセスしましょう。

ブロックチェーンウォレットについてのまとめ

以上、この記事では、仮想通貨を安全に管理する手段としておすすめなブロックチェーンウォレットについて特集しました。

仮想通貨を「安全性管理」の観点からみれば、取引における安全性の確保に加えて、管理における安全性の確保という2つのポイントが浮かび上がります。

仮想通貨取引はあくまで自己責任で行わなければならない点を改めて理解し、ブロックチェーンウォレットを用意するなどして、大事な資産である仮想通貨の安全性を主体的に確保しましょう。