アルトコイン/altcoin

コインチェックでNEM(ネム)がハッキング。返金や保証は行われるのか

コインチェックがハッキングで580億円以上を不正流出

2018年1月26日、仮想通貨取引所の「コインチェック」が仮想通貨NEM(ネム)において580億円以上の不正流出があったことを発表。コインチェックで行われる全取引を停止した。現在、ネムを除く、その他の仮想通貨に関しても取引、出金ができないという状態が続いている。

コインチェック(東京都渋谷区)が運営する仮想通貨取引所「coincheck」は1月26日、取り扱っている仮想通貨「NEM」の一部が消失していたことが分かったと発表した。同社システムが不正アクセスを受け、5億2000万NEM(午前3時時点の同社レートで約580億円相当)が流出したとしている。金融庁、警視庁に報告し、詳しい調査を進めているという。

同社によれば、26日午前3時ごろにNEMが流出。午前11時25分ごろにNEM残高が「異常に減っている」ことを検知し、正午ごろ入金を制限した。その後、NEMの売買と出金、さらに日本円と取り扱う仮想通貨全ての出金を停止している(午後11時現在)。

NEM以外は、ハッキング被害なども含めトラブルは確認していないという。コインチェックの大塚雄介取締役は「お客さまの保護を優先し、補償などは検討中」という。

同社の和田晃一良代表取締役は「金融の経験がない中、外部の手や保険会社勤務の経験がある社員の力を借り、知見を高めて経営してきた」と話した。

引用元:IT media NEWS:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000011-zdn_n-sci

今回の不正流出により、ネムやそれ以外の仮想通貨に関しても価格が下落している。

日本を代表する取引所であるコインチェックがハッキング被害を受けたことにより、仮想通貨業界に与える影響は計り知れない。

その他の仮想通貨取引所に関しても、同様の被害を受ける可能性があり、今後の関係各社の対応にも注目が集まる。

資産の保証や返金は行われるのか

今回のハッキング被害により流出した資産の保証に関しては、現在検討中とのこと。どのように対応するのか注目が集まるが、流出した仮想通貨を取り戻すことは困難なことが予想される。

今回のように、仮想通貨取引所で仮想通貨を保管することはリスクにもなり得る。自らの資産を守るために、より安全性の高いウォレットを使用するなど、資産の守り方が重要になってくるだろう。

自らの資産は自らで守るしか無い。明日は我が身という意識を持ち、より慎重な対策を行っていく必要があるのではないだろうか。

関連記事