ビットコイン(Bitcoin/BTC)

ビットコイン レバレッジ取引とは? やり方や手数料を取引所で徹底比較

FX取引における「レバレッジ」とは、証拠金(FX取引の担保として口座に預けているお金)の金額以上の取引を行うことです。

現物の日本円だけを使ってトレードを行う本来の取引とは違い、仮想通貨FXなら高額での売買ができます。

「ビットコインやアルトコインへの投資を考えているけど、どうせなら大きな利益を狙いたい。」仮想通貨FXは、そういった人に人気の取引方法となっています。

仮想通貨投資は、巨額の資金がなくても始めることができますが、まとまった利益を得ようと思うのなら、やはりそれなりの元手が必要です。

また、ビットコインFXはレバレッジ取引によって少額の投資からでも大きな額をトレードでき、誰でも簡単に本格的なビットコイン売買を始めることが可能です。

数千円の投資からでも数万円~数十万円のビットコインをやり取り出来るので、ビットコインならではのボラティリティ(価格の変動率)を活かすことができます。

「上手な取引が行えれば、一気に利益を獲得出来る。」それこそがビットコインFXの一番の魅力です。

ビットコインレバレッジ取引とは?少ない資金で効率良く投資出来る方法

ビットコイン取引をしていると「レバレッジ取引」という言葉を見かけることが多いです。レバレッジ取引についてそのメリットや主要取引所のレバレッジについて紹介していきます。

レバレッジ取引とは?

ビットコインの取引をしている中で、「レバレッジ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?レバレッジは日本語の意味では、「てこの原理」などと訳されます。

<少ない力><大きな力>を出せることから、少ない資金で何倍もの取引が出来るということを意味しています。少ない資金とありましたが、具体的に言うと、この資金は「証拠金」と呼ばれているのです。

証拠金とは「担保にするお金」のことで、自分の保有している何倍もの金額を取引する代わりに、最低限の「担保」として差し出す資金のことです。そのことからレバレッジ取引は、「証拠金取引」と呼ばれることもあります。

普通はビットコイン取引をする時は、その時の市場でのビットコインの価格分の資金を用意し売買する必要があります。(現物取引)

レバレッジを効かせることで、上手くいけば儲けは現物取引の何倍にも大きくなります。

「ハイリスク・ハイリターン」な取引方法ですので、リスクは大変大きいですがリターンも大きいので、効率良く取引できます。

ビットコインレバレッジ取引のメリット・デメリット

現物取引の何倍もの資金を取引出来る「レバレッジ取引」ですが、メリット・デメリットはあります。自分のトレードスタイルに合うかこれから見ていきましょう。

ビットコインレバレッジ取引のメリット

小さな資金で大きなリターンを狙えるレバレッジを効かせた取引で、現物取引よりも、資金効率が良く取引出来て小さな資金でも大きなリターンが狙えます。

「売り」から始められる

最初に自分が通貨を持っていなくても、取引を始められます。通常の現物取引では最初に手元にビットコインを保有する必要があるので、必ず「買い」から始めなければなりません。その為、安く買って高く売る方法で利益を出します。

しかし、レバレッジ取引は「高く売って安く買い戻す」というやり方でも利益を取ることが出来ます。ビットコイン価格が下がる局面の相場でも、儲けるチャンスが増えます。利益を出す方法が2倍になり、儲けるチャンスも2倍に増えたということになります。

レバレッジ取引のデメリット

リスクが大きい

「リターンが大きい」ということは、それだけ「損をするリスクも大きい」のがレバレッジ取引です。レバレッジ取引は、自分の差し出した証拠金以上の金額の取引を行うことが出来るので、その証拠金を超えてしまうような含み損を持つことは原則許されません。

ビットコインレバレッジ海外取引所の徹底比較

これから海外のビットコイン取引所で、メールアドレスだけで登録可能で追証もない取引所を見ていきます。

BITMEX

引用:https://www.bitmex.com/

一番おすすめの海外取引所はBITMEXです。特徴は何と言っても最大レバレッジが100倍であることです。このレバレッジで少ない資金でも利益を多く出すことができます。

