仮想通貨

BTCBOXの使い方を解りやすく解説。評判・手数料・特徴を完全ガイド

日本一歴史の長い仮想通貨取引所「BTCBOX

BTCBOXBTCボックス株式会社により20143月から運営が開始された仮想通貨取引所です。日本国内の仮想通貨取引所として一番早く運用が開始された取引所でもあります。

現在取り扱いのある仮想通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインの4種類とシンプルです。

そんな老舗の仮想通貨取引所として日々活発な取引が行われているBTCBOXの魅力は一体何なのか?

今回はBTCBOXの登録から使い方まで幅広くご紹介する記事となっています。これからの快適な仮想通貨取引に是非役立てて下さい。

BTCBOXの評判や使い方について

 

仮想通貨取引所を選ぶ基準の第一には安全性が最も重要なポイントとして挙げられます。流出事故やサーバーダウンなど予期せぬ事態が取引所の評判を落とすことに成りかねません。

BTCBOXは日本国内で唯一サーバーダウンが起きていない取引所で最も安全な取引所の一つと言えます。ユーザーから選ばれる理由には安全面ももちろんですが、取引高も高くBTC/JPYの取引ペアの手数料が無料となっており、買い売りともに有利な価格で取引できるところも人気のポイントになっています。

日本の仮想通貨取引所の中では知名度はそれほど高くありませんが、海外では評価が高く、日本でも認知度が上がれば需要も増えていくことでしょう。

これからBTCBOXの利用を考えている方達に向けてBTCBOXの登録や使い方について解説していきます。

BTCBOXのアカウント登録方法について

まずはBTCBOXのトップページへアクセスしましょう。

引用:https://www.btcbox.co.jp/

1:「新規登録」をクリックしますと次の画面に移ります。

引用:https://www.btcbox.co.jp/user/register/

2:メールアドレスとログインパスワードを決めて、利用規約をよく読み同意の上次へをクリックします。

3:入力したメールアドレスに確認のメールが送られますので、流れに沿って本登録を済ませます。

本人認証の登録

アカウント登録を済ませましたら、本人認証の登録をしてBTCBOXの口座開設することになります。

1:電話番号の登録
アカウント登録が完了しましたら表示されるページに電話番号の入力をしましょう。

電話番号を入力しますと、SMSでコードが送られてきますのでそのコードを入力して次に進みます。

2:氏名や住所などの個人情報の登録

コードの入力が完了しましたら次は個人情報の登録です。流れに沿って進めていけば問題ない箇所です。

3:本人確認資料の添付

個人情報の入力が完了しましたら、最後に本人確認資料として「運転免許証」や「パスポート」などをカメラで撮影したものをアップロードします。

4:ワンタイムパスワードの入力

本人認証の登録が全て完了しますとBTCBOXから自宅へ一通のハガキが送付されます。

ハガキに記載してあるワンタイムパスワードをweb上で入力して完了です。

ハガキが届くまでは1週間ほど時間がかかりますので、先に2段階認証を済ませておくとよいでしょう。

続いて2段階認証の設定方法について解説致します。

2段階認証の設定について

BTCBOXのトップページから「セキュリティ」を選択し「2段階認証」をクリックします。

参照:https://www.btcbox.co.jp/help/ga

続いて、スマートフォンアプリの「Google Authenticator」をインストールします。

2段階認証を設定する上で必須となります。

iPhoneをお使いの方は「App Store」、Androidをお使いの方は「Google play」にてダウンロードして下さい。

参照:https://www.btcbox.co.jp/help/ga

Google Authenticator」を開き、〔+〕アイコンをタップしてQRコードをカメラで読み取ります。

参照:https://www.btcbox.co.jp/help/ga

QRコードを読み取ると6桁の数字が表示されます。

その数字を「2段階認証コード」に入力して設定は完了です。

BTCBOXへの入金

続いて、取引をする前の入金について解説していきます。まずは、BTCBOXトップページより「入金」をクリックします。

