ビットコイン(Bitcoin/BTC)

ビットコイン円レート、チャート情報でお得に換金する方法

ビットコインを購入する場合には、しっかりとレートを確認する必要があります。法定通貨の円で見るべきなのか、それともドルを基軸にするべきなのか?レートの見方や計算方法、それに伴うチャート推移の見方など基本は押さえるようにしましょう。

ビットコインレート(円とドル、見方や計算方法、チャート推移など)についてまとめています。この記事を見て頂ければ一通りビットコインレートについて分かります。是非、記事を参考にして下さい。

ビットコイン円の取引情報のチャートで未来予想

ビットコインは非常に上下幅が大きい相場です。その為投資家の人からは、魅力的な相場と映っているようです。すべての人が、儲けを出している訳ではありません。儲けを得ている人は、チャートから未来予想をしっかり立てられている人だけなのです。

本気で儲けを出したいと考えている人は、適当に始めるのではなく、必ず長期のチャートを理解するようにしましょう。需要と供給によって価格の大きな変動が起こります。

株式の場合は、何か事件や事故が起こることで大きく変動します。需要と供給のバランスが何らかの理由で、一気に狂うと乱高下が起こることを知っておきましょう。

相場を大きく左右する現象は、世界中にあります。世界経済と大きくマッチしているので、ニュースはまめにチェックする必要があります。常に世間に興味を持つよう心掛けましょう。

また、為替レートの動きを数字だけでなくグラフ化したチャートを使ってみることで、相場の流れがすぐに把握出来ます。それを使って今後の値動きを予測して、取引のタイミングを決めていきます。

チャートは、投資する対象のものの価格をグラフ化して見やすくしています。チャートはビットコインで投資する時には、欠かすことの出来ないものです。

チャートから流れをつかみ、世界事情からどのようになるかを予測することが必要になってきます。最初のうちは全くチャートを見ても予測が建てられず、どのような推移になるのかが、読めない状態の人は沢山います。

ストップ高とストップ安がない市場ですのでしっかりした見極めが出来ないと、大変なことになりますので最初は少額からスタートすることをおすすめします。

チャートの変動が少なくなって来ているのは、ビットコインが仮想通貨として認められて世界的に普及してきたことを意味しています

ビットコインの円レートは、各取引所で違う?

ビットコインレート、価格差を利用

ビットコインのレート()は仮想通貨各取引所で違います。ビットコインの相場と言えば、よく見かけるチャートが一般的ですが実際にビットコインを購入するには、レート()をしっかりと確認して購入した方がお得です

ここでは法定通貨である円を基準にビットコインのレートにはどのような違いがあるか、

ビットコインのレート()の基本的な見方から、レート()の違い、お得な購入方法について紹介していきます。

ビットコインのレート()は各国で異なります。ビットコインを購入する時、基本的には取引所で円をビットコインに交換して手に入れます。

日本だけを考えるとそのようになりますが、ビットコインは世界中で、ある程度の法定通貨であればどこでも購入が可能です。世界を基準にするとビットコインのレートは様々です。

下の画像はUSドルを基準とした日本、欧米  、中国、韓国のビットコインの価格差です。

https://twitter.com/Sat_forexer/status/918406586992701440/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fokubitobu.com%2Fbitcoin-rate-yen

海外の場合その国ごとの法定通貨によるレートがある為、このような価格差が生じてしまいます。レートの安い国の法定通貨を用いてビットコインを購入すればお徳になります。

但し、基本は円でのやり取りが無難です。ここでは円を基準に話を進めていきます。海外とのレート差があるように、日本の各取引所によってもレート()は異なる場合があります。

ビットコインレート()の見方

ビットコインのレートは、どのようにして決まるのでしょうか。ドルや円、それとも金の価格によって決まるのでしょうか。ビットコインのレートは円とドルを比べるとどのような違いがあり、為替との関係もどうなっているのか気になる所です。

ビットコインのレートは何を基準にすればいいのか戸惑うこともあり、しっかりと理解する必要があります。ビットコインのレートの仕組みについて見ていきます。

まず覚えておく必要があるのは、ビットコインを決める基準通貨は存在しないことです。

ビットコインはそれぞれの国の法定通貨で取り扱われておりアメリカであればドルビットコイン、ヨーロッパであればユーロビットコイン、日本であれば円ビットコインと自国通貨にて売買されています。

ビットコインはドルでレートが決まるのではなく、各国の基準通貨の市場に於いてビットコインを、買いたい人と売りたい人の需要と供給の関係でレートが決まります。

価格の推移を見る時にはドルが用いられることが多いですが、ドルが基軸通貨になっている訳ではないことを覚えておきましょう。

ビットコインのレート()は各取引所で異なる?

各国の需要と供給によって、ビットコインの価値観が違う結果になります。ビットコインのレート()は各取引所で違います。ビットコインの相場はよく見かけるチャートですが実際にビットコインを購入するには、レート()をしっかりと確認して購入した方がお得です。

相場データ

買板     

   売板

取引所

平均      

819291    

Zaif

819435        

819510

bitFlyer   

819424      

819578

bitbank     

825961     

829058

QUOINEX

818261        

818667

国内の取引所を比べてもビットコインのレート()が違うのが分かります。売りたい時は買い板を見て高く買ってくれそうな取引所を選びます。逆に買いたい時は、売り板を見て安く買えそうな取引所を選びます。

ビットコインを日本円に換金する方法は?

