アルトコイン/altcoin

リップルコインとは?購入方法や将来性、今後2018〜2020年の予想

仮想通貨「リップル」の可能性

 

 

 

 

 

日本でも大きな盛り上がりを見せる仮想通貨。仮想通貨がどんなものかは知っているが、なかなか購入までは踏み切れないという方もまだまだ多いでしょう。

今回は仮想通貨の中でもリップルコインに焦点をあてて解説いたします。リップルコインは非常に大きな可能性を持った仮想通貨ですので、ここでしっかりと抑えておきましょう。

価格急上昇中のリップルコインとは

 

 

 

 

 

リップルコインとはアメリカの企業「Ripple, Inc.」が開発したリップル(Ripple)という送金・決済システム上で用いられる仮想通貨のことです。これだけでは理解出来る方は少ないと思うので、初心者の方でも分かるように解説していきます。

リップルは従来の国際送金を変革したシステム

Ripple, Inc.は理念として「価値のインターネット」の実現を掲げています。これまで国を跨いでの送金・決済は時間もコストも要していました。リップルはそれらの問題を改善する画期的なシステムなのです。

そのためビットコインをはじめとする仮想通貨よりも一連の処理速度が圧倒的に早く、手数料も安いという特徴を持っています。

リップルコインは様々な通貨をやり取りするための仲介通貨

リップルコインはリップルシステム上で、日本円や米ドルといった様々な通貨で送金する際に利用される仲介通貨です。またリップルコインという呼び方が広まっているようですが、正式な名称は「XRP(エックスアールピー)」と呼びます。

国内外の大手金融機関も採用に乗り出す

リップルシステムは様々な国の中央銀行やメガバンク、フィンテック企業が採用、実施すると次々に発表しています。

三菱東京UFJ銀行は2018年初から、仮想通貨の中核技術であるブロックチェーンを活用した次世代型の国際送金サービスを始める。米バンクオブアメリカ・メリルリンチなど米欧豪の大手6行と連携。米ベンチャーのリップルが持つ技術を活用し、即時決済を可能とする。

引用:https://www.nikkei.com/article/DGXLASDC30H1H_Q7A330C1EA2000/

三菱東京UFJ銀行はリップルを使用したサービスの開始を発表しており、またイギリスの中央銀行であるイングランド銀行もリップルを使用して、次世代決済システムの実験を実施を表明。さらに大手クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレスも業務提携を行うなど、金融機関にも大きな影響を与えています。

送金・決済手段として考えると、通貨の価格が安定している必要がありますが、リップル以外のコインを含め、仮想通貨全般の価格は安定していません。投機対象として見られてしまっている現状では、価格が安定するのは難しいでしょう。

しかし、リップルはこのような状況でも様々な金融機関で採用が進んでおり、その大きな要因は2点あると考えています。

1点目はRipple, Inc.が流通量をコントロールしていること。XRPの発行総量も1000億と決定していますので、価格の高騰や暴落は発生しにくいい事です。

2点目は金融機関の送金・決済コストを削減できるメリットがあること。仮想通貨の出現で銀行を通さなくても個人間でお金のやり取りが出来てしまうので「乗り遅れるわけにはいかない」と企業も焦っているのではないかと考えています。

取引所でのリップルコインの購入手順・買い方

 

 

 

リップルコインは他の仮想通貨と同様に取引所で購入することが出来ます。取引所とは購入者と売却者を繋ぐ場のことです。後述しますが、リップルコインを購入できる取引所は国内に複数存在します。

リップルコインの購入手順は次の通りです。

1.取引所に登録

2.取引所に入金

3.リップルコインを購入

仮想通貨取引所への登録には本人確認書類が必要です。また、セキュリティ対策のため、2段階認証は必ず設定しましょう。基本的には、どの取引所も銀行口座やコンビニから入金することができます。

入金後、リップルの購入が可能になります。購入の際は価格と数量を指定して注文。取引が成立するとコインを入手することができます。

また、取引所とは別に「販売所」と呼ばれるものも存在しており、こちらは販売所から直接、仮想通貨を買うことが出来ます。販売所は購入したい仮想通貨をすぐに入手できますが、取引所より手数料が割高になります。

取引所のメリットは販売所よりも手数料が安く購入出来ること。デメリットは条件にマッチングしない場合があり、その場合は購入することも売却することもできません。

両方にメリット、デメリットは存在しますので、その時点でのご自身の状況に合った購入方法を選ぶといいでしょう。

リップルコインの取引所5選

有名な取引所は次の5つ

Coincheck(コインチェック)

コインチェックに入金する方法。反映までにかかる時間は?はじめに 引用:https://coincheck.com/ja/ コインチェックは日本で最大のビットコイン取引所(Bitc...

GMOコイン

GMOコインの評判とは。アプリやその手数料・スプレッドを調査GMOコインは仮想通貨取引所としておすすめできるのか 出典:https://coin.z.com/jp/ ビットコイン(Bi...

