ビットコイン(Bitcoin/BTC)

ビットコインの空売りを徹底解説。その内容とやり方を紹介

ビットコインが一時期200万円台に値上がりしたものの、現在は70万円台になっています。原因は世界各国が仮想通貨取引所に対する規制だと思われますが、実は大暴落そのものを喜んでいるユーザーがいます。

それは、空売りして利益を上げたユーザーです。空売りの仕組みは、高いときに仮想通貨を借りて日本円に換金して、安くなったら買い戻して返済するというものです。その期間にできた差額がユーザーの利益となります。

ここでは、ビットコインの空売りのやり方を中心に解説していきます。

ビットコインの空売りとはなにか

空売りとは、専門用語だと『信用売り』と言います。信用取引のひとつで、大暴落の真っ最中に儲けるチャンスでもありますが、詳しいやり方は後述いたします。信用取引とは、簡単にまとめると融資です。

借金を連想しますが、融資の担保として証拠金という金銭を預けることで、信用取引が可能となります。信用売りについて触れましたが、逆に信用買いというものがあります。信用買いとは、証拠金を担保しつつ、少ない資金で大きな取引ができるというものです。

なぜ少ない資金で大きな取引ができるのかというと、レバレッジという証拠金の倍率(2倍や3倍など)を上げた状態で取引が可能になるからです。話を戻しますが、ビットコインの空売りとは、信用売りについて説明した通りでもあります。

ビットコインの空売りのやり方を詳しく解説

その前に信用取引の信用売りに対応した取引所を利用することから始めなければなりません。ビットフライヤーとザイフであれば信用取引はできますが、このふたつの取引所は後述いたします。

空売りのやり方で最初に注意しなければならないのが、値下がりする仮想通貨を選ばなければならないというところです。逆に値上がりする仮想通貨を選ぶ場合は信用買いを選択しましょう。

話を戻しますが、ビットコインの空売りのやり方は、証拠金を納めることから始めます。しかし、ここから先は仕組みについて詳しく解説していくので、仮想通貨だけでなく株を始めたいユーザーも必見です。

仮にビットコインの価格が100万円とします。ユーザーは100枚を取引所から借りて、日本円に換金します。換金すると1億円になるというわけです。長期売買に持ち込み、ビットコインの価格が80万円に下がったところで、ビットコイン100枚を買い戻して取引所に返済しても、手元には20万円が残ります。

その20万円がユーザーの利益になるというわけです。しかし、逆に値上がりして損失を被った場合はどうするのかについてですが、その場合はロスカットが発生して、強制決済されます。

借金という概念は存在しませんが、大きな損失を被るのは間違いありません。話しを戻しますが、あまり欲を張らず、一定の目標金額まで達したら返済するとよいでしょう。

ビットコインの空売りは先物取引でもできる

先物取引とは、事前に決められた日に事前に決められた価格で取引を行うことを言います。具体的かつわかりやすい内容で説明するとこうなります。

現在の商品は10,000円で、半年後にその10,000円で購入するという契約が成立しました。半年後、その商品が15,000円に値上がりしました。半年前には、その商品を10,000円で購入すると交わされていましたので、15,000円ではなく10,000円で購入することができます。

購入した商品を15.000円で売却、その人は差額の5,000円の利益を確保することができました。しかし、逆に10,000円から8,000円に値下がりした場合でも、契約によって商品を10,000円で購入しなければなりません。

その結果、2,000円の損失を被りました。言葉は悪いですが、先物取引は博打(ギャンブル)です。ちなみに、期間内にも関わらず商品を売却することは可能ですが、その場合は相手の承諾が必要で、承諾が得られなかったら成立しません。

先物取引で空売りはできますが、現時点でビットフライヤーしかできません。他の取引所だと先物取引はできないのですが、いずれ実装されると思っています。先物取引でも信用取引と同じく証拠金が必要になります。

ロスカットの機能があるので、大きな損失を被る可能性はあっても、絶対に借金はあり得ません。

ビットコインの空売りができる取引所

ビットコインの空売りができる取引所は主にビットフライヤーとザイフが挙げられます。その2つを次に挙げて、やり方について解説していきます。なお、パソコンでの操作と、本人確認済を前提に解説していくことをご理解ください。

bitflyer(ビットフライヤー)

 

引用:https://bitflyer.com/ja-jp

bitFlyer Lightning」を利用すれば可能です。「Lightning FX」にアクセスすることで利用できます。まずは左上のメニュータブをクリックして、入出金をクリックします。その後、「証拠金口座へ預入れる」のところに、必要な証拠金を入力してクリックです。

準備を終えた後、元の画面に戻って建玉(たてぎょく)を確認します。表示されている数をまとめて空売りに利用できるので、すべてを選択するなり、一部選択するなり、この辺りについてはユーザーの好みといったところでしょう。

ただし、借りた枚数は借りた分すべてを返さないと、空売りの取引が成立しませんので、注意しましょう。

ザイフ(zaif

引用:https://zaif.jp/

「取引」をクリックしてトレードページにアクセスした後、赤く囲っている場所をクリックして、AirFXのページに飛びます。これは証拠金に達しても、口座残高から徴収されることはないというシステムを「EPSEarly Profit Settlement)」と呼びます。

信用取引の場合だと、機能的にはAirFXと変わりありませんが、ロスカット時に証拠金だけでなく、他の仮想通貨や日本円なども徴収されるので、AirFXをなるべく使ったほうがよいでしょう。

話を戻しますが、まずは売り注文を選択し、1BTCの価格を設定します。続いて売りたい量(空売り)を選択しますが、右側に必要証拠金が表示されるので、それを参考にしてみましょう。

その次はレバレッジを選択しますが、ここはユーザーの好みです。最後にリミット買いとストップの入力ですが、ここは任意です。しかし、重要でもあります。なぜかというと、負けるリスクを抑えるためだからです。

ここまで下がったら自動的に利益を確定したい場合はリミット買いの入力、ここまで上がったら自動的に損切りを確定したい場合はストップの入力となります。両方入力すると、大きな効果を見込めます。

最後に「売り注文」を押して確定できれば、空売りの手続きは完了です。

ビットコインの空売りはいつが望ましい?

下落傾向の時期が望ましいのですが、暴騰する可能性が秘めているのは確かです。チャートを見て、まだまだ値下がりしそうな感じなら、積極的に参加したほうがいいでしょう。仮想通貨大暴落で問題視されていた中、空売りしていた人は大きな利益を得たと考えています。

ビットコインの空売りは大暴落の時期を狙うべし

空売りは大暴落の時期に真価を発揮し、逆に大暴騰の時期は損失を被ることになります。普段から空売りを主体に取引している人にとって、価格の上昇は頭が痛い思いです。しかし、20184月末までに値下がるところまで値下がると考えていますが、5月以降になるとどうなるかわかりません。

ビットコインがそのまま値下がりするか、反転して値上がりするかどのどちらかになりますが、損失のリスクを最小限に留めるためには、ここまで値下がりすれば売ろうという気持ちを抱くことが大切です。

さらに値下がりするだろうと眠らせておくと、思わぬ損失を被ることになります。この場合は、勝つか負けるかではなく、自分自身の欲望に打ち勝てるかどうかにかかっているということでしょう。