ビットコインを換金出来る所は多いですが、最も良いのは取引所を利用することです。恐らく最初にビットコインを入手した人は、この取引所を何らかの形で利用することによって入手されたのではないでしょうか。

よって基本は取引所を利用します。ブロックチェーンウォレットにウォレットを保管されていた人は、そこからビットコインを取引所に送付し受け取り用アドレスを入力し、そこで受け取ったビットコインを日本円に換金すれば終了です。

ビットコインを売る時は数量も聞かれますが、取引所経由なのですんなりいきます。取引所には売りたい人と買いたい人がいるので、買いたい人に取引所を仲介して売ることになります。

その後は、登録した口座に出金依頼をして終わりです。基本のやり取りが取引所という人ならこのやり方が一般的になります。

ビットコインはそのままでも利用出来ますが、利用出来ない所の方が今では国内で多いので、必要に応じて日本円に換金する必要があります。

ビットコインを換金出来る場所は数多く存在しています。まずは取引所です。取引所では換金もしてくれます。他のやり方としてはビットコインATMを使う方法があります。

一部のATMではビットコインの売り買いに対応しているものもあります。東京の一部で使われているシステムです。

本人確認後ATM画面に表示されるアドレスへビットコインを送付するものですが、ATM画面の送付先情報をQRコードを使って読み取り、ネットワーク経由で売却したいビットコインを送ることで手続きが完了です。

対応しているATM普及率によって、日本中で使えるものになるかは変わってきます。置いていない所も多いので、取引所を利用することをおすすめします。

ビットコインを円換算で計算するおすすめの方法

数年前はビットコインの価格は数千円程度でしたが、今では数十万円、将来的には数百万円まで上がるのではと言われています。その時ビットコインを購入する際に「10万円分のビットコインはどれぐらいなのか」分からないことがあります。

1ビットコイン以下を購入する時は、0.001などの表記で円換算で計算するおすすめの方法を見ていきます。あまり知られていませんがビットコインと日本円を瞬時に計算出来るサイトがあります。「coin  desk」です。

使い方はとてもシンプルです。サイトにアクセスしてお金を日本円(JPY)に設定して、日本円の金額を入力すればビットコイン価格が出てきます。

ここを利用すれば日本円を確認することが出来ない海外取引を利用する時でも、すぐに価格を調べられます。従って送金で慌てる必要がなくなります。

今後、仮想通貨は伸びる可能性がが高く、当たり前のように使うものになっていくでしょう。技術面も優れていてキャッシュレス化が世界的に進むと言われています。

仮想通貨が普及すれば、世界各国共通の支払い手段となります。ビットコインを円換算でで計算する便利なサイトを使って、良いタイミングを逃さない取引が出来るようにしていきましょう。

ビットコイン価格と日本円、米ドルとの関係は?

ビットコインは現在、世界の多くの国で取引されています。従来はビットコインを禁止または制限時間していた国が、徐々に認めるようになってきています。

アメリカではドル・ビットコイン、ユーロ圏ではユーロ・ビットコイン、日本では円・ビットコインなど各国ごとに自国の通貨で売買されています。

例えば、金は米ドル建てで値付けされています。日本ではそれを円換算して日本円で売買、ユーロ圏ではユーロに換算されてユーロで売買されています。「金価格×為替レート」で円建ての金価格が決まります。

ドル建てで値付けされているのは、米ドルが世界の基軸通貨となっているからです。株価の場合、日本円での投資に必要な額は、株価を円に換算するだけです。

しかし、ビットコインは違います。ビットコインは米ドルで価格が決まっている訳ではないということを知っておく必要があります。

価格の推移を見る為に便宜上、米ドル価格が用いられることが多いのです。

元々は、米ドルで価格が決められている訳ではないのです。ドル・ビットコイン、ユーロ・ビットコイン、円・ビットコインなどそれぞれで価格が違い、いずれもドル・ビットコインを買いたい人と売りたい人のバランス

(需給バランス)、ユーロ・ビットコインの需給バランスなどで、価格が決定しています。

金に投資した人は混乱してしまうかも知れませんが、円・ビットコインの価格は「ドル・ビットコイン為替レート」では決定しないということを覚えておきましょう。

ビットコインチャート情報を良く知り取引所格差で利益を

ビットコインを購入する際にはレートやチャートを確認し、取引を行うようにしていきます。情報を取るということは、とても大切です。

ビットコインは、上下幅がとても大きい相場です。投資家にとっては、それだけ魅力のある相場だと感じる人も沢山います。利益をしっかり出す為には、レートやチャートは欠かすことが出来ないものです。

ビットコインの基軸通貨は、米ドルではありません。各国ごとの自国通貨で取引されています。株式や金の売買は、米ドル建てで値付けされています。

日本円では、円・ビットコインでの取引になります。米ドルが基軸通貨ではないので、誤解のないよう注意して取引しましょう。

ビットコインレートやチャートは、各取引所で価格差がありますのでよく調べた上で購入するようにしましょう。ビットコイン()を売りたい時は、買い板を見て高く買ってくれそうな取引所を選びます。反対に買いたい時には、売り板で安く買えそうな取引所を選ぶようにします。

Zaif(ザイフ)bitbankなど取引手数料が無料の取引所、価格差を利用して利益を少しでも出せるビットコイン取引を目指していきましょう。