BitTrade(ビットトレード)

「ビットトレード」2016年設立の新参取引所の評判・特徴などを検証ビットトレードの実用性とは。 ビットトレードと言えば、小島瑠璃子さんがイメージキャラクターを務めている事もありメジャーな印象ですが...

DMMBitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinへの口座開設がおすすめ。レバレッジFXや手数料も解説DMMビットコインはおすすめ取引所 出典:https://bitcoin.dmm.com/ 2018年に入って早々に約5...

bitbank(ビットバンク)

ビットバンク(bitbank)の評判は?手数料やその使い方を調査国内の仮想通貨取引所「bitbank」 出典:https://bitbank.cc/ ビットコイン(Bitcoin)やイーサ...

取引所ごとに手数料が安い、お得なキャンペーンがある、取り扱い仮想通貨の数、UI(ユーザーインターフェース)が使いやすい等、それぞれに特徴があります。その中でもオススメの取引所はCoincheck(コインチェック)です。

Coincheck(コインチェック)は「支払いをもっと便利に、快適に」をコンセプトに掲げており、画面の見やすさ、分かりやすさは初心者の方に好評です。リップル以外の仮想通貨にも興味がある方は多いと思いますが、取り扱い仮想通貨の数で見てもコインチェックが国内トップです。

さらに2段階認証を実施することが条件となりますが、不正ログインに対して100万円まで損害補償されるので安心して取引ができます。

2014年に仮想通貨取引所のマウントゴックスがシステム不具合から不正アクセスを受け、顧客分の75万ビットコインを消失した事件が発生しました。取引所の安全性を懸念する方は多いかと思いますが、100万を超える運用をしないのであれば安心して使用できます。

【2018年のリップル】緩やかに上がっていくと予想

 

 

 

 

 

2017127日、リップルは自社が保有する630XRPのうち550XRPをロックアップが完了したと発表しました。(ロックアップとは市場への通貨の流通を凍結すること)

そして、2018年以降は550XRPから毎月10XRPを市場へ放出。余剰分は55ヶ月間再度ロックアップします。このことから、リップルが一気にXRPを放出して市場が大量の通貨で溢れてしまい、価格が下がってしまうことはないと考えられます。

各金融機関は従来のシステムからリップルに取って代わり、コストを削減し、迅速な送金・決済を進めます。現在行われている国際間取引の総額に釣り合うように価格は上昇していくと思います。リップルの採用は徐々に広がり始めた段階なので、急激に上がるとは考えにくいです。

そのため、「少額投資で一気に儲けたい。」という方には向かない仮想通貨だと思います。今後、多くの人々に使用され定着していき、価格は安定していくと考えられます。大幅に損したくない方にはオススメです。

【2020年のリップル】東京オリンピック開催。観光客によるリップル利用が予想される

 

 

 

 

2020年は東京でオリンピックがある年です。世界各国から多くの観光客が日本を訪れ、宿泊施設、食事、お土産など様々なシーンでお金が使用されます。

みずほフィナンシャルグループが「2020年東京オリンピックの経済効果」として レポートを発表。それによると過去のオリンピックの経済効果から、GDP120億ドル、観光客は3600万人に達すると算出されています。

さらに、過去4大会の開催国とも、開催年が決定した後インバウンド観光客数が増加しています。事実、日本政府観光局が公表している訪日外客数が2013年の10,363,904人から2017年には倍以上の28,690,900人にまで増加。

リップルが決済システムとして導入されていれば、国際送金の面で非常に大きな役割を果たすため、オリンピック需要もあり、単純な流通量は上昇するでしょう。それに伴い、リップルの価格は安定的に上昇していくと考えられます。

リップルコインはマイニングできるのか

 

 

 

 

 

 

あなたは「マイニング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?簡潔に説明すると、マイニングとはインターネット上で取引される仮想通貨の決済の手伝いをすることです。

非中央集権である仮想通貨は、ネット上の有志が集まり取引台帳の記載の手伝いをすることにより、通貨としての決済機能や価値が保たれています。高性能PCを屈指して取引記録を計算して、その報酬として仮想通貨が貰えるというものが仮想通貨のマイニングです。

しかし、残念ながらリップルではマイニングを行うことができません。Ripple, Inc.1000億ものリップルコインを発行し終わっていますので、マイニングの必要がないのです。

ブリッジ通貨「リップル」の今後

 

 

 

 

 

リップルは「ブリッジ通貨(通貨間の橋渡しを担う通貨)」と呼ばれ、ビットコインや他のアルトコインを送金するコストを担保する通貨として大きな可能性があります。

時価総額でビットコイン、イーサリアムに次ぐ第三位となっていることもあり、今後のリップルの動きは世界中から大きな期待が集まっています。

リップルは決済システムとして大きな可能性があるため、長期保有を視野に購入してみるのもいいかもしれません。

関連記事