仮想通貨

仮想通貨を使ったブロックチェーンゲームとは?お金を稼げるその仕組み

最近話題のブロックチェーンゲームとは?

ブロックチェーンゲームとは、仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーンによって構築される管理者不在で分散化されたゲームアプリケーションです。

今までのゲームアプリケーションでは必ず運営元が存在し、データや情報を一元管理する中央集権型でした。しかし、ブロックチェーンゲームはゲーム内で「トークン」を流通させ、管理者不在で全員が参加できる経済圏を作ってしまうのです。

このように中央管理者不在にして自律的に動き続けるアプリを分散型アプリケーション「Dapps」と呼んでいます。

では、以下よりブロックチェーンゲームについてを更に深掘りして見ていきましょう。

盛り上がりを魅せるブロックチェーンゲームの特徴

2018年の2月頃からブロックチェーンゲームに話題が集まり、既存の仮想通貨「イーサリアム」のブロックチェーンをベースとしたゲームアプリが次々とリリースされました。

では、なぜ既存のゲームアプリではなくわざわざ「ブロックチェーン」を用いる必要性があるのでしょうか?

ブロックチェーンゲームによって実現できる事やその魅力を見ていきます。

管理者不在で動き続ける

既存の管理者が存在するゲームでは管理者の運営が回らなくなればサービスはストップしますが、ブロックチェーンゲームは管理者不在でも皆がネットワークに繋がっている限り動き続けます。

これによって中央管理者のサーバーにアクセスが集中しないのでサーバーダウンを抑えることもでき、尚且つ管理者不在でブロックチェーンゲーム同士が連携できる点も魅力の一つです。

仮想通貨トークンがゲーム内通貨として流通する

ブロックチェーンゲーム内には必ず独自の仮想通貨トークンが流通しており、これを使ってゲーム内のキャラクターを戦わせたり、売買したり、アイテムを購入したりする事ができます。

例えば、ゲーム内のモンスターを育ててレベルを上げることで他者に高値で売却する事も可能であり、ゲーム内でお金を稼ぐ事ができます。

そしてこの独自トークンはゲーム内で多く流通する程価値が上がるので、開発者と利用ユーザーにとって「トークンの価値を上げる」という共通のインセンティブが生まれるのです。

このトークンによる経済圏の生成がブロックチェーンを使ってゲームを作る魅力なのです。

ブロックチェーンゲームを開発する「モバイルファクトリー」

スマホゲームを開発する「株式会社モバイルファクトリー」は2018年内を目処にブロックチェーンゲームを新たに開発すると発表しました。

モバイルファクトリーは会社がブロックチェーンゲームを作るということで注目を集めており、「会社が開発する分散型のゲーム」のモデルを先導していくかもしれません。

なお、このモバイルファクトリーの発表から投資家の期待が高まり株価は右肩上がりに上昇しています。

引用:みんなの株式

仮想通貨を用いたブロックチェーンゲームアプリ「CryptoKitties」

引用:cryptokitties

ブロックチェーンゲームアプリの例として「CryptoKitties」というイーサリアムベースのゲームがあります。

このゲームは子猫を育成して楽しむゲームであり、ゲーム内の子猫は猫同士を交配する事で新たな猫を生み出すことも可能です。

このような育成ゲームは昔だとキャラクターに餌をあげて育てていく「たまごっち」がブームとなり、現在はスマホアプリだと自分のペットを育てる「てのひらワンコ」といった人気アプリケーションがあります。

ですが、このCryptoKittirsがそれらと違うのはゲーム内でお金を稼ぐ事ができる点です。

例えば子猫を育てることでその子猫を市場で売却する事ができ、売却だけではなく交配用の猫として自分の猫を他の人に貸し出し規定の手数料を受け取ることもできるのです。

なお、価値のある子猫は1,000万円を超える価格で取引されており既にゲーム内でマネタイズする人も誕生しています。

このように、ユーザーはゲーム内の子猫の価値向上などによって利益獲得のチャンスがあり、開発側は流通通貨の価値向上で利益を得る事ができるのがCryptKittiesの大きな特徴なのです。

ブロックチェーンゲームの今後の展望

以上がブロックチェーンゲームについてでしたが、たくさんの魅力がある反面問題点もまだあります。

それは一概には言えませんが、ゲームによってはトークンのトランザクションの際のコストが毎回割高となっていたり、仕組みが複雑で一般の利用者にはまだ理解しにくい部分がある点です。

なお、ゲーム内キャラクターの価値が数百、数千万を超えるゲームも出ており、資金力の無い新規参入者はゲーム内で勝つ事ができなくなるのでは無いかという懸念もあります。

ですが、現在はどのゲームも手探りで試行錯誤しながら開発されておりゲーム内の流動性も少ないので、参加者が増えればそれぞれにあったレベルで価値交換やゲーム進行がされていくのではないでしょうか。

今後、仮想通貨を通じてブロックチェーンという概念がもっと世の中に認知されれば今私達が当たり前にスマホアプリを使ってゲームをプレイするように普及しているかもしれません。

なので、やはり早期からこの仕組みを知っていればビジネスチャンスはたくさんあるでしょうし、投資的観点で見ても価値向上の期待はできるのではないでしょうか。