参照:https://www.btcbox.co.jp/help/chongzhi

入金したい希望金額を入力して「次へ」をクリックします。次へ進みますと入金先の口座が表示されますので、そちらに振り込み処理をして完了です。

BTCBOXの取引手順

入金まで終えたらいよいよ仮想通貨の取引が出来るようになります。BTCBOXトップページより購入したい仮想通貨を選び「注文へ」をクリックしましょう。

参照:https://www.btcbox.co.jp/help/jiaoyi

「注文価格」「注文数量」「取引パスワード」を入力して「買い」をクリックします。

参照:https://www.btcbox.co.jp/help/jiaoyi

以上がBTCBOXの基本的な使い方です。

非常にシンプルで簡単ですが、BTCBOXはスマートフォンアプリも非常に評判が良いので出先で取引がしたい場合にはスマートフォンアプリを活用すると大変便利です。

BTCBOXの基本情報や特徴について

BTCBOXの特徴を解説してきます。まずは基本情報からご覧下さい。

BTCBOXの基本情報

会社名

BTCボックス株式会社

設立

201436

取り扱い銘柄

BTC /ETH /LTC /BCH

業態

取引所

代表者

David Zhang

BTCBOX2017929日に「仮想通貨交換業者」として財務局に登録されています。安心して取引ができる取引所です。続いて特徴を解説致します。

セキュリティの強さ

BTCBOXはシステムの安定やセキュリティの強さに定評があり、サーバーダウンゼロの運営に誇りを持っている取引所です。

外部にサーバーを委託せず、BTCBOX内部のエンジニアによる管理を徹底していることから運営体制がとても整っているのが特徴です。

また、google二段階認証やオンライン上で管理できるコールドウォレットを採用している為、ハッキング攻撃を防ぐ体制もしっかりとなされています。

独自の機能「仮想通貨融資」

BTCBOXは独自の機能である仮想通貨融資というものがあります。

これは、総資産の3倍までの金額までBTCの融資を受けられる機能で信用取引と呼ばれているものです。

しかし、手数料が高めに設定されており1日に借入金額の0.008%0.1%ほどかかりってきますので、余程のことがない限りは普通に取引をすることをおすすめ致します。

日本版と国際版のBTCBOX

BTCBOXでは、中国語と英語に対応している国際版のBTCBOXもあります。国際版では、日本版には対応していないGame Creditsの売買ができます。

Game Creditsは、オンライゲーム内でのアイテムの購入やオンライゲームを購入する為に開発された通貨です。

ゲーム開発者とプレイヤーがプラットフォームを介さずにやり取りができるので一部のユーザーから高い支持を得ています。

BTCBOXの手数料説明

頻繁に取引を行うとなると気になるのが手数料です。BTCBOXでは入金時は無料ですが、出金時の手数料には少し注意しましょう。

・売買手数料

仮想通貨銘柄

手数料

ビットコイン(BTC)

無料

ビットコインキャッシュ(BCH)

0.2%

ライトコイン(LTC)

0.2%

イーサリアム(ETH)

0.2%

ビットコインは無料ですが、アルトコインは一律で0.2%となります。

・出金手数料

仮想通貨銘柄

出金手数料

ビットコイン(BTC)

0.0001BTC

ビットコインキャッシュ(BCH)

0.001BCH

ライトコイン(LTC)

0.002LTC

イーサリアム(ETH)

0.01ETH

唯一気になる点を挙げるとすれば、他社の取引所では出金手数料が固定になっているところ、BTCBOXではビットコインで例えると0.0001BTCが必要となる為、手数料の価格が変動するという点です。

この辺を不便と感じるかどうかはユーザーご自身の判断に委ねることになります。

BTCBOXは安全面を最優先にするならば選ぶべき取引所

BTCBOXは運営体制がしっかりしているので安心して利用できる取引所だという事が理解頂けたことでしょう。

BTCBOXのデメリットとも言えるべき点は、仮想通貨の取り扱い銘柄が4種類と少ないところと出金手数料が変動する点でしょうか。

しかし、取引する銘柄と目的がしっかりと決まっていれば気になるデメリットでもありません。

取引所の安全面を考えるならばBTCBOXを利用することも視野に入れておくことをおすすめ致します。