ビットコイン(Bitcoin/BTC)

ビットコイン取引の普及のカギを握るビットコインETF

ビットコインは仮想通貨のなかでも最大の時価総額を誇っていますが、広く運用手段としての投資対象でみると、まだまだ株式や債券などに比べて非常に小さな存在です。

それは、暗号技術など難しい考え方を背景に成り立っている由来から近寄りがたいイメージがあることもあるでしょうが、私設取引所を通じた売買では、たびたびニュースになる仮想通貨の流出に関する危機感も背景にあるのではないでしょうか。

そうしたなかで、株式や債券、コモディティなどの従来からある投資商品を扱う有力な取引所へビットコイン関連の商品を上場させる動きがみられています。ビットコインをはじめとする仮想通貨に対する認知度向上を促し、

これらに対する心理的な敷居を引き下げる効果が期待されます。本稿ではビットコインETFに関する足もとの動向を整理したいと思います。

ビットコインETFの上場はいつになるのか?

ビットコイン先物が201712月に、米国のデリバティブ取引所であるシカゴ・オプション取引所(CBOE)、およびシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)に上場しました。ビットコインは取引所と呼ばれる場所を通じて売買されていますが、運営されているのは私設取引所です。CBOECMEは米国の商品先物取引委員会(CFTC)によって監督されている取引所であり、ここにビットコイン先物が上場したことのインパクトはかなり大きいです。

しかし、ビットコインETFが現在までのところ、上場しているETFはありません。一部の私募形式および店頭市場においてETFが存在しますが、広く一般では取引が可能なビットコインETFはまだ見られていない状況にあります。

ビットコインではなく、ビットコインETFにする意味

ETFとはどのような投資対象なのでしょうか?ETFExchange Traded Fundの頭文字を取ったものであり、今ではすっかり投資家の間で浸透している有価証券です。取引所にていつでも取引をすることが可能な投資信託(上場投資信託)になります。

ビットコインETFについても同様なことが言えます。つまり、ビットコインの値動きとほとんど同じ動きをする(同じ動きをすることが期待されている)有価証券です。一般の投資家はビットコインETFが取引所に上場することで、より取引をしやすくなり、また、ビットコイン自体にもより流動性が高まることが期待されています。

特に期待されているのが機関投資家の参加です。今までのビットコインの投資家層は個人投資家がほとんどで、機関投資家は手が出しにくい投資対象でした。機関投資家は他人のお金を受託して運用サービスを提供しているため、公的な正当性により担保されていないビットコインは投資対象とするのは難しかったのです。

機関投資家にとっては、売りから入ることができる先物取引は有用ではあるものの、先物取引は投資できる期間が限られていることがネックとなり、ビットコイン先物だけをもって、機関投資家がビットコインに本格的に参入するかどうかは不透明な状況です。

ビットコインETFの上場を計画しているのはどんな会社か?

Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏との確執などで有名なウィンクルボス兄弟のビットコインETFは、一部の熱心なビットコイン愛好者の注目を集めるなか、20173月に上場申請が却下されてしまいました。このETFは、ウィンクルボス兄弟が運営する私設取引所ジェミニにおけるビットコイン・スポット価格に連動するETFとして企画されましたが、このジェミニ取引所の少ない売買高では信頼性に欠けるとみなされたこと等が、却下された理由でした。

米証券取引委員会(SEC)は「裏付資産の流動性とバリューチェーンを巡り懸念を表明」したと伝えられるなかで、20181月には、デレクション・シェアーズETFトラスト、エクスチェンジ・リステッド・ファンズ・トラスト、プロシェアーズ・トラスト、バンエックベクターズETFトラスト、の4社が上場申請を取り下げています。

一方、ニューヨーク証券取引所はグループのアーカ取引所において、ビットコイン先物価格に連動し、レバレッジ比率の異なるETF5本について上場申請を行っています。また、1月に米SECより示されたビットコインETFに対する懸念に反論する形で、CBOEのクリス・コンキャノン氏が3月にビットコインETFの速やかな上場承認を行うように促す書簡を公表しています。まだまだビットコインETFが実際に上場されるのかについては予断を許しません。

ビットコインETF上場の動向に引き続き注目

ビットコインETF上場は、ビットコインの知名度を一段と向上させ、より成熟した金融商品になるための一里塚です。投資対象としてだけではなく、決済手段などの法定通貨のような貨幣機能をより高めていくためにも、ビットコインETF上場による流動性の向上は、ビットコイン価格のボラティリティを抑制し、より広く一般的な通貨として使いやすいものに大いに貢献するものと期待されます。今後もビットコインETFの動向に注目が集まります。