仮想通貨

イーサリアムのマイニング方法と今後のPoSへの変更などについて解説

イーサリアムのマイニングはPoW

イーサリアムのマイニングでは、プルーフオブワーク(PoW)というコンセンサスアルゴリズムが採用されています。

仮想通貨ではブロックチェーン上で不正無しの健全な取引を進行させる為にこの「マイニング」というシステムが存在しており、イーサリアムで用いられるのがビットコインと同様、PoWというアルゴリズムです。

PoWのマイニングではブロックチェーンのブロック同士を繋げ、取引の整合性を保つ為に複雑な計算をマイナーが解いていきます。

そして見事誰よりも早く一番最初に計算を解いたマイナーが報酬を得られる仕組みとなっています。

このようなアルゴリズムがイーサリアムで採用されているのですが、以下よりイーサリアムのPoWマイニングについて詳しく解説していきます。

ビットコインとイーサリアムのマイニングの違い

ビットコインとイーサリアムはどちらも同じPoWアルゴリズムでありそのアルゴリズムの仕組み自体は変わりませんが、それぞれのマイニング方法に異なった特徴を持っています。

ビットコインのマイニング場合は元々CPUが使われていたのですが、次第にマイニングの難易度が上がってしまい、今はASICという集積回路を利用したマイニング専用のマシンが使われています。

これによってマイニングの効率が良くはなっているのですが、ASICのマイン二ングマシンは高価で電気代も割高になってしまう為、マシンを取り揃えたマイン二ング業者に優位性が出てしまい個人の参入が難しくなっています。

しかし、イーサリアムのマイニングはビットコインの場合と異なり独自のアルゴリズムを採用しています。

そんなイーサリアムのマイニングではビットコインのような専用のマシンが不要であり「GPU」が使われている為、ビットコインよりも比較的に一般の参入がしやすい環境となっています。

そんなイーサリアムのマイニングでは個人でも参入できるいくつかの方法があるのですが、以下よりそのイーサリアムのマイニング方法を順番に見ていきます。

自身でイーサリアムを採掘する「ソロマイニング」

ソロマニングとは、自分でマイニングのマシンを購入して個人で参加するマイニング方法です。

このソロマイニングでは普段使用しているノートパソコンとマイニング用のハードウェアなどがあれば直ぐに始められるのですが、そのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット:マイニング報酬を総取り出来る

ソロマイニングは単独で行うの為、マイニングに成功して報酬が発生した場合は全て自分の利益となります。

マイニング時の計算力のことをハッシュパワーと言いますが、それがマイニングに加わるマイナー達と比べてどの程度の強さなのかによって成功確率が上下してきます。

デメリット:マイニングの成功率が低くコストがかかる

ソロマイニングは個人ですぐに参入する事ができますが、個人のパワーだと計算力に限界があり、比較的報酬を得る事が難しくなっています。

さらにマイニングでは莫大な電気代が掛かってしまうので、報酬が得られなければほとんど採算が合わなくなってしまいます。

このソロマイニングではイーサリアムを受け取るウォレットとマイニングソフトが必要であり、代表的なソフトはEthermineです。

複数のパワーを統合してイーサリアムを得る「プールマイニング」

ソロマイニングとは相反的に複数の計算力を集めてマイニングする方法が「プールマイニング」です。

このプールマイニングを行う際のコミュニティをマイニングプールと呼んでおり、ソロマイニングよりも報酬を得やすくなる方法です。

ではそのメリットとデメリットを見ていきます。

メリット:マイニング報酬を得られる確率が上がる

このプールマイニングでは計算力を集めて協力し合ってマイニングをするので、その中でどれだけ自分がマイニング作業に関われたからの「貢献度」で報酬の割合が決まります。

プールマイニングでは複数の計算力を集中させるので、ソロマイニングとは相対的に報酬を得られる可能性が上がります。

デメリット:報酬は分配するので受け取り分が少なくなる可能性がある。

マイニング報酬の確率が上がる反面、その報酬は貢献度によって複数に分配されるので、自分の取り分が少なくなってしまう可能性があります。

その辺りは電気代との兼ね合いも見て、採算が合うかどうかを確認しなければなりません。

なお、実際に稼働して入るマイニングプールはいくつかありますが、代表的なマイニングプールはこちらもEthermineです。

また、他にはf2poolNanopoolといったマイニングプールがあります。

投資してイーサリアムを配当で得る「クラウドマイニング」

以上の2つの方法とは異なり、マイニングをする企業や団体へ投資をする方法が「クラウドマイニング」です。

これによって自分でマイニング器具を持たずとも間接的にマイニングへ参加する事が可能です。

これらの投資を請け負う為のクラウドマイニング業者は投資家の代わりにマイニング器具を完備し、マイニングをフル稼働してくれます。

ではこの方法のメリットとデメリットを見ていきます。

メリット:設備投資不要でマイニングに参加が可能

クラウドマイニングではマイニング器具への投資やその管理が必要なく、業者にお金を投じるだけでその投資金額に応じて収益を分配してもらえる仕組みです。

なので手間がかからず、特段の詳しい知識も不要でマイニングに参入できるというメリットがあります。

デメリット:業者の詐欺や倒産のリスクがある

一方業者に自分のお金を投じるという事なので、そこでは業者に対する信用が非常に重要となってきます。

クラウドマイニングの業者と称して投資家のお金を騙し取るような業者には注意しなければなりませんし、そもそも業者のマイニングの採算が合わなくなった場合にはその業者が倒産してしまうかもしれません。

このように、相応にリスクが付きものなので、運営側の業者をしっかりと確認した上で投資するようにしましょう。

なお、イーサリアムマイニングに関するクラウドマイニング業者はGenesis-Miningが有名な業者だと言えます。

PoWからPoSへ移行するイーサリアムの今後

以上がイーサリアムのPoWマイニングについてでしたが、イーサリアムは今後コンセンサスアルゴリズムをPoWからPoS(プルーフオブステーク)へと移行する方針を示しています。

イーサリアムでは4段階のアップデート構造がされており、「フロンティア」「ホームステッド」と来て現在は「メトロポリス」といったアップデート段階にいます。そして最終段階「セレニティ」のフェーズでPoSへ移行する予定です。

PoSとは通貨の保有量や保有年月に応じてマイニングの難易度が簡単になる仕組みで、計算力を必要としないアルゴリズムです。

イーサリアムの開発者ヴィタリック・ブテリン氏は、PoWアルゴリズムによる莫大な電力コストを懸念視しており、そういった環境問題やマイナーの中央集権化が問題となっています。

このようにPoSへとアルゴリズムの変更を計画しているイーサリアムですが、今後の動きからは目が離せません。

そして最近では中国の大手マイニング業者である「Bitmain」がビットコインで使われるASICを使ったイーサリアム用のマイニングマシンを販売し始めました。

PoSへの移行タイミングで効率の良いマイニングソフトの販売を繰り出したBitmainですが、イーサリアムは中央管理者のいない分散型のネトワークなので、PoW派とPoS派のそれぞれのコミュニティがあります。

よって、よりお金儲けに貪欲なPoWマイニング業者はイーサリアムのPoWを更に推進していくインセンティブがあるのです。

なので、あくまで筆者の見解ですが、最悪は前回のビットコインとビットコインキャッシュのように、イーサリアムでのお家騒動によるハードフォークも考えられるという事です。