草コイン

仮想通貨nanoコインに秘められた実力・将来性を徹底解剖

新気鋭ながらも目をみはるほどの価格上昇を見せたnano(XRP)。その実力はブロックチェーンを応用した新技術DAGにあります。本記事ではnanoの特徴と将来性、さら購入にお勧めな取引所までご紹介します。

nanoに搭載された新技術DAGとは?

ビットコインを始めとする多く仮想通貨には、ブロックチェーンという技術が根幹にあります。しかし今回フォーカスするnanoにはブロックチェーンと似て非なる最新技術である「DAG」が採用され、それが注目を集める最大の要因です。

ブロックチェーン技術には「スケーラビリティ問題」という、決済スピードの停滞や送金コストの上昇を生じさせるシステム上の不具合を生じさせる可能性があり、現に2017年にビットコインがそのような状態になり大きな問題となりました。

nanoに採用されたDAGはそういったスケーラビリティ問題を「全て」解決するとされ、仮想通貨の中でもトップクラスのユーザビチティを誇り、今後も期待できるコインと言えます。

仮想通貨nanoxrb)の3つの特徴

前述の通りnanoの最大の特徴はDAGというシステムにあるので、まずはDAGとブロックチェーンの違いについて簡単に説明します。

ブロックチェーンは世界中のユーザーの取引情報がブロック内に収められ、それらをチェーンで繋いだものです。そのため、取引量が増えるとまるでデータの渋滞とも言えるような状況になり結果的にスケーラビリティ問題が発生します。

それに対してDAGは同じように取引情報をチェーンで繋ぎますが、「ユーザー各自が独立したブロックチェーンをそれぞれ所有する」システムです。要は各自が取引データを保管し更新していくため、一箇所に全ユーザーの情報を集めるブロックチェーンのように渋滞を起こす心配がないということです。

最速の送金スピード

ビットコインのスケーラビリティ問題を受け、今や取引の高速化は仮想通貨全体の課題となりました。そして現在のところスピードの特化したコインはリップル(XRP)が有名ですが、nanoはリップルをも超える取引スピードを実現します。

送金コストが無料

DAGはブロックチェーンのように大規模なデータ管理が必要ないので、維持費がかからずそのためnanoは現状では「送金が無料」となっていて、ブロックチェーンのコインではおよそ不可能なコストパフォーマンスです。

マイニングが不要

DAGという技術が開発された最大の要因とされているのがマイニングに関する問題解決とされています。マイニングはブロックを承認して生成する作業で、それを行ったマイナーに報酬としてコインを付与するというシステムです。

つまりはマイナーがいなければブロックチェーンは機能せず、ブロックチェーン型の仮想通貨はマイナーが大きな権力を持つ構造となりがちです。現に、ビットコインは大規模マイナー集団がそのシェア率の7割以上を占めていると言われており、「非中央集権」とは言えなくなってしまっています。

そういった問題を解決すべく生まれたDAGは、マイナーでなく格ユーザーがブロックを承認していくシステムとなり、本当の意味での「非中央集権」を実現する可能性があります。

仮想通貨nano をチャートから分析

引用:https://www.coingecko.com/ja/%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88/nano/usd

nanoは、2017年の7月頃に上場して、そこからおよそ5ヶ月後の年末から年始にかけて急激な上昇を見せおよそ100倍以上の値をつけました。

この暴騰の背景には大手取引所のbinanceの人気投票で1位を獲得し、上場が決定したことにあるようです。現状ではnanoを購入できる取引所は少ないですが、この注目度なので今後は取り扱う取引所が増えていくと予想されます。

大手取引所の上場ニュースに目を光らせておけば、再び発生するビッグウェーブに上手くの乗ることができるかもしれません。

仮想通貨nanoの価格上昇の鍵とは?

nanoの大きなネックになっているのは、2018年の2月にイタリアの取引所であるBitGrailにて発生した盗難事件です。これは、取引所のセキュリティの問題なので厳密にはnano自体の問題ではありません。

しかし、DAGが新技術であるためこういったデジタル犯罪に対してのセキュリティがまだ確立されていないということもあり、この事件がきっかけでユーザーに不信感を植え付けてしまったのも事実です。

セキュリティ向上のニュースに注目

nanoの開発チームはセキュリティを向上させていく方針を発表しています。今後はハードフォークなどのバージョンアップに注目が集まる可能性が高いので、開発関連のニュースも要チェックです。

安心安全なコインであるという認識が広まり、前述のような取引所の上場などのニュースが加われば年末以上のビッグウェーブになる可能性があります。

仮想通貨nanoを購入できるお勧め取引所

nanoを取り扱っている取引所は現在のところ海外のみで、国内企業は取り扱っていません。そしてその海外取引所は以下の3つです。

Binance(バイナンス)
BIT-Z(ビットゼット)
Kucoin(クーコイン)

何れにしても日本円での購入はできませんので、まずは日本の取引所でビットコインを購入してから、上記の取引所でビットコイン建でnanoを購入しましょう。

ビットコインの購入にはzaif(ザイフ)がオススメです。なぜならビットコインを購入するだけなら、ザイフの簡単売買というシステムを利用することで、本人確認書類の提出をせずともメールアドレスの登録だけで済むからです。

nanoの購入にはBinanceがお勧め

nanoの購入にBinanceがお勧めな理由は以下のようなものです。

・業界最大手(閉鎖のリスクが低い)
nanoの取引高が高い(全体の70%以上をシェア)
・日本語に対応している
・人気投票で、トレンドを把握できる

特に閉鎖のリスクが低いというのは大きいです。以外と規制などで閉鎖に追い込まれてしまう取引所は世界中にあります。そうなれば、取引所に預けている自分のコインの行方はどうなるかわかりません。

仮想通貨nanoの将来性を示すニュース

nanoは先ほど述べた盗難事件で少しマイナスのイメージをつけてしまいました。しかし、そんな事件があってから間も無くnanoの価格は2倍以上の上昇を見せました。

他の仮想通貨が比較的下降気味の最中だったので、何かしらの注目材料がないとこうはなりません。その材料は以下の2点であると予想されます。

コインチェックに上場するかも?

nanoの上昇直前にnano開発チームのZack氏は大手取引所であるコインベースのGarry Tan氏に会合を依頼する旨のメッセージをTwitterで送りました。つまりはコインベースに上場する可能性があるということです。

可能性はそれだけでなく、コインベースのプラットフォームにnanoのシステムつまりはDAG技術を実装するかもしれないということでもあります。

実際にGarry Tan氏はnanoの実力に賞賛の言葉を贈っていました。単なる上場だけでなく、システムそのものにnanoが関わるようになればその将来性は大いに期待できるものとなります。

JPモルガンとの業務提携の噂

同時期にZack氏がJPモルガンの経営幹部と秘密裏の会合がなされるという噂も持ち上がりました。JPモルガンはアメリカの大手投資銀行です。

ブロックチェーンやそれを応用したDAGのような技術は投資銀行や証券会社などの金融機関との親和性が高いとされ、それらの技術開発に力を注いでいる仮想通貨関連の企業との業務提携は近年盛んに行われています。

例えば20183月にはリップルが韓国のウリィ銀行との実証実験が進み実用化を決定しました。そんな中、JPモルガンが既に実績も積んでるリップルではなくnanoと提携するとなれば、それはリップル以上の実力があると認められたことになります。