仮想通貨

国内でICOに成功したCOMSA(CMS)トークンの将来性と可能性

ICOプラットフォーム「COMSA」とは?

引用:COMSA公式サイト

COMSA(コムサ)とは日本発のICOプラットフォームであり、ICOを希望する企業に基礎となるブロックチェーン技術の提供やサポートを行うプロジェクトです。

「COMSA」の名前の由来は「Computer」の「Com」と日本語の「鎖(さ)」を組み合わせたものです。

「IPOやクラウドファンディングではなく、ブロックチェーンを駆使したICOで資金調達がしたい」という強い要望を持った企業にとって心強い味方となるのがCOMSAですが、その具体的なソリューション内容としては以下です。

・ICO実施企業のホワイトペーパーの整理、国内外へのPR

・発行するトークンの決済ツールや内部勘定で一括管理する為の環境の提供

・プライベートブロックチェーン「mijin」によるトークンの整合成を保持たする為のサービス提供

このCOMSAの運営会社は大阪のテックビューロ社であり、仮想通貨取引所Zaifも運営しています。

そんなICOプラットフォームとして注目を集めていたCOMSAは昨年2017年の10月に、独自のCOMSAトークン(CMS)を発行して自らICOによるトークンセールを実施しましたが、その後はどうなったのでしょうか。

以下より、COMSAトークンについての特徴と将来の見解について述べていきます。

ICOを成功させたCOMSA(CMS)トークンの概要

引用:COMSA公式サイト

100億円を調達したCOMSAのICO

ICOプラットフォームを展開するCOMSAは、自らでICO第一号案件となろうと言わんばかりに独自トークンであるCMSを発行してトークンセールを実施しましたが、このICOはプレセール時から人気で、最終的には109億円を調達する大型案件となったのです。

そしてこのCOMSAのICOプロジェクトで販売された独自トークンである「CMSトークン」は2017年の12月に上場しました。

仮想通貨とトークンの違い

仮想通貨界隈では「仮想通貨」と呼んだり「トークン」と呼んだりとややこしい部分がありますが、厳密にはトークンとは既存のブロックチェーンのプラットフォーム上で発行された代替通貨です。

ここで言う「仮想通貨」とは、ビットコインであったりそれをベースにして生まれたイーサリアムなどのように、オリジナルのブロックチェーンによって生み出された通貨のことです。

違いを明確にするとすれば、既存のブロックチェーンから生み出されているか、独自のブロックチェーンから生み出されているかでしょう。

COMSA(CMS)トークンの特徴

ではCMSトークンのユーザーベネフィットについて解説していきます。

・ICO参加時に5%のボーナスが付与される

COMSAプラットフォーム内にて実施されるICOプロジェクトをCMSトークンで払込した際に5%の追加ボーナスが付与されます。

なのでCOMSA上で展開されるICO案件に今後複数参加、あるいは大口で参加を検討する場合はボーナス特典が受けられるベネフィットがあります。

・プレセールへの招待

CMSトークンの保有者に対して今後実施されるICO案件のクローズドなプレセールへ招待される特権が付与される予定です。

・ICO案件のコミュニティ投票

COMSAのICO案件はICO協議会による審査で決められますが、ICO案件のリスクの兼ね合いを見てコミュニティ投票による意思決定が行われる場合があります。

ここでCMSトークンの保有割合に応じてコミュニティ内で投票権利が割り当てられるのです。

・ETHベースとNEMベースの2つのトークン設計

CMSトークンには2種類あり、ETHベースの「ERC20」もしくはNEMベースの「MOSAIC」のどちらかの使用形式を選択できるようになっています。

ERC20もMOSAICも独自トークンを設計する為の中核的機能であり、2つのCMSトークンにはそれぞれ異なった特徴があります。

例えば上のICO案件の投票に関してはERC20ベースのCMSであれば投票用コントラクトを作成して投票用トークンを指定したアドレスに送付することで投票権が与えられますが、NEMのMOSAICベースのCMSでは既に投票モジュールが用意されている為、ウォレットから直接投票が可能です。

上場後から価格は半分に。COMSAの価格チャート

引用:Zaif取引チャート

このCMSトークンは2017年12月の上場当初は一日に3~4倍に跳ね上がり一時は400円を超える価格で取引されていましたが、現在は50~60円台の価格で推移しています。

なお、上場当時CMSの値上がりに影響したとされるのがインフルエンサーである堀江貴文氏の発言です。

https://twitter.com/IVS_Official/status/940468955424047104

「ついに日本でもICO時代到来だ」「まさに時代の変わり目だと思う」などとコメントしており、他にもあらゆる所で堀江氏は登壇していますが、自身もCMSトークンを購入していることを公表していました。

COMSAに対して高評価を付ける堀江氏に続き、SNSやブログメディアでCOMSAに対しての言及がたくさんされるようになりました。

ですが、それも束の間で徐々に価格は下落していき上場当初の価格を割ってしまいました。

引用:Zaif取引チャート

元々クラウドファンディングを手がける「CAMPEIRE」がCOMSAでICOをするかしないかで揉めて結局ICOは行われないという結果になったのですが、続いてCOMSA上でICOを検討していた「クリプトマイニングジャパン」と「Looop」のICO実施予定も結局見直されることになりました。

それに加えて世界各国でICO詐欺が相次ぐようになり、ICOの在り方などが世界で議論されるようになりましたが、それらによって良くも悪くも先行きが不透明となってしまいました。

このようにICO案件が中々つかない状況やICOの現在の位置付けの見直しなどのネガティブな要因もあり、中々高い値段がついていないのがCMSの現状です。

COMSAが購入できる取引所はZaif

引用:Zaif

CMSトークンの取り扱いは現在Zaifのみで行われています。

ですが、CMS[ETH]についてはわずかながらYobitでも取り扱いされているのですが、そのシェアは1%程で後は全てがZaifとなっています。

なのでCMSトークンを取引する場合はZaifにアクセスしましょう。

Zaif(ザイフ)の評判は?使い方や登録方法、手数料を徹底解説ホリエモンも注目する仮想通貨取引所「Zaif」 出典:https://corp.zaif.jp/ 「Zaif(ザイフ)」とい...

COMSAのチャート予想と将来性 

現在のCMSトークンは不振な価格推移ではありますが、このCOMSAは「ICO案件」という大きな需要が無ければ機能することは無く、CMSトークンの値上がりも期待できないでしょう。

現段階では各国ICOの見直しや法整備を進めている途中であり、先行きは不透明です。

次回のG20サミットで仮想通貨の規制に関する会議が開かれる予定ですが、そこでどのような規制が出るのか、そして日本でICOに対してどのような規制が下されるのかが重要だと考えており、ICOに関する法整備がなされた後に大きく価格が動くと予想しています。

ですがこのCOMSAには手堅さがあると考えています。

テックビューロを中心として設立されたICO協議会には、NEM財団の代表理事やメタップスのCEO佐藤氏やビットバンクCEO廣末氏など、他にも名の知れた業界のイノベーターによって構成されています。

実需が伴っていないのに価格が上がる方が不自然ですし、今後ICO案件が増えれば必然的に価格が上がるでしょうし、COMSA上でのICO案件が全てではないでしょうか。

ICOが既存の資金調達の代案手段として確立するまでに時間はかかりそうですが、企業の資金調達の一つの手段としてブロックチェーンを使った「ICO」に興味を持っている潜在顧客となる会社はたくさんいるのではないかと考えています。