仮想通貨

Livecoin(ライブコイン)ロシア発の取引所は評判が悪い?5つの特徴と使い方

仮想通貨の合法化に乗り出したロシア

日本国内でも億り人が誕生し、人気女優をCMに起用し、ますます仮想通貨市場は盛り上がりを見せています。

一方、大国の1つロシアでは、プーチン大統領が20187月までに仮想通貨の合法化に向けて法整備を行うと、同年31日に公式発表しました。

仮想通貨市場への追い風となるのか、今後のロシアにも注目したいところです。

そんな中、ロシア発の取引所「livecoin(ライブコイン)」がじわじわと注目を集めています。

運営元が不明なため、一見怪しささえ感じかねないlivecoin。そこで、livecoinの特徴や使い方、手数料についてご説明します。

評判の悪さも払拭するlivecoin5つの特徴 

出典:https://www.livecoin.net/

一見、その名前は仮想通貨ではないかと勘違いする人も多いかもしれませんが、livecoin(ライブコイン)はロシアの取引所であることは分かっています。

その歯切れの悪い理由は、運営会社の情報が公開されていないためです。利用時のトラブルや問い合わせへの対応が悪いことが指摘され、評判は良いとは言えません。

評判は良いとは言えないものの、livecoinユーザーは後を絶ちません。なぜなら、livecoinを利用する魅力的な特徴があるからです。

そこで、livecoinが魅力に感じる特徴を5つご紹介します。

特徴その1.取り扱う通貨の種類が豊富

Livecoinの特徴として、取り扱っている通貨の種類が豊富なことが第1に挙げられます。通貨の種類は200以上にもなり、通貨ペアを含めると300種類以上になります。

国内の大手取引所であるZaif5種類、bitFlyerでも7種類であることから、livecoinの種類の多さは一目瞭然です。

特徴その2.Fiatによる入金が可能

LivecoinではFiat(フィアット)での入金が可能です。

Fiatとは各国で発行される法定通貨のことを指しており、livecoinを利用する際は国内の取引所を通さずとも外貨で直接取引が可能だということです。

Fiatには、USD(米ドル)やEUR(ユーロ)、RUR(ロシアルーブル)の3種類に限定されています。

特徴その3.本人確認が不要

CoincheckによるNEM流出事件からも分かる通り、取引所を狙ったハッキングの脅威は増しており、各取引所もセキュリティ対策に必死です。

その一方で、livecoinの場合、取引の際に本人確認が不要で匿名での取引が可能なため、個人情報の流出への心配が無いといわれています。

特徴その4.バイナリーオプションが楽しめる

Livecoinでは、取引所には珍しいバイナリーオプションが搭載されており、投資以外にもカジノで遊んでいるようなゲーム感覚が味わえます。

どのようなゲームかと言うと、BTC / USDの値動きを予測して賭け、予想が当たった人たちで負けた人の賭け金を分け合うというシンプルなゲームです。

レバレッジはかけられませんが、賭ける金額が大きければ大きいほど分配率が高くなるため、非常にギャンブル性の高いゲームと言えるでしょう。

特徴その5.一定の取引額以上から取引手数料が安くなる

Livecoinでは30日間の合計取引額に応じて、取引手数料が安くなるように設定されています。最大で2,000,001米ドル以上で0.02%まで引き下げられます。

手数料の詳細については、後ほどご説明します。

日本語未対応のlivecoinの使い方

Livecoinは日本語未対応のため、予め基本的な使い方を理解しておく必要があります。そこで、最低限知っておきたい使い方を3つご説明します。

1.livecoinでアカウント登録し、二段階認証を設定する

参考:https://www.livecoin.net/

Livecoinを利用する場合、どこの取引所でもアカウント登録が必要です。Livecoinでは本人確認が不要なため、二段階認証の設定を済ませておきましょう。

二段階認証におすすめのアプリは、こちらです。

Android版「Google認証システム」https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.authenticator2&hl=ja

iPhone版「Google Authenticatorhttps://itunes.apple.com/jp/app/google-authenticator/id388497605?mt=8

Account登録後、「Security」をクリックして、Security Levelを「2advanced」に変更することで、二段階認証が可能になります。

設定後は上記でご紹介したアプリを活用して、二段階認証を行ってください。

2.livecoinに入金する

ログインし、ホーム画面の上部にある「Deposit」をクリックします。

仮想通貨が一覧で出るので、入金したい通貨の右にある「DEPOSIT」を選択し、通貨の種類や入金する金額を入力し、手数料を確認の上、「Pay now」をクリック。

画面に表示された入金用のアドレスやQRコードをメモして、送金を完了しましょう。

3.livecoinで出金する

出金する場合は、「DEPOSIT」の右にある「WITHDRAWAL」をクリックします。

出金画面が表示されたら、出金する通貨の種類や数量、受け取り用のアドレスを入力し、「ISSUEVOUCHER」をクリックすれば出金完了です。

Livecoinの手数料を一覧表でチェック

では次に、livecoinの手数料を一覧表で確認しておきましょう。

参考:https://www.livecoin.net/fees

上記の一覧表は、201847日現時点で公式サイトに記載されているUSD30日間の取引額の合計額による手数料です。

Livecoinの特徴でもご紹介したように、合計金額が大きいほど手数料が安くなっていることが分かります。

ただ、注意しておきたいのはFiatの種類や入金方法によっては手数料が異なる場合もあるので、事前に公式サイト(https://www.livecoin.net/)で確認しておきましょう。

ロシア政府発行のクリプトルーヴルlivecoinへの追い風となるか

冒頭でもご説明した通り、ロシア政府は仮想通貨の合法化に向けた法整備を公式発表しています。

それに伴い、ロシア政府発行を検討中の仮想通貨「Crptoruble(クリプトルーブル)」の存在がlivecoinの今後を左右する追い風となるかもしれません。

ロシア政府のお墨付きの仮想通貨が発行されれば、ロシアの取引所である「livecoin」が目を付けないはずがありません。

Crptorubleが国際社会で合法的な決済手段として受け入れられれば、世界はロシアの仮想通貨市場へ目を向け、livecoinもさらに注目を集めることとなるでしょう。

今後のロシアの動向もチェックしておきましょう。