ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)

注目されるビットコインキャッシュの2018年の動向を予想します

新しい仮想通貨。注目される理由を分析

仮想通貨が誕生して以来、世界中で様々なタイプの仮想通貨が生み出されてきました。その中でも特に大きな注目を集めているのが、ビットコインから派生したビットコインキャッシュです。

このビットコインキャッシュにはビットコインとは異なる様々な特徴があると言われています。そこで今回はビットコインキャッシュの特徴を紹介するとともに将来性などについても詳しく分析します。

知っておくべきビットコインキャッシュ(BTC)

将来有望な仮想通貨として話題を集めているのが、2017年に誕生したビットコインキャッシュです。このビットコインキャッシュは名前からも分かる通り、これまで取引されていたビットコインから派生(フォーク)した通貨です。

そもそもビットコインは開発当初から一つ一つのブロックの容量が小さすぎることが指摘されており、取引量の増加に伴って、取引スピードが低下してセキュリティーに問題が生じると懸念されていました。 そのような問題点を改善するにあたって、一部のビットコインマイナーによって新たに開発された通貨がビットコインキャッシュです。

ビットコインから派生したこともあり、多くの機能は共通していますが、ビットコインとは異なる新たな機能も付加されています。ビットコインとの大きな違いは、ブロックのサイズ(1MBから8MBに拡大)、ビットコインとは異なる独自通貨として存在、暗号化された秘密キー(ハードウェアウォレット)によってセキュリティーが強化されているなどの点です。

ビットキャッシュはビットコインが抱えているリスクを無くし、取引スピードやセキュリティー機能の向上を果たした、全く新しいタイプの仮想通貨です。これから仮想通貨の取引量が増加するに伴い、しだいに注目度もアップすると予想されています。

ビットコインキャッシュはどうなる。2018年の動向を予想

ビットコインキャッシュは市場で大きな注目を集めてはいますが、現状においてはマイナー通貨の一つにとどまっています。ビットコインよりもスケーラビリティが向上しているにも関わらず、マイナーであるのにはいくつかの理由があります。 そもそも仮想通貨の取引はマイナーが承認して成立するものです。このような承認作業をマイニングと言います。

実はビットコインキャッシュのマイニングはビットコインのマイナーが行っています。これが混乱を招きビットコインキャッシュの取引低下を招いているようです。 また、マイニングの作業には報酬が発生しますが、現状ではビットコインのマイニング報酬に対して、ビットコインキャッシュのマイニング報酬は低い段階にとどまっています。

この点もビットコインキャッシュの取引が避けられている要因です。 このような要因が重なり、ビットコインキャッシュの承認スピードはビットコインよりも遅いと言われています。これらの事情がビットコインキャッシュがマイナー通貨になってしまった要因と分析できそうです。

しかし市場参加者が増加するにつれ、これらの混乱も収束に向かうと言われています。本来のポテンシャルの高さを考えれば、2018年には市場での取引も大幅に増加するものと予想されており、今後もしばらくは動向に注目する必要があると言えそうです。

取引所に賛否両論。ビットコインキャッシュの問題点

各取引所ではビットコインキャッシュの混乱を抑えるため、ビットコイン保有者に対して、新たにビットコインキャッシュを配布することで取引不全の解消に乗り出しています。これによりビットコインキャッシュの混乱は静まりました。

この対策によってビットコインの保有者は、期せずして膨大なビットコインキャッシュを手に入れたことになります。一時期はビットコインに対して30%程度の価値しかなかったため、大量配布に伴い大幅な利益を得た人が出たはずです。

しかし取引不全を解消するためとはいえ、ビットコインキャッシュを配布することで強引にフォークを成立させるやり方は、仮想通貨そのものの信頼性を損ねる要因にもなりかねないと物議をかもしています。

ビットコイン保有者に対してビットコインキャッシュが配布されたことで、取引市場では価格が安定し、2018年の時点において、ビットコインとの価格差は10%前後にまで縮まって取引が推移しています。ビットコインキャッシュの動向はまだまだ未知数な部分もありますが、取引不全が解消されるに従って注目度もアップしています。

今後はマイニング報酬などが対話により改善へと向かえば、さらに価格差も縮小するものと思われます。 価格差が縮まり、取引量が増加すればビットコインキャッシュの利点はさらに増していきます。ビットコインキャッシュの真価が発揮されるのは、以上のような取引不全などの問題が解決に向かってからとなりそうです。

セキュリティーが向上したビットコインキャッシュウォレットとは

ウォレットとはビットコインキャッシュを保管しておく財布のようなものです。ビットコインキャッシュは取引所で保管しておくこともできますが、セキュリティーを考えるなら、ウォレットで管理することをおすすめします。

そもそもブロックチェーン技術を採用している仮想通貨はセキュリティーが高いことで知られていますが、それはあくまで仮想通貨そのものの話です。取引所がハッキングされた場合には、取引所で保管していた通貨が丸ごと盗まれる危険性があります。 しかしウォレットを一つ持っておけば、個人でビットコインキャッシュを管理することができるようになるので、取引所に保管しておくよりもセキュリティー性をさらに高めることが可能です。

ウォレットには大きく分けるとオンラインウォレット、ソフトウェアウォレット、ハードウェアウォレットなどがあります。

それぞれの違いはセキュリティー性や使い勝手などです。どのタイプを選ぶかは保有額を基準に選ぶとよいでしょう。 ビットコインキャッシュにも様々なタイプのウォレットが用意されています。

将来的にはウォレットから仮想通貨を引き出して、現金のように使用できる日が来るとも予想されているので、ビットコインキャッシュを保有している方は、利便性も考えて、セキュリティー機能に優れたウォレットを一つ持っておくことをおすすめします。

期待できる将来性。ビットコインキャッシュの今後はどうなる

ビットコインキャッシュは今後ますます注目を集めることになると考えられています。一つ一つのブロックに詰め込める情報量が多いため、ビットコインよりも決済能力が高く、より商業利用に適していると考えられているからです。

2018年の時点においてビットコインキャッシュの流通量はビットコインを下回ってはいますが、いずれは高いポテンシャルを秘めたビットコインキャッシュがビットコインの取引量を上回ると考えている人も少なくはありません。

今後の仮想通貨はネット内での取引を超えて、実在店舗での商取引に利用されるようになると言われています。すでに日本をはじめ世界の各地でも仮想通貨による決済を受け入れている店舗が現れ始めました。 ビットコインキャッシュの将来性はマイニング報酬の上昇や取引量の増加にかかっていると言えます。

しかし、これらの点についてはすでに改善の兆しも見えているため、ビットコインキャッシュの有用性は大きく増していると言えます。 2017年と比較しても2018年には大幅に取引量が増加していることを考えると、ビットコインキャッシュの安定性は、他の仮想通貨よりも大幅なアドバンテージを有していると言えそうです。

仮想通貨は一時期、ハッキングなどの影響もあり大きく信頼性を落とした時期がありましたが、仮想通貨による買い物などが現実的となってきた今、ビットコインキャッシュは今後さらに大きく成長すると言えそうです。

ビットコインについて。今後の展望を考察

ビットコインキャッシュは仮想通貨の中において基軸通貨となりうるポテンシャルを持っていることで注目を集めています。

ビットコインよりもセキュリティー性が高く、保有者が増加すればさらに取引スピードもアップするでしょう。

ビットコインキャッシュは実在店舗での決済にも利用され始めており、今後はさらに使い勝手も向上すると予想されます。仮想通貨に興味のある人はビットコインキャッシュの動向に注目しておくようにしましょう。