仮想通貨

注目のみんなのビットコインとは?評判や登録方法を徹底解剖

法整備により仮想通貨交換業は登録制へ

世界には200ヶ所以上の取引所が存在しています。中でも、取引所を取り締まる法律を一早く整備したのが日本です。20174月、日本政府は「改正資金決済法」を施行。

これにより、国内で仮想通貨交換業を営むには、金融庁 財務局長から「仮想通貨交換者」の認可を受けなければならなくなったのです。

201837日時点で金融庁に認定されているのは、全部で16社ですが、今も尚、仮想通貨市場は規模を広げており、現在も金融庁の認定を待つ会社が後を絶ちません。

中でも、QUOINEXを運営するQUOINE社との業務提携を行ったことで、注目を集めている取引所があります。その取引所は、「みんなのビットコイン」です。

そこで今回は、みんなのビットコインの特徴や評判、登録方法などについてご説明いたします。

みんなのビットコイン株式会社が注目されるワケ

まずは、運営会社の基本情報を確認しておきましょう。

参考:https://min-btc.com/

みんなのビットコインは「みなし業者」に位置付けられており、金融庁から「仮想通貨交換者」の認可を待っているのが現状です。

みなし業者とは、金融庁から「仮想通貨交換者」の認可を待つ取引所のことを指します。

ハッキングによりNEM流出事件を起こしたコインチェックも現在、みなし業者となっていますが、マネックスグループによる買収が決まりました。

国からの認可を受けるということは、取引所にとって大きなハードルであることが分かります。

そもそも取引所と販売所の相違点とは?

みんなのビットコインは取引所ですが、販売所とはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴を見てみましょう。

・取引所(交換所)
仮想通貨を売りたい人と買いたい人が取引を行う「マーケット(市場)」を指します。

・販売所
仮想通貨を直接購入することができる「店」を指します。実は売ることも可能です。

つまり、取引所とは見知らぬ相手同士が売買取引を行う双方向のやりとりの場で、販売所はユーザーが販売所から仮想通貨を買う一方通行のやりとりだと考えることができます。

販売所の場合、販売所が決めた価格でしか購入することができませんが、取引所では自分が売りたい価格や買いたい価格で取引することが可能です。

ただ、取引所の場合、どの価格で売買するのかは経験が物を言うので、初心者は販売所から取引経験を積む方が良いでしょう。

みんなのビットコインが注目される3つの特徴

みんなのビットコインの特徴は、以下の3つが挙げられます。

1.業界最安の手数料0

2.世界最高峰の取引ツール

3.最大25倍のレバレッジが可能

手数料は、現物取引手数料(BTC / JPYのみ)や入出金手数料、口座開設費用、口座維持手数料が無料で利用できます。

取引ツールは17種類ものテクニカルを搭載しており、高機能のチャートの利用や毎秒100万件の約定処理が可能といったハイパフォーマンスに期待できます。

そして、最大で25倍までレバレッジ取引が可能なため、少額投資で大きな利益を上げることも夢ではありません。また、注文方法も多種類搭載しています。

みなし業者のみんなのビットコインの評判

みんなのビットコインの3つの特徴を見ても、多くの投資家が興味を持つことは予想できます。

しかし、実際に利用してみて不満に感じる点はないのでしょうか。では、どんなデメリットがあるのか、確認していきましょう。

手数料0円の裏に隠れる仕掛けに注意

業界最安の手数料と謳っているものの、その裏には隠された仕掛けが存在します。それは、BTC / JPYを除く取引手数料が若干高めに設定されている点です。

その背景には、BTC / JPYの取引をメインにしたいという取引所側の思惑があるためでしょう。

BTC / JPYの取引にかかる手数料は0円ですが、それ以外では約定金額の0.25%の手数料がかかるため、BTC / JPY以外の通貨ペアで取引される場合は注意しましょう。

取り扱っている銘柄が少ない

取り扱っている通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの僅か3種類に限定されています。

通貨ペアを合わせても、全部で20種類です。そのため、レアな草コインを探している人や多種類の通貨を取引したいと考える人にはみんなのビットコインは向いていないでしょう。

スマホアプリが提供されていない

ビットフライヤーやザイフなど多くの取引所では、独自のスマホアプリを提供していますが、みんなのビットコインではスマホアプリが提供されていません。

それにより、取引はパソコンを持っている人に限定されてしまいます。

このように、みんなのビットコインは現時点では、一部の人にとっては利用しやすい取引所と言えるでしょう。

ただ、今後「仮想通貨交換者」の認可を受け、知名度も上がってくれば、十分上記のデメリットを改善させることも可能になるはずです。

みんなのビットコインの高機能チャートは必見

出典:https://min-btc.com/index.php

みんなのビットコインには世界最高速の取引エンジンが導入された高機能チャートがインストール不要で利用できます。

初心者でも安心して使える設計で、レイアウトカラーなどもカスタマイズ可能です。

ただ、高機能チャートを利用するためには、公式サイトへの登録が必須です。ご利用になる方は、以下の登録方法を参考にご覧ください。

1.公式サイトの画面右上にある「口座開設」をクリック

2.新規登録画面で「個人」をクリック

3.メールアドレス、パスワードを入力し、居住地国より「Japan(日本)」を選択

居住地国を選択すると、「私は、日本以外に居住地国が無いことを確約します」「私は、米国納税義務が無いことを確約します」のチェックボックスに「✓」を入れます。

その後、登録したメールアドレス宛に申込確認メールが届くので、メール内にあるリンクをクリックすれば、無事に登録完了となります。

本人確認書類のアップロードやみんなのビットコインからハガキが送付されるなど必要な手続きについては、公式サイト(https://min-btc.com/index.php)をご確認ください。

みんなのビットコインは登録して損はない

現在、みんなのビットコインはみなし業者の位置付けにありますが、「仮想通貨交換者」への登録申請を行っており、認可を待つばかりです。

無事に認可が下りれば、ビットフライヤーやザイフといった金融庁お墨付きの取引所となります。

デメリットはありますが、高機能チャートやBTC / JPYの通貨ペアでの取引手数料が0円と安い点などから、興味がある方は登録しておいて損はないでしょう。