又、システムの安定性、操作性もかなり良いものとなっています。Takerの手数料は少し高めですが、狭いスプレッドを考えると問題のないレベルです。

最大レバレッジ      100

ロスカット維持率   50%

手数料   Maker      :  0.025%

            Taker       :  0.075%

            スワップ  :  変動制/8時間

 

Whaleclub

引用:https://whaleclub.co/

Whaleclubは、取引手数料がかからない取引所です。どこで利益を多く出しているかと言うと、買値と売値の差、スプレッドです。

他の取引所よりスプレッドが広めに設定されています。しかしWhaleclubでは表示されている価格で即約定する為、ほかの取引所で成行注文をした時にもらったよくある約定価格が、思い通りにならないということがありません。

そのおかげで結果的に、Whaleclubを使ったほうが特というのがポイントです。取引画面はシンプルで、使いやすさが大変魅力です。

最大レバレッジ       20

ロスカット維持率   80%

手数料  Maker        :  0%

           Taker         :  0%

           スワップ    :  変動制/1時間

 

Simple  FX

Simple  FXは、Whaleclubと同じく手数料がかかりません。特徴はMT4と呼ばれているチャットツールを利用出来ることです。MT4はとても使いやすく、優れたインジケーターも沢山あります。

その資産をそのままビットコイン取引でも利用出来ます。ビットコインレバレッジは2倍と小さいですが、為替の取引では500倍まで存在します。ビットコイン取引意外でも、取引をしたい人にはおすすめです。

又、一部が日本語に対応しているので、英語が苦手な人にもおすすめです。

最大レバレッジ    2

ロスカット維持率   30%

手数料   Maker    :  0%

            Taker     :  0%

            スワップ  :  変動制/1ヶ月

Evolve  Markets

Evolve  MarketsSimple  FXと同じくMT4が利用出来る取引所です。MT4が利用出て25倍のレバレッジで利用出来るのは、この取引所ぐらいです。

しかし、手数料が少し高いことが気になってしまいます。その分スプレッドは、狭めになっています。MT4を利用した取引で高レバレッジで取引をしたい人には、おすすめの取引所になります。

最大レバレッジ        25

ロスカット維持率    30%      

手数料    Maker      : 0.15%

             Taker       : 0.15%

             スワップ    : 変動制/1ヶ月

海外のビットコインレバレッジ取引の出来る取引所を見てきました。一番おすすめの取引所は、BitMexです。最大レバレッジが100倍ですので、少ない資金から大きな利益を取ることが可能です。

システムの安定性、操作性もかなり良いものになっています。是非、BitMex海外取引所を利用してみて下さい。

ビットコインレバレッジ取引所の比較。おすすめの取引所は?

これからビットコインレバレッジ取引所を比較していきます。詳しく見ていき、条件の良い取引所チェックしましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)

引用:https://bitflyer.com/ja-jp/

国内最大規模の取引所として知られている「bitFlyer」では、便利なシステムとサポートによって本格的なビットコインレバレッジを楽しむことが出来ます。ビットコインの取引量が日本一ということもあり、積極的なトレードをする人におすすめの取引所です。

bitFlyerでは、「bitFlyer  Linghtning」と呼ばれる高性能な取引画面を使ってでのトレードが可能です。チャットやチャートの詳細を確認しながら、的確な売買が行えます。

レバレッジの倍率は最大で15倍です。指値、成行、特殊といった方法で注文することも出来ます。

GMOコイン

最大レバレッジ25倍で、追証なしのシステムが魅力です。取引手数料も無料で、始めての取引所でビットコインレバレッジをやってみる人に合っています。

更にGMOコインには、ビットコインレバレッジに特化したスマホアプリ「ビットレ君」があります。いつどこでもスピーディーな注文が出来るので、忙しい社会人や主婦の人でも気軽にビットコインレバレッジが続けられるでしょう。

テクニカルなトレードを助けるチャートも閲覧出来るので、充実した売買を楽しめます。

Bit point(ビットポイント)

引用:https://www.bitpoint.co.jp/

2016年に開設された新しいビットコイン取引所です。国内で初めてメタトレーダー4(MT4)と呼ばれる電子プラットホームを導入し、FXトレーダーから注目を浴びました。

