仮想通貨

gatecoinとは?ETHトークンを多数扱う取引所の特徴や登録方法

香港の仮想通貨取引所gatecoinとは?

引用:https://gatecoin.com/

gatecoinとは、香港を拠点にしている2013年に設立された仮想通貨取引所です。

このgatecoinは世界クラスのセキュリティエキスパートによって設計されていると公式サイトでは紹介されており、ユーザーの資産をマルチシグネチャハードウォレットへ保管しています。

更にイーサリアムベースのトークンも多く取り扱いされており、分散型アプリケーション(Dapps)の国際的ゲートウェイとして今後期待される取引所です。

では、以下よりgatecoinの特徴や登録方法などを見ていきましょう。

gatecoinの特徴

イーサリアムトークンを多数取り扱っている

このgatecoinはビットコイン以外にイーサリアムトークンが多く取り扱いされています。

Dappsに関連したトークンを初めて上場させた取引所であり、ICOへの直接の参加も可能にしたという特徴も持っているのです。

ですが、下記画面のイーサリアムトークンの市場を見ると、取引ボリュームがほとんど0となっています。

引用:https://gatecoin.com/

このように、ETHトークンが多数取り扱いされているものの流動性の少なさが一つの懸念点となっています。

過去にハッキング被害に遭う

gatecoinは2016年に250BTCと18.5万ETHがハッキングによって盗難されています。

当時マルチシグにて顧客の資産を管理していたものの、ETHがホットウォレットへ直接保管されるようにシステムを書き換えられていたのです。その被害は当時の顧客資産の15%が被害に遭いました。

gatecoinの取引手数料

引用:https://gatecoin.com/

上記の図の通り、現状取引手数料はMaker手数料が0.25~0.02%、Taker手数料が0.35~0.1%となっています。

取引手数料には「Maker手数料」と「Taker手数料」の2つがあり、Makerとは取引板に金額を提示して市場に流動性を提供する人のことで、Takerは流動性のある市場から取引板の注文を引き受ける人のことです。

取引ボリュームが大きい程手数料がディスカウントされますが、Binanceが0.1%、Bittrexが0.25%といった水準となっています。

gatecoinの登録手順や使い方

引用:https://gatecoin.com/

それではgatecoinの登録手順について解説していきます。

まずは、上記の画面の赤枠の部分に「メールアドレス」と「パスワード」を入力しましょう。

入力後指定したアドレス宛にメールが届くので「VERIFY YOUR EMAIL ADDRESS」をクリックして次に進みます。

そして次に進むと下の画面に移るので「名前」と「生年月日」「国籍」を入力します。

なお、「REFFERRAL CODE」は招待コードとなっておりキャッシュバックされるのですが、日本円には現在日本円には対応していません。

次に住所を入力します。

こちらですが、必須項目が「Address Line1」と「City」のみなので、特段他の項目は入力しなくて良いでしょう。

次は身分証明書と住所証明の提出ですが、下の画面に写真をスキャンします。

パスポートに関しては「Document number」にパスポート番号を入力します。

そして住所証明に関しては住所が記載されている水道屋ガス料金の請求書や銀行の取引に関する明細書が必要です。

しかしこれらはいずれも英語版で提出しなければならないようなので、いずれかを英語で発行してもらう必要があります。

少し負担ですが、避けて通れませんね。

最後に投資に関する質問や申告ですが、下の画面のチェック項目妥当な回答を入力していきましょう。

まず”Why are you trading cryptcurrencies?”に関しては「なぜ仮想通貨取引をするのですか?」なので”Speculate/invest(投機/投資)”にチェックを入れておきましょう。

次に“Please indicate the monthly expected volumes in USD you are to trade on Gatecoin.com”では「gatecoinで月にどのくらい取引するかをドル単位で教えてください」なので妥当な金額を入力しておきます。

そして次に“Please state the origin of your fund”は「あなたの資金源を教えてください」なので自身の適切な資金源を入力してください。

最後は3つの項目を確認してチェックし、承認がされると完了です。

なお、入出金に関しては画面の上にある「Deposit」を選択して入金でき、出金の場合は「Withdraw」を選択しましょう。

gatecoinのまとめ

以上がgatecoinに関する特徴や登録手順でしたが、現状やはりETHトークンの流動性は少なくなっています。

それにgatecoinでは上位の主要アルトコインもほとんど上場されていないので不便さもあるかもしれません。

過去にハッキングされた事実もありネガティブな要素が強いですが、イーサリアムベースのトークンやDappsの市場はまだ未成熟であり、今後の高いポテンシャルは持っているのではないでしょうか。

あくまでどの仮想通貨取引所もまだ設立されて間もないものばかりなので、選択肢の一つとして視野に入れておくことをおすすめします。