ブロックチェーン

仮想通貨Tezosとは?ガバナンスの分散化による新しいブロックチェーン

ガバナンスを分散化させるTezos(テゾス)とは?

引用:https://www.tezos.com/

Tezos(テゾス)とは、既存のブロックチェーンの課題を解決する為に開発された独自のブロックチェーンです。

既存の全てのブロックチェーンでは、ブロックの取引を承認する「コンセンサス」の部分においては分散化された仕組みで設計されていますが、ブロックチェーンそのものの統治、いわば「ガバナンス」の部分は分散化されていません。

Tezosではその「ガバナンス」の部分の分散化を提唱したブロックチェーンです。

仮想通貨Tezosの特徴

では、以下よりTezosの特徴や将来性を解説していきます。

ガバナンスの分散化

Tezosでは、ブロックチェーン上の「ガバナンス」の部分を開発者ではなくコインを保有するユーザーが決定していくという特徴を持っています。

このTezosの他にもユーザーの投票によってガバナンスが維持される「Decred」と呼ばれる仮想通貨がありますが、いずれもユーザーによる投票でロードマップを作っていくモデルなのです。

これによって一部の開発者による集中化を防ぐことができ、ブロックチェーンの分散性を維持するのです。

Tezosの投票システム「Tutarchy」

Tezosのブロックチェーン上では「Tutarchy」と呼ばれる投票システムが採用されており、これによってシステムの修正案等が投票で決められ、ガバナンスの分散化を維持することができます。

また、そのシステムのバグや修正に対してもインセンティブが設けられており、システムの向上に貢献したユーザーは報酬が得られる仕組みとなっています。

そもそもここにインセンティブがなければ誰もネットワーク価値の向上に貢献なんてしないでしょう。

コンセンサスアルゴリズムはPoS

TezosのコンセンサスアルゴリズムはPoSが採用されており、コインを多く保有する者にインセンティブがもたらされます。

これによってPoWで問題となっていた電力消費やトランザクションの遅延などを抑えることができます。

ハードフォーク無しのアップデートを実現

既存のブロックチェーンでは問題点やバグを修正する際にはハードフォークによるアップデート方法が採用されていました。

ハードフォークをすると新旧互いのブロックチェーンは永久に交わることが無く、互いに互換性の無いブロックチェーンとなります。

そして既存のブロックチェーンでは修正内容を各ノードによる多数決で決めるのですが、過去ビットコインの分裂問題ではこのハードフォークにおいて開発者とマイナーの間でビットコインのお家騒動が起きました。

※詳しい内容は本記事では割愛します。

そこでTezosではハードフォークをしない問題解決やバグ修正を実現します。

Tezosでは「ネットワーク」「トランザクション」「コンセンサス」の3つのプロトコルを独立させて分散させていますが、これによって新旧どちらのブロックチェーンも互換性が保たれるようにリスク分散しているのです。

TezosのICOとその後の内紛について

Tezosは2017年の7月に行われたICOでおよそ200億円以上の資金調達に成功しています。

ですが、このプロジェクトではICO後に創業者とICOを仕切っている基金間での内紛が勃発しているという報道がなされたのです。

引用:https://www.tezos.com/team

Tezosを開発したのはオーサー・ブライトマン氏とキャスリーン・ブライトマン氏の夫妻ですが、このブライトマン夫妻側がTezos財団の社長であるヨハン・ガーヴァース氏の解任を理事会に求めた上に、「解任が認められない場合はTezosから手を引く」と発言しており、これが揉めて内紛となりました。

そのような内紛によってICOによるトークンの配布が滞り、投資家からの集団訴訟を起こされる事態になりました。

中々トークンを配布してもらえない投資家は「Tezosは詐欺だ」と称しましたが、そもそもICOでは確実に投資家にトークンを配布するという確約はありません。

ここが有価証券とICOトークンとの違いであり、必ずしも法的な請求権がICOトークンにあるわけではないのです。

現在もその集団訟は続いており、Tezosのトークンである「XTZ」はまだそのいざこざに巻き込まれています。

Tezosの将来性とコミュニティの未来

以上がTezosについての解説でしたが、このTezosの「ガバナンスの分散化」とは開発者に依存せずユーザーがコインの未来を形成していくという思想です。

これによるメリットはユーザーのアイデアによるオープンイノベーションが起きやすいことでしょう。

内部で既得権益を抱え続ける組織にイノベーションは起きにくく、イノベーションは外部から起こると筆者は考えています。

このような思想は、既存の地方や国家といったコミュニティで応用されると非常に面白いのではないでしょうか。

しかし、反対にデメリットもあり、それは投票そのものが結局開発者に握られ集中化してしまうことや、ロードマップが不明確になってしまうことです。

課題はまだまだありますが、仮想通貨はブロックチェーンの革新性を伝えるツールであると考えており、時間をかけてでも既存の社会へ実現化させていくべきだと考えています。