メタトレーダー4があれば自動売買やテクニカルなチャート分析が出来るのでので、より充実したした環境で取引が出来ます。レバレッジは最大25倍でロスカットは、証拠金維持率100%です。Bit pointは信託保全スキームによって、ユーザーの資金を安全に管理出来ることに努めています。

Bit bank(ビットバンク)

コールドウォレットによる安全重視のセキュリティが特徴のビットコイン取引所です。Bit bank ccBit bank Trade2種類があり、用途によって選択出来ます。

レバレッジは最大20は倍で、比較的大きな取引が可能です。口座開設の時間は非常に短いので、今すぐビットコインレバレッジをしてみたい人におすすめの取引所です。

Zaif(ザイフ)

毎月定額でのコイン積立や出来高ランキングによる報酬など、独自のサービスを多くしている取引です。Zaifは「Air FX」と呼ばれるレバレッジ取引をおこなっていて、最大レバレッジ25倍のレバレッジと追証なしのシステムが利用可能です。

また証拠金に使えるのは日本円だけでなく、ビットコインやモナコインをそのまま預けることも出来ます。手広く仮想通貨取引を行っている人はZaifの「Air FX」を便利に利用出来ます。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

引用:https://ja.quoinex.com/

QUOINEXは日本だけでなく海外へ積極的に進出していることで知られている仮想通貨取引所です。提携している銀行の数が多く、入出金やビットコインの送付料が無料となっています。

レバレッジは最大25倍、アプリを利用した取引も実装済みです。多数の海外の取引所とも繋がっている為、仮想通貨の流動性に拘るなら、うってつけの取引所です。

安全面にも定評があり、トレードも最高水準のセキュリティを実感出来ます。

おすすめの取引所は、GMOコイン、Zaif、そしてQUOINEXです。最大レバレッジ25倍の魅力とセキュリティ面などを考慮すると3つのおすすめの取引所になります。是非、自分に合った取引所を利用して下さい。

ビットコインレバレッジFXのやり方を解説

ビットコインレバレッジFX取引をやってみたいけど、やり方が分からない人や専門用語を知らない人など、これからやり方について詳しく見ていきましょう。

ビットコインFXとは?

レバレッジは「てこの原理」を意味する言葉です。分かりやすく言うと、自分の持っている資金以上のビットコインを売り買い出来るということです。要するに少ない資金で大きな利益を出せる可能性があるのです。これがFXの魅力です。

レバレッジには上限が各取引所ごとに決まっています。レバレッジの上限が10倍なら、10万円で売り買い出来るのは100万円までということです。もう一つの特徴は、売り(ショート)から入れるということです。

普段の取引(現物取引)ではまずビットコインを買って、価格が上がった後に売ることで利益が生まれます。FXについては先にビットコインを売って、その後に買い戻すことも出来ます。

まず、ビットコインを借りて売ります。価格が下がった後に買い直して借りた分を返します。売る前と買う前の差額分が利益になります。面倒な手順に思えますが、注文の出し方は現物取引の時と変わりません。

いくらで売って、いくらで買い直すかを指定するだけです。このようにビットコインFXでは、価格が下がった時にも利益を出すことが可能です。これが現物取引との大きな違いです。

ビットコインレバレッジ取引には、「ロスカット」システムがあるので借金するようなケースはまれです。実際には損失がある程度膨らんだ時点で「ロスカット」されます。

「ロスカット」とは、その時点で持っている注文を強制決済する仕組みのことです。損失が大きくなり過ぎないように、自動的に決済してくれます。「ロスカット」が実行されるタイミングは取引所ごとに違います。

含み損が保有資金の何割かに達した時点で、「ロスカット」が実行されます。取引所にいれてある資金以上の損失が出るのは滅多にありません。

高レバレッジをかける程少しの値動きで、大きな含み損が出るので自分の資金に合ったレバレッジを選ぶようにしましょう。

ビットコインレバレッジ取引(FX)手数料を取引所で徹底比較

取引する時には手数料が発生します。これからレバレッジ取引(FX)の手数料について、取引所ごとに徹底比較していきます。

レバレッジ取引(FX)手数料

「レバレッジ取引手数料」とはレバレッジを利かせた取引にかかる手数料です。現物取引では仮想通貨を買うのに必要な資金の金額が必要ですが、レバレッジ取引では少額で大きな額の取引が出来ます。

