フィンテック

Fintech(フィンテック)とは?大企業も注目するテクノロジー

金融と技術の融合「フィンテック」

 

 

 

 

 

新聞やインターネットの情報サイト等でも度々目にする「Fintech(フィンテック)」ですが、皆さんはご存知でしょうか?フィンテックは造語で、「金融」と「技術やインターネット」を融合するといった意味で使われています。

現在では「Fintech(フィンテック)」は公式な英語として通用し、世界共通用語になっています。海外の方とのやり取りでも使えますので安心してください。フィンテックはお金とインターネットということで、仮想通貨にも関係してくる言葉です。まだ、その意味や概要を理解していない方は、この機会に覚えましょう。

フィンテックとは何か

 

 

 

 

フィンテックを英語に分けるとFinance(ファイナンス≒金融)とTechnology(テクノロジー≒技術)となり、日本語に直すと金融ITと略されます。

金融工学という言葉もありますが、これは高度に発展する金融業界において、まさに工学を扱っているかの如く難解な数字が出てくることから、金融と工学を合わせた言葉で、テクノロジーとは関係がありません。

フィンテックと企業の関係性

 

 

 

フィンテックと聞くとなんだか難しそうなイメージがありますが、実は私たちの生活に大いに影響を与えています。また、実用化されている技術もいくつかありますので、まずはその技術について紹介していきましょう。

モバイル決済

楽天のスマートペイやSquareなどは、すでに活用している方もいるのではないでしょうか。まさにこれらはフィンテック実用化の最先端と呼べるもの。

今まではカード決済機の中にクレジットカードを挿入し、暗証番号を入力していましたが、今ではiPhoneAndroidがあれば、クレジットカードを出す必要すらありません。携帯電話の電波を使って、クレジットカード決済が出来るようになっているのです。

個人事業主の経費管理や確定申告に

クラウド会計ソフトというのはご存知でしょうか。「freeeや「MFクラウド」と聞くとピンとくる方もいらっしゃるかもしれません。

今までですと、レシートや領収書を見ながら、ああでもないこうでもないと頭を悩ませて記帳や確定申告のための書類づくりを行っていましたが、今ではクレジットカードのネット明細や、電子マネーの利用履歴などからデータ化してくれるアプリケーションが開発されています。

もしかしたら、こういった仕組みを導入しているフリーランスの方や会社経営者は現金が煩わしくなっているかもしれません。

ほかにも、SNSなどで話題になっているクラウドファンディングといった分野や、中小企業の経理関係資料の作成、文書や契約書の管理などの分野でも活発な動きが出てきました。

加えて最近では、「Apple Payや「coineyペイジ」といった仕組みで、お金の支払いや管理方法に大きな変革が起こっており、多くの人々の生活に影響が出てきているといえるでしょう。そして、このフィンテックの最先端分野が仮想通貨ともいえるのです。

フィンテックは銀行を駆逐する?

フィンテックの分野を勉強していくと、その多くがお金を管理したり、お金を動かしたり、決済したりといったもので、銀行の業務として認識されているようなものばかりです。銀行の最も大事な業務の1つである「お金を管理すること」という分野は、実はテクノロジーが非常に得意としている分野なのです。

例えば、今までであればヒューマンエラーと呼ばれる金額の桁を間違えて入金してしまったり、経理書類を作っている時に消費税が内税なのか外税なのか分からなくなってしまったりといった問題がありましたが、テクノロジーが発展することにより、そういった問題は発生しなくなります。

決められたことを正確に素早く行うというのは、テクノロジーが最も得意とすることでもあります。

また、資産運用のリスクテイキングなども非常に高度な数学的素養を必要としていますが、こうした数学的な問題についてもテクノロジーが最も得意とする分野です。201711月から相次いで発表された3大銀行の大リストラに関わるニュースは、このフィンテックの影響も大きいでしょう。

もしかしたら、銀行はその規模を1/20程度にしてしまうという予測もあるほどです。しかも、それでいて、フィンテックと融和的なビジネスプランを築くことが出来れば、現在と同じぐらいの利益を上げることが出来るとも予測されています。

フィンテックはグローバルに進行している

 

 

 

 

フィンテックの恐ろしさは、現在のビジネスに影響を与えるだけではありません。インターネットを通じて軽々と国境を越えていくのです。日本では英語を使って仕事をしている人が少ないため、参入障壁になり得ますが、それも時間の問題でしょう。

アメリカで生み出された技術やアイディアが、すぐに日本に入ってくる可能性も十分にあり得ます。こうした仕組みは、ビジネスの効率化や決断スピードをさらに早めていくことになるでしょう。

フィンテックを利用した投資

 

 

 

今、フィンテックを活用した投資信託が生まれつつあります。今までは富裕層のみがアクセスできたプライベートバンクのコンシェルジュ機能を、なんとスマートフォンやパソコンのアプリケーションとして提供するというサービスが出てきたのです。

こうした仕組みを活用していくことで、自分ではほとんど管理する必要なく資産運用を行い、お金を増やしていくことが出来ます。今回は2つご紹介しましょう。

THEO

株式会社「お金のデザイン」から出ているのがこの「THEO」10万円から始められる新しいグローバル資産運用サービスと謳っています。

9つの質問に答えるだけで、世界中の6000もの投資信託案件から自分の好みに適合したポートフォリオを提案してくれるという仕組みです。運用報酬もなんと1.0%と今まで投資信託を行っていた人にとっては驚きのローコストです。

シストレ24

FX取引を行っている人は誰もが知っている、インヴァスト証券の「シストレ24」。このアプリケーションはなんとフルオートによる取引を実現しています。最初の段階では少々設定が必要ですが、この設定が終われば、後は自動で取引が始まります。会社で寝ていても、アプリケーションが勝手に取引を行ってくれるのです。

当然、自分の設定によって儲かるかどうかが決まりますが、それでもうまくいけば、知らない間に自分の資産が増えていくということが起こりえるアプリケーションなのです。

フィンテック革命は目の前に

 

 

 

 

日本では20174月に平凡社から「フィンテック革命の衝撃」という書籍が出版され、大いに注目されました。国内だけでも50兆円規模といわれている金融業界全体に、今創造的破壊の波が押し寄せているのです。

そして、現金の決済サービスが爆発的な需要をもたらしている中で、圧倒的な存在感を見せ始めたのが仮想通貨。しかも、仮想通貨は現金としての決済手段という注目点だけでなく、ブロックチェーンという仕組みも提案しました。

この仕組みの興味深い点は、「非中央集権化システム」、すなわち、大きな管理組織が必要ないこと。つまり、仮想通貨がさらに伸長していくと、銀行の存在価値にとどめが刺されてしまう可能性も出てきたのです。

フィンテックはまだ始まったばかり

 

 

 

 

お金を管理し、動かし、使う。こういったことのために、金融業界は圧倒的な支配力を見せつけていました。しかし、テクノロジーの伸長、とりわけお金の管理やお金の運用という分野においては、人間の専門家よりもAIやテクノロジーの正確性や演算能力の高さのほうが、相性がいいといえるでしょう。

フィンテックの発展はまだまだ始まったばかり。仮想通貨という新しい仕組みを提案しながら、お金とテクノロジーの融合はどこまで進むのでしょうか。もしかしたら、お金に悩まなくても済む時代がもうすぐ到来するかもしれません。

関連記事