仮想通貨

仮想通貨マナの特徴や将来性を知ろう。おすすめの取引所にも言及

今注目を集めている仮想通貨マナ

仮想通貨マナはVRゲームで利用されるゲーム内通貨ですが、2017年8月にICOを実施して、そのときに約2500万ドルものお金を集めて非常に注目を集めました。 バイナンスやオーケーイーエックスなどの取引所にすでに上場しています。

この記事では、マナの特徴、おすすめの取引所やウォレット、将来性について広く紹介していきます。

仮想通貨マナとは何か?

マナというのは、インターネット上で再現されるVR空間で遊べる「Decentraland」というVRゲームで利用することができる仮想通貨のことです。

Decentralandは仮想空間ですからVR専用ゴーグルを着用して遊ぶゲームです。空飛ぶ車や宇宙旅行に行くなど近未来を彷彿とさせる世界観を持っています。 ユーザーは土地を購入したり、乗り物に乗って移動したり、ユーザー同士で取引をするなどして遊びますが、このときにお金がどうしてもかかります。

このときに使用するお金がマナというわけです。たとえば、1000マナで1ランドの土地を購入することができます。 その土地を利用してオブジェクトを配置したり、コンテンツをつくってゲームの中にもかかわらず実際に住んでいるような感覚を体験して楽しみます。

特に、土地への投機がメインになっていて、資産運用目的でプレイする人も多いです。Decentralandはイーサリアムのブロックチェーン技術が用いられています。 そして、ゲームの中で使われたお金のやりとりは、すべてブロックチェーン技術によって記録されていますので、安全性は高いレベルで確保されています。

ちなみに、イーサリアムというのは分散型のアプリケーションプラットフォームのことです。 それから、スマートコントラクトも導入されていて、お金のやりとりは自動実行してくれますので、第三者を介在させる必要はありません。 こうしたことからDecentralandには中央集権型の管理運営会社はありません。

したがって、特定の運営会社が管理運営をしているわけではないので、会社が倒産してブラットフォームが閉鎖することはないです。

仮想通貨マナを購入するのにおすすめの取引所

日本国内には仮想通貨マナを取り扱っている取引所はありません。そのため、海外の取引所を利用する必要があります。おすすめの海外取引所はBINANCEです。

その理由としては、第一に手数料が安いということです。仮想通貨マナを購入するとき手数料は0.05%しかかかりません。

また、日本語にも対応していますので、英語が苦手な人にも利用しやすいです。さらに、仮想通貨の種類は100種類以上でマイナーな仮想通貨も取り扱っています。 それからBinanceは24時間の出来高が約3000億円で仮想通貨の取引所の中では世界トップクラスの出来高を誇ります。

ただし、海外の取引所なので日本円でマナを購入することはできません。USドル、BTC、ETH建てで購入する必要があります。

仮想通貨のマナの将来性

マナの将来性についてですが、今後価格が高騰する可能性を秘めています。

1つにはすでにICOで25億円もの規模の資金調達に成功していることがあります。

もう1つにはDecentralandというゲーム内で土地の購入などでお金として使われていることが挙げられます。

今後ユーザーの土地購入が増えればマナを買う人も増えて規模がどんどん大きくなる可能性があります。

最後に、ゴールドマンサックスの調査によれば2020年にはVRゲームの市場規模は300億ドル以上になると予測されています。 今よりも市場が3倍近くなりますので、VRゲームのDecentralandもますます普及する可能性があるのです。このことから将来的にマナの価格が高騰する可能性があります。

仮想通貨マナのまとめ

仮想通貨マナはDecentralandと呼ばれるVRゲームの中で土地の売買などで使われるお金です。 VRゲームが今後ますます市場規模が拡大していく見込みですし、ICO実施のときに約25億円も資金を集めたことなどから将来性もあります。

仮想通貨の購入を検討している人はマナを検討候補の1つに入れておくといいでしょう。