その為借入手数料がかかり、現物取引より手数料が高くなる傾向にありますあります。それでは取引所別にレバレッジ取引にかかる手数料を比較していきます。

                             取引所名    

                    レバレッジ取引

                             bitFlyer

                             無料

                             Zaif

                       実質0.039%

                             Bit point

                       実質0.035%

                             GMOコイン   

                             無料

                             DMM Bitcoin   

                             無料       

レバレッジ取引手数料ではbitFlyerGMOコイン、DMM Bitcoinに優位性があります。但し、レバレッジ取引を利用する場合は取引手数料の他にスワップポイント(取扱手数料)が必要になります。

bitFlyerの場合は、午前0時にスワップポイントの支払いが発生します。その為レバレッジ取引を開始して0時までに決済すれば、スワップポイントなしで取引出来ます。

GMOコインの場合は、ニューヨーククローズ(標準時間の午前7時、夏時間午前6)を基準としてレバレッジ手数料かかかります。その為、ニューヨーククローズ前に決済をすれば、レバレッジ手数料なしで取引出来ます。

DMM Bitcoinの場合は、午前7時にスワップポイントの支払いが発生します。その為、レバレッジ取引を開始して次に来る午前7時までに決済すれば、スワップポイントなしで取引出来ます。

その他の取引所は取引開始時にスワップポイントが発生したり、借入手数料が必要になったりします。このことからお得なレバレッジ取引を行うには、以下の3つの取引所がおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)
GMOコイン
DMM Bitcoin

取引手数料とレバレッジ取引手数料を、混同しないように注意しましょう。

ビットコインの追証なしとは?レバレッジ取引で必要なこと

追証(おいしょう)とは追加保証金の略です。レバレッジ(証拠金)取引は、証拠金を担保に資金を借りてレバレッジを利かせた取引が出来ます。

つまり、実質的には借金している状態です。その為に買建てたビットコインが値下がり、売建てたビットコインが値上がりした時に生じる含み損により、保証金率が一定の比率を下回った場合に追証が発生します。

追証を支払えば、引き続き取引を継続出来ますが、期限までに追証の支払いを済ませないと強制決済になります。株式やFXの場合は保証金維持率2030%が追証の基準となっていることが多いです。

追証の基準は取引所によって違いますが、株式やFXの時は証拠金維持率の2030%以下が平均になっています。

証拠金維持率は実際に取引している金額に対しての、証拠金残高割合です。下記のような計算式になります。

証拠金以上の(%)=有効証拠金額(資産合計+評価損益金取引証拠金×100

ビットコイン取引所は取引所によって、追証基準にかなり違いがあります。「追証なし」の取引所も多く、レバレッジ取引がしやすい状況です。「追証なし」はメリットですが、

自分で判断しなければいけません。レバレッジ取引に慣れていない人は、最初は「追証あり」の取引所を選んだ方が良いかも知れません。慣れてきたら、「追証なし」にすると良いレバレッジ取引が出来るようになります。

ビットコインレバレッジ取引で大きな利益

ビットコインレバレッジ取引について、項目別に比較してきました。海外の取引所については、最大レバレッジ100倍のBITMEXがおすすめになります。

レバレッジ取引についておすすめの取引所は、GMOコイン、Zaif、そしてQUOINEXになります。最大レバレッジ25倍で、海外の取引所とよく繋がっていて、セキュリティ面も充実しているQUOINEXは、特におすすめの取引所です。

ビットコインレバレッジ取引の手数料、追証についてはbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめの取引所になります。

ビットコインレバレッジ取引では少ない資金で、大きな額の売買をして大きな利益を生み出すことが可能です。取引方法としては、ハイリスク・ハイリターンではありますがメリットも多くあります。

自己資金よりも多くの投資が出来るビットコインレバレッジ取引を、記事を参考にして頂き是非、大きな利益を獲得されることを期待しています。